アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

板橋文夫スペシャルトリオ+纐纈雅代、高岡大祐@熊本にゲスト出演しました

平成29年11月10日(金)

熊本市内では初めてとなる僕が主催のミュージシャンのライブ。

板橋文夫(PF)、瀬尾高志(Dr)、外山明(Dr)、纐纈雅代(As)、高岡大祐(Tuba)guest桑島武文(As:僕)

 

以前から可愛がってもらっている偉大なるジャズピアニスト板橋文夫さんから直々に依頼を受けまして思い切って話をお受けしたのですが、まあそれはそれは大変でした。

 

僕にはまず集客力がない。

そして運が悪いことに大半のアテにしていた友人がことごとく用事と重なってしまいました。

 

よくしてもらっている方にお願いしてラジオで宣伝してもらったり、あまり使いたくなかったのですがFacebookの直メッセージでのライブの勧誘もやりました。

いろんなライブに足を運んだ際にも許可を得て宣伝させてもらったりしました。

 

結果一応満席。

ただ僕の目標には一歩及ばずでした。

 

さてリハーサル。

初対面のチューバ高岡さんと2回目の纐纈さんは何やらポリフォニックについて難しい話で盛り上がっています。

ドラムの外山さんはひたすらチューニング。

壁の跳ね返りまで考慮して布を壁に貼ったり。

なんだかみんなそれだけですごい。

これがリハーサルの写真

僕は2セットの最初と最後、そしてアンコールの3曲参加。

なんだか怪獣やら宇宙人やらに囲まれて僕は一体どうしたらいいの状態(^^;

みなさん凄まじ過ぎです。

 

去年のメンバーとほぼ違うのですが、さてどうなることやら。

 

続きを読む >>
ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

スイングしなけれりゃ、やっぱりね

スイングすると言っても難しい。

 

以前はウーダウーダがスイングと思っていました。

が、それだけではないこともわかりました。

速い曲では八分音符はほぼイーブンになります。

 

では何も持ってスイングしてるとか言うんでしょうか。

僕がこれまでに聞いてきたことから判断するとアクセントの位置だと思います。

 

サックスの場合アクセント=タンギングという感じです。

 

どこにタンギングを置くかでリズムを表現します。

当然ジャズの場合は裏を感じるようにすることが大事だと思います。

それがノリになってスイングとなる。

他にも条件はあるんでしょうけどリズムが一番大事なのではと。

 

どんなにかっこいいフレーズもメリハリ無く吹いたら台無し。

逆にすごくシンプルなフレーズでもリズムがいいと断然かっこいい。

 

でもこのリズム感が日本人にはとっても難しいみたいなのです。

ネイティブの方々は自然とできちゃったりするんでしょうかね。

演歌や歌謡曲で育った我々は意識してタンギングする練習をしないとノリが出せない!

 

僕なんて運動神経が鈍いので師匠から何度ダメ出しされても体に定着しません(苦笑)

 

多田師匠とのレッスンを聴き直したところ、その時注意されたことが全く現在に反映できてないことがよくわかります。

「ジャズではそんなところでタンギングしないから!」

細かいところですが非常に目立つんですね。

同じミスを未だにやらかしていました。

 

 

 

「ジャズってのは小節をまたぐところにかっこよさがある」

 

うーん、名言(o^皿^)¥ニパッ♪

 

 

先日師匠と共演させてもらった後、リズムの悪さを指摘されて落ち込んでました。

そこで改めて以前のレッスンを聴き直した次第。

確かに意識が薄れて平気でカッコ悪いことをやってたような気がします。

最近プレイが雑だったようにも思います。

 

本番ではグオーッとなるかもしれませんが、

練習の際は丁寧にスイングすることを意識して体に染み込ませないといけないと思いました。

というわけでしばらくはレッスンを聴きながら師匠のプレイをなぞろうと思います。

何回もダメ出しを聴きながら(^-^;)

 

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(4) | -

花火の日の音楽会2017に出演しました

平成29年10月21日(土)

八代で行われる全国花火師競技大会。

毎年30万人が訪れるイベントの会場近くで早くから会場にやってきて時間を持て余す人々に向けて無料で演奏を提供して楽しんでもらう花火の日の音楽会に出演しました。

 

昨年から実験的に行うようになったイベントです。

松橋ジャズ研究部のメンバーと不足している鍵盤とベーシストを水俣市、鹿児島出水市からはるばる助っ人にきていただいて作った即席バンドです。

サウス・クマモト・ジャズ・グループ略してSKJGと名付けました(^^

他にも出演者が3組ありましたが1組がキャンセル。

 

我々のステージは2から3ステージになっちゃいました。

午後2時過ぎから開始。

花火大会は開催されるものの雨。

 

会場はコインランドリーの表。

軒下での半野外です。

道ゆく人も足早でしたが、ちゃんとPAを使ってアピールしました。

急遽決まった中間ステージはセッションにして思いつきで選曲しながらやりました。

が、逆に決めてない分一番面白かったかもしれません(^^;

 

3ステージ目が終了する頃に花火大会スタート。

無事にイベントを終了できました。

来年のトレンドが決まる最先端の花火が1万5千発も上がるのですが、大渋滞になっちゃうので軽く鑑賞して帰ることにしました。

途中で寄り道してメンバーで軽く打ち上げやりました(^^

 

いやー楽しかったです。

そして何と花火の実行委員会の方からお声かけを頂いたようです。

来年はトラックステージを用意してもらえるかも!?

また楽しみが一つ増えました!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

10月その他のライブ

あっという間に10月も終わり。

4回のジャズライブに行きました。

火の国トリオ@まあーる

小島のり子@酔ing

そしてTOKU@セカンドサイト

多田誠司師匠@ジャレット

 

TOKUのライブはおしゃれな感じでした。

低い声は憧れるなぁ。

ジャズとは違ったかもしれませんがカッコいいライブでした。

 

そして多田誠司師匠のライブ。

熊本ジャズ界のアネゴ園田智子先生とのデュオ。

やっぱりデュオは面白い。

圧倒的な多田さんのプレイと、その旨味を引き出す抜群の園田さんのピアノ。

ジャズの会話がそこにありました。

 

セカンドで僕もシットインで一曲。

逆にやらないベタなスタンダードをやりました。

 

何だろうな。

最近あまりレッスンも受けてないので、あまり言われることがなくなってたけど、

忘れてることが多くて、それをバッチリ見透かされていました。

 

リズムの悪さが相当出てたみたいですね。

 

あとで思い返すほどに凹んでしまいました。

 

というわけでここ最近は再び師匠とのレッスンの録音を聴き直しながら復習。

忘れてた大事なことがゴロゴロ再発見です。

落ち込んだ時はこうやって原点に戻るとすごく救われます。

ありがとうございます、師匠(^^

これからも抜群にスイングできるよう基本を大切に練習したいと思いました。

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

小島のり子九州一人旅2017秋@熊本酔ing行って来ました

平成29年10月10日熊本市酔ingにて。

小島のり子(Fl)、園田智子(Pf)、荒木卓(Bs)

 

facebookされてる人はわかると思いますが、

開いたら何年前の今日の投稿が上がってきますよね。

 

それが偶然にも小島のり子さんと初めてお会いしたライブの投稿でした。

5年前。

随分昔のように感じますが、まだ5年だったんだなーと。

 

その頃はまだ全然自信もなくて曲の理解も甘くてヘタッピだったんですけど、

アフターでセッションしてもらいました。

ステラを演奏したと思います。

 

「やろうとしてることは伝わるから頑張って」というアドバイスだったと思います。

その頃は結構みんなからこう言われていました。

技術が伴ってなかったんでしょうね。

 

今日は熊本ジャズ界の母園田先生と僕がこのお店に来るようになったきっかけを作ってくれたベースの荒木さん。

そのおかげでジャズを本格的に勉強するようになったので感謝しています。 

ライブはドラムレスなのでとてもウォームな雰囲気。

小島さんのどこまででも突き抜けるかっこいいフレーズ。

気持ちよーくお酒も入ります(^^

 

会場は満席!

ファンの人も初めての人も多いに盛り上がりました。

 

ミュージシャンも多く、ライブ終了後しばらくしてセッション大会。

久しぶりにグリーンドルフィン。

とても気持ちよく共演できました。

 

板橋文夫ライブもこれまたいっぱい宣伝できました。

頑張るぞ!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

火の国トリオ(奥村和彦、西尾健一、藤山英一郎)@まぁーる行って来ました

平成29年10月8日宇土市イタリア食堂まぁーるにて。

熊本出身のすごい3人が壮絶なサウンドを展開する火の国トリオのライブに行って来ました。

奥村和彦(Pf)、西尾健一(Tp)、藤山英一郎(Dr)

 

ベースがいないのですが、まったくそんなの関係ありません。

すごい分厚いサウンド。

震災以降西尾さんが熊本によく帰って来てくれるようになって、今年何回生で聴けたかな。

とにかくカッコイイので憧れの先輩です。

相変わらずお酒もよく飲む方々なので(僕もそうですが)、

ライブ前に焼酎ハーフ一本空けていたことは内緒です(笑)

 

ここまぁーるは本当に料理が美味しくてつい食べ過ぎてしまいます。

寿限無につぐ僕のホームみたいなところです。

お客さんもすぐ仲良くなって一緒に話したりアットホームです。

板橋文夫のライブの宣伝もしまくっちゃいました。

 

セカンドセット最後の曲では僕もシットイン。

ETオリジナルのアニマルウォークで西尾さんのソロにも噛みつきながら大暴れさせてもらいました(^^

兄貴たちの懐は底なしですから。

そのままアンコールは西尾さんの「なんだっけ?」

大好きな曲ですが吹いたことはなくて、でもいつかやってみたい曲でした。

楽しかったー!

 

打ち上げもまぁ楽しいこと。

夜も更けたところでさらに近くの2時まで開いてるラーメン屋に移動してシメ。

奥村さん深夜でもサングラスだし、あんな夜中に入って来たら店の人怖かっただろうな(笑)

ここでもがっつり焼酎飲んで、結構食べてお開きとなりました。

食べ過ぎたー(^^;

 

このトリオでレコーディングとかしてくれないかなーなんて思う今日この頃。

全国ツアーとかして多くの人にこの九州の激アツサウンドを知ってほしいなと思います。

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

ライブ告知!板橋文夫2017秋西日本大ツアー@熊本を僕主催で行います!

すごいライブのご案内です!

2017秋西日本大ツアー!
板橋文夫スペシャルトリオ(瀬尾高志Bs、外山明Ds)
+纐纈雅代(As)、高岡大祐(Tuba)
そしてなんとゲストで僕も参加させていただきます。

今回いろいろな流れで西日本大ツアー唯一の熊本ライブを僕が主催することになりました!

 

 

昨年は宇城市寿限無での6月のライブを主催させていただいて、

ファーストセットの最後から最後のアンコールまで林栄一さん、類家心平さんと並んで

演奏させていただくという大変な貴重な機会をいただきました。

地震に大雨の大変な中たくさんの皆さんに集まってもらって超強力に盛り上がりました。
あの時の僕の経験は生涯忘れることのできないものになりました。燃え尽きました!
そして今年また新たな機会を得ることができました。

 

板橋さんとの演奏ではきっと皆さんが知らない僕が聴けるでしょう。
素晴らしいフロント陣、雅代さんに高岡さんにどこまで食らいついていけるかな〜。

 

近年の板橋さんは若いミュージシャンのパワーを得て、激しく熱くも、大きな暖かい優しさに満ちています。
世の中の怒りや悲しみ、そして喜び。


全ての感情を全身全霊でピアノに叩き込む演奏は必ずみなさんを感動の渦に巻き込むでしょう!

純真そのものの板橋音楽はジャズというジャンルを超えて美しい芸術であり、人々の心にストレートに突き刺さってきます。

きっと心が熱くなるライブになると思います。


お時間許す限り一人でも多くの方にこの素晴らしい音楽を知って、聴いて、新しい世界に触れて欲しいと思います。
もちろん知ってる人はドップリ浴びてください!

 

板橋文夫西日本大ツアー熊本
平成29年11月10日(金)熊本市酔ing(スイング)
熊本市中央区花畑町10−10中山ビル2F
電話:096-356-2052
開場午後7時、開演午後8時
チケット:前売り(予約)5000円、当日5500円
オーダー別途

お問い合わせは酔ing、またはわたくし桑島まで。
コメントもしくはメール
sax@mansensei.com
まで。

 

聴いたことない人はぜひこの機会に足をお運び下さい!
「こんな音楽があったなんて!」
と思わせたいです!

ぜひ無理してでも来てくださいね!


お待ちしております!
熊本近郊の方がどれだけ読まれているかわかりませんが、またしつこく告知しますね!

ちなみにここでフライヤー印刷しました。

1週間待てば200枚1200円でした〜!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

奥村和彦、西田千穂デュオ@寿限無行って来ました

平成29年9月23日(土)宇城市寿限無にて!

我らが奥村和彦さんと鹿児島の歌姫西田千穂ちゃんのデュオ。

大好きな地元寿限無での楽しい時間です。

 

早めに寿限無に着くとなんとも見覚えのない立派なものが!

そして上質な音が聞こえます。

なんとついに立派なPAが入りました。

ボーカルマイクも。

1000Wのスピーカーにミキサー、アンプ、マイク。

お客さんからのお手伝いもあって揃いました!

すごい!

 

これまでボーカルの音響がもったいないことが多かったのですが、これなら心配なさそうです。

 

久しぶり(1ヶ月ぶり?)の千穂ちゃんとの再会。

そして常連さんとの再会でライブ前からすでにかなり楽しい時間。

そしてライブが始まって、そのPAの威力を実感しました。

千穂ちゃんの素晴らしい歌声がめちゃめちゃ活きています!

奥村さんの深〜いピアノの世界に見事に溶け込んで上質ないいライブとなりました。

酒がすすむ!

 

セカンドセット2曲目には予想はしてたけど奥村氏から呼び出し!

奥村さんとのデュオは本当に気持ちが良くて楽しいんです。

わーい。

 

とっさに思いついたのがセロニアスモンクのエビデンスでした。

やってみたかったんです。

思う存分気合い入れて吹きました。

いつかデュオでライブさせていただきたい!

 

千穂ちゃんの歌もさらに気合い入りまくってラストまで一気!

デュオとは思えない音の広がりで素晴らしかった!

 

アンコールでは寿限無がある場所に昔から伝わる地名?嫁坂(よめざか)にちなんで作った奥村さんオリジナルの嫁坂ブルースでお客さんも巻き込んでスキャット大会。

大いに盛り上がりました!

 

本当お酒がすすんでしまう!

 

また夜中にちょっとセッションもしつつ真夜中にお開きとなりました。

連休の中日でしたが翌日はほぼ一日二日酔いでグロッキーでした(^^;

 

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

日野皓正クインテットライブ2017@熊本CIB行って来ました

平成29年9月7日(木)熊本レストランバーCIBにて。

日野皓正クインテット

日野皓正(Tp)石井彰(Pf,Key)加藤一平(Gt)杉本智和(Bs)三科律子(Dr)

 

もう毎年楽しみにしている日野さんのライブ。

今年はニュースでも色々取り沙汰され心配していましたが、無事開催されました。

この日は熊本は小曽根真さんのトリオとパット・マルティーノトリオの2大バンドのライブも開催されておりました。

しかし会場は満席!

ライブはしょっぱなから全開!

一つ一つの音にこもった魂がハンパないです!

メンバーの気合いもすごい!

 

初めて聴いた三科さんのドラムも全力で生き生きしていました。

すごく周りを聴いているのがわかります。

 

たっぷり2ステージ。

最後はみんなパーカッション持ってステージへ。

会場が一つになって大盛り上がりでした。

 

最後に日野さんが何かを言いかけてぐっと飲み込んだ後吹き始めた「ふるさと」

思わず泣いてしまいました。

 

最高にカッコよくて痺れました。

もう言葉では言い表せません。

 

素晴らしい音楽をありがとうございました!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

E.T Session201708小森陽子、西尾健一トリオ@酔ing行ってきました

平成29年8月23日(水)熊本酔ing

藤山ET英一郎(Dr)小森陽子(Org)西尾健一(Tp)

 

熊本出身で大好きな先輩ETと西尾さん。

お久しぶりの小森さん。

 

とにかく西尾さんのソロがものすごく好きで好きでたまらないので、

何度聴いてもワクワクします。

そしてETの宇宙規模のドラム。

小森さんのファンキーでイケイケのオルガン。

 

3人とは思えないとんでもなく広く深い、そして熱いライブでした。

ファーストセットの最後の曲で急にオルガンの音が鳴らなくなるアクシデント。

その間西尾さんとET何事もないようにディオで演奏。

そしてすかさず小森さんピアノに移動して演奏再開!

逆にドラマティックですごく面白い演奏になりました。

 

かっこよすぎ。

 

言葉では言い表せないかっこよさです。

 

セカンドも激アツ。

そして最後は僕も恒例のシットインさせていただいて一緒に演奏。

そのままアンコールも。

とっても気持ちよく演奏できました。

 

ライブ終了後もまったり歓談。

やたら西尾さんやETに今日の演奏を褒められて嬉しかった!

そのまま打ち上げでジャンジャンゴーに移動。

夜中に美味しい中華を食べまくりました(^^;

こんな偉大な大先輩に可愛がってもらってホント幸せもんです!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -