アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スイングしなけれりゃ、やっぱりね

スイングすると言っても難しい。

 

以前はウーダウーダがスイングと思っていました。

が、それだけではないこともわかりました。

速い曲では八分音符はほぼイーブンになります。

 

では何も持ってスイングしてるとか言うんでしょうか。

僕がこれまでに聞いてきたことから判断するとアクセントの位置だと思います。

 

サックスの場合アクセント=タンギングという感じです。

 

どこにタンギングを置くかでリズムを表現します。

当然ジャズの場合は裏を感じるようにすることが大事だと思います。

それがノリになってスイングとなる。

他にも条件はあるんでしょうけどリズムが一番大事なのではと。

 

どんなにかっこいいフレーズもメリハリ無く吹いたら台無し。

逆にすごくシンプルなフレーズでもリズムがいいと断然かっこいい。

 

でもこのリズム感が日本人にはとっても難しいみたいなのです。

ネイティブの方々は自然とできちゃったりするんでしょうかね。

演歌や歌謡曲で育った我々は意識してタンギングする練習をしないとノリが出せない!

 

僕なんて運動神経が鈍いので師匠から何度ダメ出しされても体に定着しません(苦笑)

 

多田師匠とのレッスンを聴き直したところ、その時注意されたことが全く現在に反映できてないことがよくわかります。

「ジャズではそんなところでタンギングしないから!」

細かいところですが非常に目立つんですね。

同じミスを未だにやらかしていました。

 

 

 

「ジャズってのは小節をまたぐところにかっこよさがある」

 

うーん、名言(o^皿^)¥ニパッ♪

 

 

先日師匠と共演させてもらった後、リズムの悪さを指摘されて落ち込んでました。

そこで改めて以前のレッスンを聴き直した次第。

確かに意識が薄れて平気でカッコ悪いことをやってたような気がします。

最近プレイが雑だったようにも思います。

 

本番ではグオーッとなるかもしれませんが、

練習の際は丁寧にスイングすることを意識して体に染み込ませないといけないと思いました。

というわけでしばらくはレッスンを聴きながら師匠のプレイをなぞろうと思います。

何回もダメ出しを聴きながら(^-^;)

 

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(4) | -

ツーファイブフレーズを12キーで練習するためのシート作り

アドリブ上達のためにはフレーズをエニーキーでやることが大事とはよく言われます。

なかなか楽器自体がうまくならないとスムーズに全部のキーでサクサク吹くのも大変。

一つのフレーズを移調するのだって我々社会人はなかなか時間がないし、頭でサクッと移調できるほどの技術はまだ備わってない。

 

まず最低限メジャー、マイナー12キーのスケールをきちんと吹けないといけないかなとは思います。

もちろん譜面とか見ないで、ですよ。

これでいろんなスケールはかなり網羅できるので最重要。

マイナースケールは3つの違いをキチンと理解しておきましょう。

ハーモニックマイナーとメロディックマイナー(オルタードスケールの理解に役立つ!ジャズではこのスケール大事です)。

ナチュラルマイナーはメジャーのひっくり返し。

 

でも12スケールをドレミ・・・でやってもフレーズでやっても全部のキーでやるのと同じといえば同じ。

フレーズを利用して12キー練習すればアドリブ練習とスケール練習が同時にできるとも考えられます。

なのでスケール練習の応用編としてツーファイブのフレーズなどを12キーでやるのが楽しいです。

あくまで応用編なので先に述べたメジャー、マイナーをマスターしたのが前提です。

 

もちろん頭で移調できる人はそれでいいでしょう。

まぁそれができる人はこんな記事読まないでしょう。

手書きで自力で移調できる時間がある人はとても頭の体操にもなっていいでしょう。

でも僕たち社会人には時間がない!

 

なので僕は遠慮なくパソコンを活用しています。

フリーの譜面作成ソフトMuse Scoreを使っています。

慣れるまでは手こずりましたが、入力法の理解と12キーへの移調のルーチンができてきたので最近はサクサク作れるようになりました。

 

僕はCから半音ずつ下降していってます。

コードもあらかじめ入れておけば一緒に移調されます。

B,Bb,A,Ab,G,F#,F,E,Eb,D,Db(C#にすることもあります)

なので拾ったフレーズも一旦ツーファイブならDm7-G7に移調してから同じフレーズを半音ずつ下降させていきます。

 

入力したDm7-G7などのフレーズを隣の小節にコピペして選択したらメニューの音符から移調を選びます。

ダイアログの一番上の「調で」から移調したいキー(この場合はBメジャー)を選んでOKするだけ。

最初にコピーしたDm7G7のフレーズを再び次の小節にコピペしたら同じ要領で次はBbに移調。

こんな感じで繰り返すと一周します。

 

ダブルフラットやダブルシャープがつくと見辛いのでそこは読みやすく訂正。

また音域も吹きやすいように上げ下げして練習シートを作っていきます。

 

あとはセブンスのところがオルタードスケールだとかコンディミだとかb9から始まるとかフレーズの構造を確認します。

それがわかるようなタイトルをつけたりします。

 

1小節の短いツーファイブフレーズなども作っておくと結構使えます。

ちなみにフレーズは雑誌やジャズのエチュードなどから頂きます。

もちろん耳コピしたかっこいいフレーズでもなんでもOKでしょう。

 

当然作って満足ではなくシートを使って練習しないとですね。

そしていろんな曲でその部分を抜き出して使ってみたりするとイメージが曲のコード進行と結びつきやすいかなと思います。

 

いっぱいやってるとだんだん相対音感も備わってくるので、簡単なフレーズは頭で移調できるようになったりもします。

オルタードスケールを使ったフレーズはこんな雰囲気になるんだなとか、フレーズの個性も理解できるようになります。

なんでも頭と体と同時に使ってやってると、いつか結びついて来るもんだなと思います。

だらだらとできる範囲で適当にカラオケなんかに合わせて吹くよりは、

こういった練習をコツコツ積み重ねたほうがアドリブ上達への近道だと思います。

 

半音ずつ下げる方法もありますが、四度進行で移調して行くのもアリですね。

C-F-Bb-Eb-Ab-Db-F#-B-E-A-D-G

この順番。

 

リズムチェンジ(I Got RhythmとかOleoとかの循環)や他にもいろんな曲のサビ部分でよく使われる進行です。

もちろんセブンスはツーファイブに分解して考えてよいです。

 

もし良かった練習の参考にしてみてください。

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

3連休

ウィークデイはかなり忙しいのですがこの週末は3連休でした。

珍しく特に用事もなかったので、走るかサックス吹くか!

みたいな贅沢な休暇を過ごしました。

たまにはね〜(。-∀-) 

 

どんな練習にしようかと思うのですが自由に吹いてもできることしかできないので、技術の向上のための練習をしようと昔買ってたサックス&ブラスマガジンなぞ引っ張り出してみました。

 

Vol.14なんかとてもいい号ですよ。

特集はビンテージサックス大特集だし、コンファメーションを題材にいろんなスケールなどでのアプローチをプロが徹底解説してるコーナーもありますし。

Vol.19はドナ・リーを題材にコードの理解の仕方と様々なキーでの応用。

C,G,D,Fの4つのキーでエチュードが作ってあります。

かなり使えます。

これはアマゾンで中古がえらい高くで出てました。びっくり。

 

テーマ曲の練習と思うとEb用とかBb用とか分けてあるとアルトはEb用しか吹けないのかと思ってしまいそうですが、カラオケに合わせて吹きさえしなければ、コードとフレーズの関係はキーとか関係ないので掲載されているフレーズやエチュードはアルトだろうがテナーだろうが全部使えますからね。

 

美味しいと思ったフレーズは12キーでやるともっと美味しいですね!

 

なのでこれらの雑誌のコーナーを徹底してエチュードがわりに練習しました。

スケールの構成とそのフレーズ例をしっかり研究して構造まで理解できるようにちゃんとない頭も使ってやりました。

譜面を追うだけではなかなか体に入らないんですよね。

何度の音からはじまってどこに特徴があってどの音で終わる、とか頭の中から引っ張り出す時のヒントを絡めないとすぐ忘れちゃう。

それをやってもすぐ忘れちゃうけど。

 

エチュードやってると速いテンポは未だに苦手で技術が全然進歩してないのがよくわかります。

それでも数年前に比べたら着実に精度は上がってきてるので根気よく練習積み重ねて技術の向上を目指します。

本当に進歩がのろい!

若い子たちがあんなにメキメキ上手になって吹きまくってるのにね。

 

でも技術では負けますが豊富な人生経験を元に味のあるサックスが吹けたらいいかな(o^皿^)♪

 

もうすぐ初のリーダーライブ。

これからジャズを始めたい、または始めて日が浅い人にも聴いて欲しいなと思います。

ハマってやれば、こんなメンバーとライブできる日が来るんですよ!

てな感じで(*´∀`*)

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

たまに自分の演奏を録音すると面白いです

以前はこのブログでよく自分の演奏を公開していました。

音源は全部恥ずかしくてすでに削除していますが・・・。

 

久しぶりに録音してみました。

 

 

いやー・・・

 

全然成長してないじゃん!

 

 

という感じでした。

雑です。

 

全然ビバップ吹けてない。

 

こうやってショックを受けながら改善点を見つけていくのです。

凹むわ〜(笑)

 

バイブラートサックスの音源を撮ってみようと思ってやってみたのが失敗だったか?

明日はマーチンで録音してみよう。

 

公開はしない予定ですけど・・・

 

再確認するためにも客観的に皆さんも自分のプレイを聴いてみましょうね!

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

2017年明けてからの近況報告

いやー最新のパソコンはいいですね。

以前のパソコンが古くなりすぎてブラウザが対応しなくなったりでスムーズにブログの更新ができなかったのも滞る原因の一つでした。

今は思いついた時にサクッと投稿できます(^^

 

これまでの数年間は本当にライブに相当数通いました。

最低でも月に3本、多いときは3日に一度くらい(笑)

 

それが1月に入ってまだ一本も行っていません。

行けてないんです。

 

行きたかったライブはあります。

石井彰さんと金澤英明さんのデュオ。

火の国バンド(藤山英一郎、奥村和彦、西尾健一、赤松貴文)などなど。

 

一つは祖母が危篤状態になったこと。

結局先日亡くなりました。

そんなこんなでライブに行けなかったというのもあります。

 

それともう一つが仕事。

本業(笑)の薬剤師の仕事の方なのですが、やはり地方は人手不足。

3店舗のうちの一件が産休の為管理者不在になってしまうことになりました。

代わりを必死に探しましたが見つからず僕がしばらく移動することになりました。

2月からなのですが熊本の中心部を挟んで南から北へ通勤します。

恐怖の大渋滞交差点を抜けるため下道だと1時間半以上かかります。

ひえ〜(>_<

 

そのための色々な話し合いや準備などあって全く心穏やかでない。

 

さらにうちの子供が色々と問題をやらかしてしまうもんで・・・(^^;

家庭もかなりヘビーな感じ(積み木崩しではないですが)

 

つまり心の余裕が全然ない状態ということですね(苦笑)

とてもライブに行こうという気力がわかない毎日なわけです。

なんとか月末におくらであるライブには行きたいなと思ってるのですが。

 

そんな感じですが2月1日に自分のライブが決まりました!

このブログで度々紹介しているおかしなバンドです。

宇土ジャズWi-Fiトリオ。

中村信二(Dr)、堀川範子(Vo)、桑島武文(As僕)

この超変則変態トリオのライブです。

 

宇土市イタリア食堂まぁーるにて。

なんとワンドリンク付き1000円。

MCタダみたいなもんです(笑)

2月からはぼちぼち再始動したいところです!

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(5) | -

2017年最初の松橋ジャズ研究部合同練習

平成29年1月最初の松橋ジャズ研究部合同練習しました。

なかなか新年早々慌ただしくて全然何も準備できないままの練習でしたが、なかなか楽しくできました。

 

この日はトランペット2本、アルト2本、ピアノ、ギター、ドラム。

最初は各自おさらいと確認をしながら雑談。

ピアノがある程度コードを確認できたところでセッション形式で課題曲を始めました。

The SidewinderとAll Of Meに絞って、まずはテーマをしっかりみんなでやること。

サイドワインダーはハモリもつけて、ブレイクなどキメもしっかり確認。

きっとベースも入ればより厚みが出ていい感じになりそうです。

アドリブはまだまだ難しいようですが。

この曲はコード進行の基本がブルースに基づいてるので分かってしまえばそんなに難しくないんですけどね。

ブルースもまだ理解ができていないので(マストなのでもちろんやってはいます)。

 

All Of Meは僕がアーティキュレーションをつけて作成した譜面を元に演奏。

譜面集の通りに吹いたらカッコよくないですから。

多分ジャズのニュアンスで仕上がってると思います。

全員で同じの吹いてもアレなので僕は自由にオブリガードを入れる感じでハモリました。

この曲はアドリブが難しいんですね。

理論をしっかり説明しているんですが実践は・・・ね。

 

コードごとにポイントになる音を説明して、その音さえ出てくればオッケーという感じでできるだけ難しくない形で理解してもらいました。

何度かセッションやりましたが回を追うごとにみんな何かを掴んで来てる感じがありました。

よしよし(^^

 

少しずつでも形になってくればいいかなと思います。

みなさん仕事もプライベートも忙しいのにとても一生懸命です。

今年はなんとかライブという形の実績をより多くのメンバー参加で作りたいと思います。

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

2017今年の吹き始め

やっと吹けた!

1月5日の夜でした。

 

普通曲とか吹きそうですがロングトーンとマクリーンのスケール練習で力尽きました・・

 

ちょっと新年早々からメンタルがよろしくないのもあって(色々あるんです)、

かなり体調が悪いんですけど、サックス吹いてる時は無心になれて本当に救われます。

 

1週間ほど楽器に触れてなかったので指は回らないし散々でしたが(^^;

あー楽し。

 

そして週末は朝から午後までずーっと好きに吹いていました。

 

とりあえずパーカーをがっつりやりました。

オムニブックやっぱりいいですよ。

譜面を追う前にまずは原曲を準備して聴きまくる必要がありますが、聴いて採譜する時間がない社会人には助かります。

聴きまくらないといけないのはなんでも一緒ですが、それはニュアンスが一番大事だからです。

間違いもあるみたいですが聴いていれば自分で判断すればいいことなので。

 

これをこのまま本番で吹くわけではないですがパーカー=ジャズ語の源流で間違いないので、基礎練習の一環として楽しい(けど難しい)エチュードと思えばいいかなと思います。

 

そのあとはモンクの曲を流しながら耳コピしつつ遊んだりしました。

Evidence, Let's Call This, Well You Needn't, Pannonica, Ruby My Dear, Misterioso, I Mean youなどなど

モンクの曲は難しいですよね〜!

でも大好き!

 

あとはジャズバイブルを適当にめくりながら気になる曲を好きなように吹きまくりました。

たまにはド・スタンダードも吹いておかないとコードとかメロディー忘れてしまうといけないので。

なるべく譜面は人前では使いたくないですからね(^^

 

嫌なことを忘れるには音楽が僕にとっては一番みたいです。

聴くのもいいけど、やっぱり演奏するのが一番楽し!

だいぶ難しい曲も吹けるようになってきたかなー。

やっぱり積み重ねですね。

続けていれば(色々試行錯誤は必要ですが)絶対上達はしていきます。

なんども壁にぶち当たりながら・・・

 

みなさんもぜひ頑張って楽器を継続していってくださいね!

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(2) | -

平成28年最後の松橋ジャズ研究部

結成2年半を迎えた松橋ジャズ研究部。

今年最後の練習でした。

 

来年に向けて課題曲を5曲ほど設けてそれに向かっての練習になったので以前より充実してきました。

全曲曲の理論解説を書いてみんなに配っています。

それを元に攻略法を説明。

あとはセッション形式で注意点やダメ出し等やってます。

この日はピアノもいたので前回のコードレスでの練習よりはつかめたのでは?

ピアノとデュオで課題曲の模範演奏をレコーディングさせられました(苦笑)

 

12月21日という忙しい中でもちゃんと集まってやれるってすごいな。

みんなやる気満々なので僕も気合が入ります。

 

来年はフルメンバーでいっちょライブやりたいなと思います。

 

来年から僕が仕事場の移動とかあるもんでちょっと心配ですが、この勢いを削がないようになんとか頑張りたいと思います。

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

松橋ジャズ研究部来年の目標

僕の長年の夢だった大人のジャズ研構想。
社会人になってジャズに興味を持った僕にはジャズ研出身者と聞くだけでコンプレックスがありました。
本当は僕がいろいろ習いたくて思い立ったことだったのですが気がついたら僕が顧問(笑)
現在結成2年目を進行中です。

松橋(まつばせと呼びます)ジャズ研究部はもともと地元宇城市松橋町在住のメンバー4人で結成して始めたのですが、現在松橋在住は3人。
それに熊本市や八代市などからメンバーが集まって現在11名。
現在アルトサックス4人(僕含め)、トランペット2人、ピアノ2人、ギター、ベース、ドラム。
仕事が忙しくてなかなか参加できない方もいますし妊娠中で休部中の方もいます。
それぞれみんな忙しく仕事をしている中で月に1,2回松橋に集まって練習しています。

すごくまったりと緩ーく活動しているのでとてもうまくいっているのですが、
やっぱり前に進まないと意味がない。
そういう意味で初心者のフロント陣(サックス、トランペット、ギター)の方々の成長が一番気になるところ。
一人のピアノ、そしてベース、ドラムはそこそこ出来るので僕とカルテットで今年はライブもさせてもらいました。
初心者メンバーにも入ってもらっての演奏も出来ましたし今年はかなり活動的な一年でした。

しかしながらまだまだソロとなると初心者の域を出ていない。
どうにか底上げをしていかないといけない。

そこで全員にやりたいなと思う曲を上げてもらってその中から5,6曲を厳選して、
それを来年度の課題曲として充実させて行きながら活動をしようとやっています。

やっとほぼ全曲の理論解説シートを作りました(手書きです)
ついでにAll Of Meについてはテーマも譜面を作りました。

曲集に載ってる譜面をそのまま吹いてもかっこよくならないからです。
でもどう吹いたらジャズっぽくなるとかがなかなか言葉で説明してもピンと来ないようなので手本になるかどうかわかりませんが僕の吹き方をそのまま譜面にしました。

フルートで吹いたのを録音してそれを採譜してEb版、Bb版も作りました。
全部手書きで(笑)

この方が僕の努力が伝わるかなと・・・。

お金を取る気はありませんし感謝して欲しいみたいな恩着せがましいことを考えてるわけでもないですが、僕の熱意が伝わってくれればいいなと思ってあえて苦労が見えるようにしています(苦笑)

他にやる曲は・・
F Blues(テーマはいろいろやってもらいます)
ST.Thomas
My Favorite Things
The Sidewinder
In a Sentimental Mood(これはバンドとしてはどう料理するかまだ悩み中)

このブログで理論講座を書いたりしていた今から7,8年前は全然自分でも理解してるわけではなかった。
わかったふりしてただけですね(すみません)。
今では参考書もなしにある程度スタンダードは曲の解説を書けるようになりました。
最初理解できなかったことも繰り返しやっていくうちに自分の知識として血肉に変わっていくんだなと実感しています。
まぁここに公開するのはいろいろ問題があってもいけないのでもったいぶります。

人に教えるってとても大事。

自分も振り返られるしウソは言えないから勉強するし。
すると再発見がけっこうあったりします。

これらのお手製教材を使ってメンバーの皆さんにはぜひ頑張ってほしいな!
そしてせめてもの恩返しに僕のライブに来てくれればそれでいいっす!

来年さらに飛躍していけることを願いたいと思います!
まずは新年会だな!

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

やっぱり基礎練習

最近なかなか出番が多くなったのと(喜ばしいことなんですけど)、
仕事の方も結構忙しくて練習する時間があまりありませんでした。
当然わずかな練習時間は曲の練習が中心。

ちゃんと基礎練習をやってないことに気がつきました。

久しぶりにジャッキーマクリーンのスケール本をやってみました。
まぁギコチナイ。

ついでに口の周りに筋肉が落ちたのか新しいストラップに慣れてないのかアンブシュアが安定しません。

デジャックスのストラップなんですが高さのセッティングが合わせきれてないのかなぁ。
使い心地はとてもいいのですがまだサックスが安定してない感じがします。
フックが細い金属(でも50キロに耐えるそうな)なので接点が少ない分かな。

去年からランニングを始めてフルマラソンも走ったのですがやっぱり肺活量とは別ですね。
息の入れ方は。
ストラップのせいじゃなさそう。

しばらく基礎練習をまたミッチリやって一個上のレベルを目指さないと結局たいして成長できないなと実感しました。
手数も増やさないといけないのでフレーズもいっぱい拾ってエニーキーでやろうと思います。

これから年末にかけて演奏の機会は少ないのですがクリスマス前後にビッグなのがあります。
アルトサックス界の人間国宝林栄一さんとまた共演できそうです!
奥村和彦トリオ+林栄一ライブ@寿限無にゲストとして参加します。
平成28年12月25日(日)
去年に引き続き乱入ではなく正式クレジット!
ワクワクします〜(^^
失礼がないようにしっかり基礎力上げていきたいと思います。

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(6) | -