アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

最近のサックス練習と2016年8月の予定

毎年7月は非常にジャズイベントが多くて慌ただしく過ごすのですがようやく今年も怒濤の7月が終わりました。
今年の8月はわりと今のところ穏やかです(^^

8月13日(土)八代ジャズバーファーストにてお盆セッションが復活。
僕も参加していたバンドSWINTが解散して以来です。
未だにGoogleでジャズバーファーストって検索するとGoogleの情報で僕が吹いてる写真が出てくるんですね(^^;
それと後半にジャズドラマー江藤良人さんのセッションライブ、日野皓正さんのライブがあります。
宇土ジャズWi-Fiトリオで2回、フレンチレストラン食奏うえのさんでフェリスタスで1回。
今月から松橋ジャズ研究部の合同練習も再開します。

んー・・・なんだかんだやっぱりありますね。

ですが前半わりとイベント少ないので徹底的に基礎力アップの練習を中心にやっています。
譜読みが弱いのでエチュードもやってます。
まだまだですがC譜読みも練習しています。
セッションでやる曲くらいならなんとかなっても知らない曲のC譜を渡されて初見で吹けと言われてもちょっと・・。
慌ててコードだけでもその場でEbに移調しますがメロディーの脳変換が追いつかないです、まだ。

6月の板橋文夫さんとの共演の際もかなりしんどかった。
コードはシンプルでもメロディーや展開が難しくて必死でした(^^;
どっちの譜面でもスラスラ読めないといけないんですね。
ジャズバイブルのC版を買おうかなと思ってます。
訓練訓練(^^

とにかくテクニックのレベルも非常に低いので運指の強化が課題です。
フレージングの幅も広げたいしコードに対する正確性もまだ怪しいキーがあるのでそこも強化。
シンプルなフレーズを頭で半音ずつ移調しながら全部のキーで吹く練習をしています。
やっぱり譜面に書いてしまうとそればっかり見るので身体で覚えないです。
とっかかりは書かないと時間がかかりすぎますが感覚を掴んできたらできるだけ頭で移調できるようになりたいですね。

このフレーズはコードの何度の音から始まってどこどこで終わるとかを意識して頭で移調します。
まずCで吹いたら次はB、Bb,A・・・と。
曲に出てくるコード進行ではどっちのパターンもありますが半音下がっていく動きって結構多いです。
なので下げていくほうで練習しています。

ほかにも4度進行で移調していくのもいいでしょうね。

どっちにしてもまだ慣れないので脳みそ疲れます(苦笑)

正確性の向上が今年後半の目標かな。
テクニックに走るつもりはないですがないと自分のしたい表現もできないですからね〜。
あわせてタイムの向上も努めたいと思います。

時間がある時はアドリブ練習の参考になるような記事が久しぶりに書けたらなーと思います。
夏バテしないようにみなさんも気をつけましょう!

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(2) | -

奥村和彦トリオツアー千秋楽イブ@宇城市寿限無2016夏

平成28年7月30日は13日から始まった奥村和彦トリオツアーの千秋楽イブ。
明日の熊本ハートムーンで長旅が終わります。
今月は僕もよく行きました。
熊本ストリート・アートプレックスJazz Open2016も含めると実に5回もこのトリオの演奏を聴きに行きました。
追っかけのようにも思えますが音楽的にはファミリーみたいな感じですかね(^^
どれだけ鍛えてもらっていることか。

そんな尊敬するアニキ奥村和彦さんの結成11年目となったトリオ。
東京でも大活躍のベーシスト安東昇さん、通称アンディー。
とても寡黙で真面目ですがベースを弾く姿はまさにサムライ!
全国に熱烈なファン(女子)が多いです。
ドラム伊藤宏樹さんは札幌在住。
バツグンの歌心で叩くドラムはリズム楽器をはるかに越えています。
とっても繊細で熱いド・ジャズドラマーです。

毎年夏のこの一番暑い時期と冬に九州を中心にツアーをしています。
もう何年の付き合いだろうというくらい寿限無での演奏を中心にたくさん聴きに行きました。
そしてたくさん一緒に演奏する機会も与えてもらっています。

これまでにもいろいろ厳しい言葉(もちろん愛情もって)、アドバイスたくさんもらいました。
すべてを自分の糧にして頑張ってます。
きっと僕の目標の一つはこの奥村バンドに正式にクレジットされてライブをすることなんだろうなと思ってます。
全然僕なんて足もとにも及ばないわけですが・・。

それにこんなに近くにこんなすごいピアニストがいることが嬉しくて仕方ないです。
もっともっと多くの人に知ってもらって活躍して欲しいと思っています。
なので応援団みたいなもんでもあります。
最近じゃっかんいじられキャラになっておりますが、それだけ親しくしてもらってるってことかな(^^
 

続きを読む >>
ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

宇土ジャズWi-Fiトリオ再始動!@道の駅宇土マリーナ

怒濤の3連戦の最後は平成28年7月18日(月・海の日)
この日は宇土半島から天草にかけての道の駅巡りイベントのオープニングということで港でもあり道の駅でもあるスポット宇土マリーナに宇土ジャズWi-Fiトリオで行ってきました。

このイベントは週ごとに各道の駅をイベントが行われるようで最後は天草大矢野町のみちの駅さんぱーるで8/28にフィナーレセレモニーが開催されるようになっています。
写真は餅投げの様子。

もともとおやじバンドが出る予定だったそうですが主催者側がジャズじゃないとダメと言われたそうで(?)
たぶんイベントのパンフレットにジャズ演奏って書いちゃったからでしょうね。

そういうわけで我々が名乗り出たという感じです。
ところで宇土ジャズWi-Fiトリオって何?

ボーカル堀川範子、サックス僕桑島武文、そしてドラム中村信二(通称ぎゃんさん)。
この3人だけでジャズをやるという狂気のわけくちゃわからんバンド。
それが宇土ジャズWi-Fiトリオです。
コード楽器がいないということでコードレス=Wi-Fiということで。

毎年宇土では佐藤允彦師匠トリオをお呼びして盛大に宇土ジャズミートというイベントを開催しているのですが、その宣伝バンドとして昨年結成され各所で演奏を繰り広げました(笑)
実際宇土ジャズの前夜祭(大セッション大会)にも乱入し一曲やったところ佐藤允彦師匠からもっとやれーとアンコールを頂いたくらい。
フリージャズじゃないですが僕とぎゃんさんがほぼ「明後日!」の伴奏をし、その上でノリちゃんが歌うという奇特なバンドです。

ライブ中の写真は面白いので最後に載せています!

続きを読む >>
ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

寿限無にてディープなイベント打ち上げ

一つ前の記事に書いている宇城市松橋町明日香ホールでのイベント。
われわれ松橋ジャズ研究部も参加させていただきました。

そして終了後に打ち上げということで寿限無にみんなであつまりました。
もちろん奥村和彦さん、安東昇さん、伊藤宏樹さんのトリオも松橋ジャズ研究部の面々も。
さらに他のお客さんも少々集まっていただいて飲み食いからのセッション大会です。

セッションやるとはマスター聴いてなかったみたいでまずは店の片付けから。
やっとドラム置けるスペースを確保しセッティング。
そうこうしていると買い出し終わってぞくぞくとみなさん集合。

食べれるのかってくらい食材も集まり宴会スタート。
それだけで超楽しいー。

しかしそこからディープなセッションに突入していくのでした。

この日はけっこう松橋ジャズ研究部期待のベーシスト吉野くんをみんなで使い倒していろいろ経験してもらいました。
「もっとやれ!」的な感じ。

セッション終わったあともアンディーさんからいろいろアドバイスを受けてたのでかなり刺激になったのでは?
松橋ジャズ研究部に入ってよかっただろー(^^

僕も気がついたらほとんどの曲を吹いてたので2時間以上吹きっぱなしだったかも・・。
酔いも回ってきた頃のラウンドミッドナイトはしんどかった(笑)
完全フリーから奥村さんの熊本のことを書いた名曲Fire Landに突入してテーマを吹かせてもらったのが感激でした。

たっぷりセッション楽しんでその後もまたたっぷり飲んで充実しすぎた一日となりました。
明日はまた別バンドで出番ですが出演メンバーみんなこの場にいたという・・。
身体もつかな〜(苦笑)

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

奥村和彦トリオ+堀川範子@宇城市明日香ホールに松橋ジャズ研で出演しました

平成28年7月17日(日)熊本県宇城市松橋町の物産館明日香にある吹き抜けの素敵なホールでライブ。
この日は前日からの奥村和彦トリオ+堀川範子ライブがメインではあるのですが、なんとファーストセットは我らが松橋ジャズ研究部が任されてるのです。

前座じゃないですよ、ファーストセット全部ですよ。
まぁ松橋ジャズ研究部といいつつ松橋在住はこの日のメンバーでは僕だけですが・・・。
それでも頑張って20枚渡されたチケットは完売。
最終的に会場はイスが足りない状態のほぼ100人で超満員でした。
かなり年齢層は高めでおじいちゃん、おばあちゃんも結構いました。

前の週にも松橋ジャズ研究部で隣町でライブをさせていただいたのですが今回のような大舞台は初めて。
でも経験しなきゃ成長しませんからどんどん出なきゃですね!

1ステージ丸々ということで5曲用意。
先週とは少し選曲も変えています。

早めに会場入りしてセッティング。
なかなかみんなソワソワしています。
リハもしっかりできたのであとは本番を待つばかりです。

ボーカルのりちゃんが司会もつとめてメンバー一人ずつ呼び出してもらい本番スタートです。
続きを読む >>
ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

奥村和彦トリオ+堀川範子@八代Barong's倶楽部行ってきました

そして週末平成28年7月16日(土)
この日は八代Barong's(バロンズ)倶楽部にて。
奥村和彦さんの追っかけでは決してないのですが(^^;
このお方のおかげで僕がどれだけ成長させてもらっているか・・・。
なので追っかけというよりは応援団みたいな感じですね。

奥村さんに西尾健一さん、そして藤山英一郎さんは僕にとってのアニキみたいな存在です。
熊本に生まれてジャズやっててよかった!

そんな八代でのライブ。
どうしても一緒にお酒を飲みたかったのでなんとメンバーと一緒にクルマに乗っていきました(*^^*
厚かましいやっちゃ!

会場準備も終わってリハも終わり本番まで時間があるので皆さんと軽く食事に。
そこですでにビールから焼酎へ(笑)
アンディー(安東昇)さんはお酒飲まないので帰りはいつも運転手なのです。
申し訳ない・・。

そしてライブが始まる頃にはお客さんもいっぱい!
マスターも大忙しです!
このバロンズ倶楽部のマスターはほぼ毎日地震の被害が大きかった益城周辺にボランティアに行ってるすごい方なのです。
料理もこだわりの食材でバツグンの美味しさ!
しかも低料金。
なのにあまり最近営業が思わしくなくボランティアのための活動資金もギリギリの状態に・・・。

ということでライブの後はそのまま打ち上げ突入してマスターのボランティア活動を後方支援しようという企画も含めてのチャリティー的なイベントです。

続きを読む >>
ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

奥村和彦トリオ+堀川範子@プレ宇土ジャズ2016行ってきました

ここから怒濤の連続奥村和彦トリオの話題になります(^^
まずは平成28年7月13日(水)宇土市民会館大会議室にて。
奥村和彦(Pf)、安東昇(Bs)、伊藤宏樹(Dr)、堀川範子(Vo)

この日はなかなかの大雨。
というか大雨ばかり。
地震カミナリ・・ホントたいへんな時期ですが負けじとジャズライブ!
この宇土(うと)は市役所が熊本地震の本震で倒壊寸前になって全国に有名になってしまいました。
しかし頑張って復興に向けて頑張っています。

そんな事情もありましてお客さんはやや少なめでした。
しかし飲み物食べ物も持ち込みオッケーということでみんな持ち寄り。
お裾分けしながらすぐみんな仲良くなってホノボノした会場となりました。

しかしライブは激アツ!
初めてジャズライブを聴くという方もいらっしゃいましたがかなり感動されていました。
セカンドセットは僕も恒例により(?)一緒に参加してリクエスト曲No Problemを演奏。
その勢いでもう一曲ということで思いつきでI Love Youを速めで吹かせていただきました。

ノリちゃんの歌もますます磨きがかかって奥村トリオと見事にサウンドしていました!

もちろん打ち上げは宇土市のイタリアン「まぁーる」にて。
平日なのにガッツリ飲んで打ち上がりました(笑)

ホントに奥村和彦さんのピアノ大好きなんですよ。
7/3にはNHK Session2016の公開録音も済ませています。
奥村和彦(Pf)、西尾健一(Tp)、安東昇(Bs)、藤山ET英一郎(Dr)
という4人中3人熊本出身という火の国バンドです。
9月に放送が決まっていますのでぜひお聴きください!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

おすすめ書籍ピアノ伴奏で吹くアルトサックス

最近ライブ活動の報告ばっかりでしたが最近お気に入りの教本というかエチュード書籍がこれです。
アルトサックスの大山日出夫さんとピアニスト椎名豊さんによるデュオです。

この教本のいいところはサックスパートだけでなくピアノパートも全部譜面化されてることです。
そしてアルトサックスパートのみの譜面が本誌から外せる別冊にもなっていることです。

使い勝手がよいので譜面があればスラスラというピアニストとサックスがいればすぐに演奏が出来てしまいます。

まぁここまでは他にもいろいろと同じようなのはあるかと思います。

おすすめする本当の理由はその内容です。
教則的な話はなくエチュードなのですがフレージングが直球のジャズなのです。

現在2冊発売されていますが奇をてらわない汎用性に優れたフレーズがてんこ盛りです。
なので頑張って吹いていると自然とジャズらしいフレーズが体に入っていきます。
ジャズでよく使われるフレーズの基本形が各所に散りばめられていてます。
もちろん僕は自分のソロを吹きますがとても勉強になるのでエチュードも練習しています。

それぞれの曲が4分弱で構成されているので曲によって曲の展開がコンパクトになっていたりと独自のアレンジもあるのですがジャズフレーズのエッセンスを学ぶのにとてもいい内容だと思います。
これをこの通りのアレンジでセッションで吹くのは曲によってはみんなと違うところに行ってしまうので、これはこれとして演奏しましょう。

ジャズに興味があるけどまず何から手を出していいかわからない人には特におすすめします。
そこからハマればフレーズの構造やコードの理論などをかじって自分のソロが取れるように進んで行けばよいのかな。
使われているフレーズはまさにジャズです。

第一弾で出た方はスタンダード中のスタンダードがたっぷり入っています。
技術的にもそこまで難しくないのでまずはコチラがおすすめです。
もちろん楽器自体初心者の人は簡単ではないかもしれませんが難易度は絶妙で頑張れば吹けると思えます。

アメージング・グレースのアレンジはとてもかっこいいですよ。
キャノンボール・アダレイのThis Here風。
一曲クリスマスソングも入っています。
枯れ葉もよく使われるモダンなコード進行にアレンジしてあります。

第二弾はジャズ史に残る名演トリビュートというテーマになっていて元になってる演奏を知っていると思わずにやりとしてしまう内容となっています。
ほとんどの曲の元ネタを知ってたのですごく僕は楽しかったです。
その分多少難易度は高めかもです。
アップテンポの曲もありますので8分音符のフレーズでも吹きごたえがあります。

アナザーユーもソニー・スティット風なのでエンディングがかっこいいです。
ジャスト・フレンズはキャノンボール・アダレイ風なのでキーがG(アルトはE)になってるので注意。
まったりやることが多いザ・マン・アイ・ラブやホエン・アイ・フォール・イン・ラブはかなりのアップテンポです。
後者はジャッキー・マクリーン風です。
前者は元ネタがわからなかったのですが知ってる限りでテナーのズート・シムズが同じようなテンポでやってるのは知ってます。
ピアノ伴奏もかなりそっくりなので気分もいいですよ。


どちらも模範演奏のCDとカラオケCDもついています。
聴くだけでもとても素晴らしい演奏です。
とりあえずジャズの曲をやってみたい方におすすめします。

ジャズサックスおすすめ教本 | permalink | comments(0) | -

松橋ジャズ研2度目のライブ出演@宇城市天海

平成28年7月10日(日)@宇城市小川町カフェレストラン天海

昨年4月に結成しいろんなメンバーが増えたり減ったりしながら今年になりようやくカルテットメンバーが揃った松橋ジャズ研究部。
松橋在住ミュージシャンの比率が減ってしまいましたがそれでもこの名前で頑張ります!

5月にピアノの恭子ちゃんとのデュオでライブデビューしたのですが、今回は遂にカルテットでライブです。
ただそれだけではなく結成初期からのメンバーで僕のことを師匠と呼んでくれるKくんもアルトサックスで参戦!
サックス歴2年ですがメキメキ上達しています。

それに今回のドラマーIさんもセッションではよく演奏するのですがライブ演奏は初めて。
二人ド緊張です(笑)
あー懐かしい・・・(*^^*

ドラムのIさんは最年長で還暦近いのですがドラム始めて5年。
何歳から始めてもいいんだってことを証明しています。
すごく忙しい仕事をしながらですがものすごく熱心に頑張られています。
初期の頃から知っていますが僕が言うのもなんですがすごく上達されています。

ベースもYくんも同じく前から知ってるのですが真面目で堅実なプレイですが、いかんせん自己主張が弱過ぎるのがネックでした。
ジャズ研に来てもらうようになってその辺りをガンガンしてきして少しずつ開眼しています。
ずっとサイレントベースを使っていましたがついにコントラバス購入して本気モードです。

ピアノの恭子ちゃんは楽器のキャリアは一番。
学生時代は大学のジャズ研にも参加していました。
安心して任せられる力強い存在です。

事前に僕のうちで練習して天海で音合わせもしていますのであとは本番望むだけ。

1曲目こそ多少の緊張からか軽い事件はありましたがその後順調に進行。
デビュー戦のサックスKくんをステージ上でガンガン煽って頑張って吹いてもらいました。
もちろん僕も本気モードで頑張りました!
周りはポップス、ロック系のみなさんばかりの中での演奏でしたが結構盛り上がりました。
だいぶ僕のMCも熟れてきたかな〜(^^

持ち時間30分をフルに使って全4曲やりきりました。
みんなよく頑張った〜!
僕は二日連続ライブ演奏だったのでさすがにヘトヘトです(^^;

この翌週にはもっと大きな舞台での演奏がひかえています。
それと10月に八代である全国的に有名な花火師が集まる大花火大会での開催前のイベントとして松橋ジャズ研究部での出演も決定しました。
その時はもう一人ジャズ修行中のピアニストTちゃんも演奏するという目標を掲げました。
僕がよく活動を供にしているボーカル堀川範子さんも一緒に参加する予定です。
大のオトナが集まって楽しいこと考えてワクワクするのって最高の趣味ですよね!

一人の脱落者も出さないように(去る人は追いませんが)楽しくゆるーく続けて行きたいと思います。

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

ハートムーンセッションライブ2016夏開催しました

平成28年7月9日(土)@熊本ハートムーン
震災の影響で仕事で2ヶ月熊本に来られていたベーシスト土田耕一さんが翌日熊本を離れるということで何か一緒に出来ないかとハートムーンのオーナー連ちゃんが考えて企画したライブ。
土田さんは東京では大塚のドンファンなどでセッションホストをよくされていますよ。
ただ次の勤務地は広島とのことですが。

尾方隆子(Vo)、連河勝利(Pf)、土田耕一(Bs)、鐘ヶ江貴裕(Dr)、桑島武文(As僕です)

当日リハでのライブ。
集合は午後2時。
もうめっちゃ暑い(笑)

僕は土田さん初対面かと思いきや先月のETセッションで一度ご一緒してました。
あとから気がついたんですよね(^^;
その時はあんまりお話しできなかったので。

各セットインスト2曲にボーカル4曲の2ステージ。

たっぷり5時までリハを行ったあとは8時のスタートまで時間があるので隆ちゃんと近くの焼き鳥屋へ。
地震の話にしみじみしつつも東京でも山本剛さんら重鎮と一緒に活躍してる隆子さんの元気でハッピーなテンションで盛り上がりました。
あんまり飲むと出来上がってしまうので適度なところで終了してお店に戻りました。
お客の入りはボチボチでしたが松橋ジャズ研の仲間もかけつけてくれました。
あいかわらずのハイテンションな隆子さんのMCで楽しく盛り上がりました。

ライブはいろいろハプニングもあるんですが無事終了。
終わってホッとしたところで各地でイベントを終えたミュージシャン含むお客さんがどっとハートムーンに押し寄せました(笑)
あのー来るタイミングが絶妙なんですけどー・・・。

それからしばらくして深夜の大セッション大会に突入。
ライブ以上に吹いたー。

あんまり遅くなったので松橋ジャズ研ご一行様のクルマに乗せてもらって帰宅しました。

やっぱりセッションライブは難しいですね。
集まるメンバーによってカラーが変わるので面白いんですけどね。
まぁすごく勉強になります。
腕を磨かなくては!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -