アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

リードの寿命と当たりはずれ(最近の僕の場合)

サックス奏者のみならずリード楽器奏者の大きな悩みの一つがリード。

天然ものゆえのいわゆる当たりはずれが存在します。

原材料の葦の問題もあるのか年々当たりが少なくなっている!

 

さらに使っていると次第にへたってきていつか寿命を迎える・・

 

あー儚いですね。

 

ついでに種類も硬さもいっぱいありすぎて、どれが自分に合ってるのか見つかるのに時間がかかる!

金もかかる。

しかも初心者のうちは合ってるのかどうかもよくわからない!

 

好きな人はハマりますが(泥沼に?)めんどくさがりの人は挫折の原因になったりして(笑)

 

 

皆さんそれぞれリードへのアプローチは様々だと思います。

僕の最近のリードとの関わりについて書いてみます。

 

僕が始めたころはまだインターネットも発展してなくて情報がありません。

ジャズ研出身なわけでもなく周りに詳しい人がいませんでした。

当面バンドーレン青箱2半を使っておりました。

 

当時はかなりの抵抗感で吹きにくく感じたものです。

なので吹きにくい=はずれ

ということで判断していたように思います。

 

でも今となって思うのははずれじゃなくて自分がヘタクソなだけだったのでは?

という気持ちです。

 

今青箱吹けばだいたいどのリードも吹きにくいってことはないです。

ただ個体ごとの吹奏感の違いとか音色の違いという個性はわかります。

この子は鳴りたがる、この子は若干腰が重い、などなど。

 

その中に自分の好みの鳴りと音色があれば当たり!

ちょっとイメージと違って本番には使わないかなというのを一応のはずれと僕はするようにしています。

でも基本完全なはずれとは思ってないので練習用として使います。

1箱の10枚全部。

 

続きを読む >>
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -

音のイメージで変わるサックスの音色

このブログも始めて随分と年月が経ちました。

途中様々なご指摘、匿名の嫌味(笑)など頂きました。

でもまぁいろんな考え方がある中で僕が思ったことを書いているわけなので、一部の人には間違いでも当てはまる人もいるのではと思います。

そんな感じで僕の話を全て鵜呑みにせずに、話の一つとして読んでいただければ幸いです。

 

 

サックスにとって一番大事なのはなんでしょう?

 

おそらく音色だと僕は思います。

 

だってジャズでもクラシックでも一緒ですが、どんなにすごい演奏技術であったとしても音色が悪かったら?

ですよね。

 

じゃぁいい音色ってどんなのでしょう?

 

結局これも答えはハッキリしないですよね。

だって好みがあるんだもん。

 

クラシックの方は柔らかい木管らしい響きを好みますよね。

ポピュラーなど一般の人はきらびやかな明るい響き。

ジャズはダークでファットな?

 

同じ楽器とは思えないくらいサックスの音色は幅があります。

僕はほぼジャズばっかり吹いていますが、ジャズでもバリッとした音色のプレイヤーもいれば、もさっとした音色のプレイヤーもいますし、ジャズらしい音色といっても実に様々です。

 

なので正解はないのですが、やっぱり参考になる音がないと、いざ自分が音色を求める時のイメージがないですよね。

 

じゃぁ僕はというと実は特に誰かプレイヤーを挙げられる訳ではないです。

ただたくさんのジャズライブに足を運び、たくさんの素晴らしいプレイヤーの生音を聴きまくりました。

そして一緒に演奏させていただいたりして日々感じて来たことの積み重ねで自分の中の音色が最近ようやくイメージできてきました。

 

言葉にするのは難しいけど、比較的ダークでややザラついたイメージ。

でも音の輪郭はしっかりしていてファットな音色。

こんな感じを追求しているように思います。

でももう今のマウスピースなどのセッティングで3年以上経つのでは?

 

やっぱりイメージって大切ですね。

 

ずっとビンテージのマーチンコミッティ3を使っているのですが、最近ソルダードトーンホールの根元のろう付けが甘くなって微妙な隙間ができていました。

それで現在やや大掛かりなリペアで入院中。

そのため久しぶりにメインとなったセルマースーパーアクションserie2ですが、以前はどうしてもイメージ通りの音色が出せずビンテージに走った経緯があり、贅沢にも最近はe-SAXでの夜練以外ではほとんど吹くことがありませんでした。

 

ですが久しぶりに部屋以外で吹いてみたら、以前と全く音色が違うんです。

セッティングは一緒ですが。

おそらくビンテージはビンテージの響きがあり、それに合わせた息の入れ方のようなのがあるような気がします。

それが体に定着しているので、そのイメージで持って吹くと、以前とは違い自分好みにいい感じの音色で吹くことができたのではと思います。

自分の今の音。

 

最近はセリエ2がオークションでビンテージと書いて売られたりもしてますが、全然ビンテージじゃないですよね。

僕のセルマーが多分94年製くらい。

マーチンは47年製ですからね(笑)

全然新しい(20年以上は経ってますが)

 

話が逸れましたが、とにかくイメージを体が覚えてくると楽器が変わっても結構その音色が移行できちゃうということです。

確かにプロの人に別の楽器を吹いてもらっても、結局その人の音色になってますもんね。

 

いい音色かどうかは人からの評価ももちろんあります。

が、ある程度経験を積んだら自己分析というか自己評価もできるのではないかと。

もちろん現状に満足せず、常によりいい音色を目指すことが大事ですけどね。

 

果たして自分の音色は自分でも気持ちいい音色なのか?

そして聞く人もウットリさせられるのか?

音色への飽くなき探求は続きます・・。

 

ついパーツにこだわりやすいのがサックス吹きの宿命ではありますが、自分のイメージを育てるためにプロミュージシャンのライブに通うことも一つの自分の音色チューニングになるかもしれません。

 

最後に今の僕のセッティングを久しぶりに書いておきます。

ずっと変わってないですけど。

 

マウスピース:Theo Wanne GAIA 6

リガチャー :Wood Stone サテンゴールド

リード   :RICO(現ダダリオ)Jazz Serect FiledCut 3H

楽器:Martin Commitee3(1947) Selmer SA80serieII(90年代)

こんな感じです。

なんの参考にもならないですね(^^;

すみません、久しぶりに思ったことを書いてみました。

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -

ジャズの名演を研究する!?

初めて自分が中心のライブをすることになりました。

以前リーダーではないにせよ選曲を八代のジャズバンドSWINTの時は任されていたので完全に初めてという訳ではないですが。

師匠多田誠司氏を始め熊本を代表する先輩方にお願いしています。

 

選曲はすごく悩みました。

マニアック過ぎてもダメだし、ベタな選曲すぎるとまるでセッションになってしまう。

結局当日リハするだけなのでセッションライブに近いのは確かですが、多少なりともせっかくのアルトサックス3管を活かしたバンドサウンドにしたいと思うわけです。

 

僕が仕切るわけなので僕に曲ごとの明確なイメージがなければ始まらないのです。

イメージが伝わればなんでも叶えてくれそうなメンバーなのですから僕がしっかりしないとね!

 

そこで参考になるのがやっぱりジャズの居所の名演の数々。

僕に自分でアレンジする能力は育ってないわけだし、自分がやりたい曲の自分が気に入っている名演を参考にするのが一番手っ取り早いわけです。

 

ハモりとかを必死に耳で聴き分け譜面におこしました。

うまく拾えてるかわからないので出来上がった譜面を多重録音で自分で吹いて確認したりしています。

全然ハモれてるのかわかんなかったりもしますので、当日先輩方に確認はしてもらいますが(笑)

 

一曲をじっくり聴くと色々アイデアが得られます。

漠然と聴くと「この曲イカすぜ」程度で終わってしまうのですが、イントロがどうなってるのかとか展開がどうなっているのかとか色々分析する気持ちで聴くと面白さが倍増します。

 

そうやってアレンジを参考にしてると自分でもふっとアイデアを思いついたりします。

Bメロは思い切ってこうやってみよう、とかエンディングはこう持って行こうとか。

 

ざっくりと選んだ曲たちも自分のステージのイメージを元にセットリストに並べることでよりイメージが湧いて来ます。

速い曲の後はミディアム、その後スローが入って、アップテンポ、最後はミディアムでハッピーに!

みたいなセットごとのストーリー展開が見えて来ます。

 

もうワクワクしかないです!

 

それぞれの曲に全て好きな名演があります。

きっとそれを聴いたからこの曲をやりたいと思ったんだろう。

じっくり展開を研究することでたくさんのテクニックを学べるんですね!

 

みなさんジャズをやるなら、じっくりジャズを聴きましょう!

 

>リコ ジャズセレクト アルトサックスリード 3H ファイルド

価格:2,900円
(2017/3/12 17:50時点)
感想(0件)

僕は最近ここでリードを買います。バンドーレンはなく、リコ(ダダリオ)系のみですが1万円で送料無料なので4箱買っています。

旧箱写真ですが一番新しいダダリオのがちゃんと送ってきますよ。多分単価も安い方だと思います。リードが決まってる人はまとめ買いするといいかもしれませんね。

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -

理屈が先か?形が先か?という苦悩

大人のジャズ研を友人と立ち上げて4月で丸2年。

メンバーも安定しています。

 

ただこの2年でどれだけ成果が上がったかと考えると・・・

 

結局は個人の練習量によるわけでレッスンではないので頼り切られてしまうのも困るのですが、

やっぱり顧問的な立場である以上ある程度アドリブのコツやジャズのエッセンスを伝えていかないといけません。

これが本当に難しい。

 

もともとジャズをやっていたピアノの女性、ベーシスト、ドラマー以外はみんなジャズ初心者。

楽器初心者もいます。

レベルはバラバラ。

 

もうめちゃくちゃ難しい。

決してネガティブな意味ではなくて。

 

続きを読む >>
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(2) | -

管楽器と長距離走

実は去年(2016年)人生で初めてフルマラソンを走りました。

熊本城マラソンです。

ほんと地震の直前の2月。

 

その前の年の夏から走り始めました。

もともと高校生までは長距離結構自信があったんですが、さすがにオッサン!

最初は2キロでヘロヘロでした。

それから少しずつ距離を伸ばし6キロくらいをなんとか走れるようになった頃に腸頸靱帯炎という通称ランナー膝という奴をやってしまいました。

 

特定の距離を走った頃に必ず膝の外側が痛くなる症状です。

痛みがかなり強いのでほぼ走るのが困難になります。

結局ほとんど練習できず。

一度無理を押してハーフを走りましたが事態は最悪。

絶対完走は無理だろうというところでした。

結果なんとか5時間12分で泣きながら完走しましたけど。

 

それからしばらく走ってなかったのですが地震のドタバタが落ち着き始めた頃からランを再開。

今回は意外とランナー膝が出ず順調。

毎週10キロは普通に走れるようになりました。

 

そして今年また熊本城マラソンに出ます。

復興支援だね。

目標はサブ4(4時間切ること)。

まぁ今度は無理でしょうけど、4時間前半くらいは行けそうな気がする。

今日(1月9日)に適当にハーフくらい走るつもりで22キロ走りました。

きつかったけどいいペースでほぼ止まることなく走り続けられました。

 

ウンウン。

 

で、何が言いたいかと言いますと、

長距離が走れるってことは肺活量とかも鍛えられてるはずなんです。

 

だけどロングトーンの時間が長くなるかということは別問題なんですね(笑)

何かの足しにはなってるんでしょうけど、そこまで長距離走が管楽器吹くのに影響してるような気がしない。

 

ということです(^^

スンマセン大した話ではなかったですね〜

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -

2017明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

昨年は熊本地震もあって大変な経験をした年でした。

 

しかし板橋文夫さんのライブを1箇所企画させていただき共演までしてしまうという音楽的に非常に大きな経験もできました。

地震で会場となる寿限無も被害を受けライブどころではない状態でしたがマスターの協力もあって一人でも多くの人が参加できるようスペースを作り、結果寿限無の通常のキャパを超える人数を集めることができました。

セカンドセットは全曲僕も参加。

 

巨匠林栄一さんと類家心平さんというビックな二人と肩を並べて演奏できたこと。

板橋さん、瀬尾高志さん、竹村一哲さんの超強力トリオと一緒にサウンドできたこと。

多くの方に来て頂いてお礼も言えました。

本当に素晴らしい経験でした。

 

11月にはこれまた巨匠佐藤雅彦さん加藤真一さん村上寛さんトリオとコンサートホールで共演。

ドキドキワクワクのステージでした。

 

他にもたくさんの経験を奥村和彦さん、西尾健一さん、藤山ET英一郎さんの熊本出身火の国トリオの皆さんはじめ数多くのミュージシャンと演奏できました。

 

もちろん師匠多田誠司さんとも共演させていただいたり、いいアドバイスを頂いたりしました。

 

 

もうここまで来たらとことん追求していくしかないでしょ!

自分の演奏スタイルも随分とかたまってきました。

あとは精度を上げるための基礎トレーニングですね。

 

今年は仕事でも大きな変化がありかなり生活に負担がかかる可能性があります。

職場が移動になって家を開ける時間が多くなりそうです。

十分な練習時間が取れないかもしれません。

ライブに行く機会も減っちゃうかもしれません。

 

でもなんとかあの手この手で突き進んでいきたいと思います。

 

まずは3月29日(水)の熊本JAZZ IN おくらでの初ライブ。

これをなんとか大成功させたいと思います。

 

あとはデュオとかの小さなユニットで色んなところでライブできたらいいなと考えています。

 

これから先まだたっぷり時間はあるので亀さんスピードでも進化し続けていきたいと思います。

このブログも新しいMacBookPro買ったので更新しやすくなりました。

ちょこちょこ更新していきたいと思いますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(5) | -

サックスを吹いていて一番嬉しい褒め言葉とは?

サックスを始めたのが26歳の時。
ダラダラと適当に趣味の範囲でやっていた音楽はいつの間にか生活の中に大きく入り込んでいました。
今44歳。
もう18年になりました。

しかし本当にサックス、そしてジャズと向き合ったのはここ8年くらい。
まさしくこのブログを始めた頃です。

時代はSNS全盛でブログはすっかり減りましたね。
サックス系のブログをされていたかたも多くの人が更新が止まったままです。
僕はなんとか書き繋いでいますけどね。
僕が歩んできた記録として。

未だにブログのサブタイトルは「脱素人をめざして頑張っています」です。
ブログを始めた頃の僕、というかここ3年くらい前の僕なんて全然そんな感じでした。
最近活動が多くなってプロミュージシャンと共演したりジャズ研の顧問をしたりとサブタイトルがおかしいというご指摘もいただきましたが、僕のスタンスはあくまでアマチュアミュージシャン。
今でも自分がうまいと思ったことはカケラもありません。
もちろん成長は感じていますが。

よくプロもアマもジャズはあんまり垣根がないという話を聞くこともあります。
が、やっぱり音楽にすべてをかけているプロミュージシャンと安定した仕事しながらのアマチュアを同じ土俵で比べたら失礼です。
僕はあくまでアマチュアとして上を目指しています。

そんな僕ですが最近ようやく褒めてもらえる機会も増えてきました。
調子に乗るつもりはないですがやっぱりうれしいですよね。

師匠にも最近やたら褒められますが、悪いところは全部見抜かれてるので逆に怖いですね〜。

とにかく褒められて一番嬉しい言葉はなんでしょう?

続きを読む >>
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(2) | -

松橋ジャズ研究部(オトナのジャズ研)やがて発足1年!

昨年の4月(H27年)に地元松橋(まつばせと呼びます)近辺在住の4人で集まって試しに始めたオトナのジャズ研。
社会人になって楽器を始めジャズに興味を持ってもなかなか一人では難しい。
それは一人でやってきた僕にはよーくわかるのですが、かなりストイックに勉強と練習を積んでいかないとなかなか習得していけるワザではないのがジャズ、そしてアドリブの術です。

大学のジャズ研などではどういうことをしているのかよくわかりませんが、とにかく「金はないけど情報と時間はある」という話は聞いたことがあります。
社会人は逆に「金はあるけど情報と時間がない」とも。

ジャズ研の子といってもかなりセンスのいい子とぱっとしない子といますので今では会ってもどーってことないのですが、以前はこのブログでも書いてると思いますけどジャズ研出身者に対してかなりのコンプレックスを抱いていました。
セッションに行った時に「どこどこのジャズ研です」なんて言われるととたんに尻込みしたもんです。

それからたくさんの経験の中で恥をかき、つらい思いをし、そして少しずつ喜びを味わいながら今に至ります。
今は多田誠司さんという強力な師匠がおりますが、それ以外はほぼ独学で学んだ理論と経験から得たものです。
その経験をもとにもっとたくさんの人にアドリブの楽しさを理解してもらい演奏を楽しんでもらいたいという気持ちから講師を引き受けたのがちょうど一年前でした。

それから毎月地元の文化施設の練習室で理論講座やスケールレッスン、実践トレーニングなどを試行錯誤しながら続けてまいりました。

発足当時のメンバーから増えたり減ったりはしていますが、新たなるメンバーも増えて充実した練習を行えるようになってきました。来るもの拒まず(一部を除く)去る者追わず・・。

みんな社会人なので忙しくて来れない時期はもちろんあります。
しかしそれぞれのペースで楽しみながらせっかく始めた楽器でジャズに触れてもらっています。
続きを読む >>
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -

楽器のスケール練習について

楽器はなんであれジャンルはなんであれスケール練習って大事です。
でもやっぱり最初は指もよく動かないのにましてそれがメロディーではなくドレミ・・では楽しくない!
そう思ってなかなかスケール練習が進まない方は多いのではないでしょうか?

かくいう僕もサックス始めて最初のうちにしばらくクラシックの先生にスケール練習をさせられていましたが、必要性がわからず途中で投げ出したものでした(苦笑)
「させられていた」という言葉もポイントです。
今では応用編ではありますが積極的に行っています。

楽器を始めてすぐはとにかく曲が吹けるようになりたいとか思います。
音階練習なんてしなくてもそのうちうまくなればできるようになるさ!
そうやって月日が流れていきますが一向にうまくなりません。

一生懸命譜面を追いかけやっとメロディーを吹けるようになる。
でも例えば#が4個ついてる曲(Eメジャー)とかはやらないわけです。
♭が5個とかとんでもないわけです。
CメジャーとかFメジャー、Gメジャーとかの曲で手一杯!

アドリブ?
そんなの感覚でなんとかなるでしょ!

いーえ、なりませんよね!
せいぜいそれらしく吹けるのは枯れ葉くらいでしょ!


・・これ全部過去の僕の話です(苦笑)

楽器がうまくなるためにはやっぱりスケール(音階)練習が必要不可欠なのです。
ではなんでそんなに面白くないのにみんな必要と言うのでしょうか。
そんなことしなくてもうまくなる方法はあるんだろうか?
続きを読む >>
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(4) | -

セロニアス・モンクの曲!

ジャズに興味が出ていろいろ聴いていくうちに必ずたどり着くミュージシャンの一人に偉大なるジャズピアニストで作曲家のセロニアス・モンクが挙げられると思います。

あなたはもう知ってますか?

ちょっと風変わりな曲がいっぱいあって不協和音の嵐なので初めて聴く人はなんじゃこりゃって思うかもしれません。
でもいろんなジャズのスタイルを聴き込んでいくとこの人の曲の面白さがわかってくる気がします。

たぶんサックスでジャズがしたいと思って始めると割と初期の段階でFのブルースというのをやります。
最初に覚える曲はだいたい神チャーリー・パーカーが書いたNow's The Time。
これ簡単そうなメロディーですがしっかりスイングしてカッコよく吹くのって実は相当難しいのですよ。

Fのブルースという形式の曲のテーマは他にもたくさんあるのですが、セッションで一番多く演奏されてるのではないかと思うFブルースにStraight No Chaserという曲があります。

ウイスキー飲むときはストレート。
チェイサー(水)はいらん!

という男気のあるタイトルの曲ですが実はこれもモンクの曲です。
シンコペーションしたメロディーで独特のリズムを感じさせるテーマですが、とてもスピード感がありかっこいいので人気があります。
僕もテーマ何にする?って聴かれるとついこれをリクエストします。
クロマチック(半音階)の練習が役に立つ曲でもあります。

他に有名な曲はRound MidnightyaRhythm-a-Ningなどあります。
が、もう少し聴き込んでいくとさらに面白い曲がいっぱいあります。
でもそれがなかなか一筋縄ではいかないんです・・。
続きを読む >>
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -