アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< I Remember Cliffordをアルト+AIZENで吹いてみました | main | AIZENとDukoffのマウスピースでWonderful World比べ >>

緑川英徳先生の新しい究極のジャズアルトサックス教本

勝手に先生と呼ばせてもらっていますが、
ニッポンのジャズアルトサックス界を代表するプレイヤーだと思います。
緑川英徳せんせい。
サックス&ブラスマガジンでもおなじみみたいですね。

その先生の「はじめてのジャズアルトサックス」は
もう3年近く使っている教本です。
でもなかなか模範演奏が難しいんだなぁ・・・これが。

で、新しい教本が出ました。
究極のジャズ・アルト・サックス 超絶アドリブ・フレーズが吹ける!
名スタンダード20曲 (CD2枚付き)


中身をちょっと楽器屋で確認してきましたよ。
緑川英徳先生のジャズレッスン教本は他にもありますが、
そちらだと易しい、
でも「はじめてジャズ」は難しいって人に、

ショーンに言わせるところの

「ディスイズ・サイコーにチョードイイ 本だ」



一曲一曲の解説がより丁寧です。
でもあまり理論的なことを攻めるという感じではなく、
より実践的な内容です。


つまりポイントとなるフレーズ、
つまりその曲のなかでも
ここの進行のところがおさえどころ!
を中心に応用が利く練習方法を解説してあります。

模範演奏のフレーズが難しくて吹けなかった人のために
わざわざ少し簡単なフレーズも用意されています。


あとははじめてのジャズアルトサックスと同様、
曲を使いながら、
今回はツーファイブ進行について学びましょうとか、
コンビネーション・オブ・デミニッシュを学びましょうとか、
このリズムを学びましょうとか、
練習のテーマが与えられています。

より応用を利かせるための練習法が示してあります。


選曲ですが、
おなじみの曲もあれば、
ジャズをやってない人は知らないという曲もあります。
邦題だとわかんなかったりします。
少し注釈付けてみました。



◎恋をした時(When I fall in love)

◎デサフィナード(僕が阿蘇の山ん中で吹いてきたボサです)

◎昔はよかったね(Things Ain't What They Used to Be)

◎いつか王子様が(Some Day My Prince Will Come)

◎ミスターP.C.(P.Cはポール・チェンバースさん、Bassです)

◎夜も昼も(Night And Day:ボサノバです)

◎身も心も(Body And Soul:僕の課題曲の一つですw)

◎いそしぎ(映画のタイトルです:The Shadow Of Your Smile)

◎キャラヴァン(デューク・エリントン:ブイブイ吹きたいです)

◎タンジェリン(緑川先生はポール・デスモンド好き?)

◎グッド・バイ(ベニー・グッドマン)

◎波(ウェイヴ)(僕が阿蘇の山ん中で吹いてきたボサです)

◎チキン(スティービー・ワンダーのファンクナンバーです)

◎ラウンド・ミッドナイト(デクスター・ゴードン主演の映画)

◎ワルツ・フォー・デビー(ビル・エヴァンズ)

◎バット・ノット・フォー・ミー(BUT NOT FOR ME:明るいけど歌詞は根暗)

◎黒いオルフェ(オルフェの唄)

◎あなたと夜と音楽と(You and The Night and The Music)

◎誰かが私を見つめている(SOMEONE TO WATCH OVER ME)

◎アイ・ガット・リズム (サクブラのコンテストの課題曲)


模範演奏は譜面を見ただけではわかりませんが、
少し易しくしてあるのかな?
という印象でした。
じっくりは見てないのでわかりませんが。

とりあえず模範演奏のCDは普通に音楽CDとして愛聴できるほど、
いつも緑川英徳先生の演奏はすばらしいので
今回も期待します。


選曲は僕のツボにはハマりました。
ポイントが貯まってたので、
ツタヤに注文したら2週間かかるって言われちゃいました。
でも待ちます。

その間に「はじめてのジャズ・アルトサックス」を
マスターせねば!(無理だろ〜)


ところで「超絶」とか「究極」とかって
流行りなんですか?


あと表紙写真の人物ですが、
ネットで見た時は女の子と思っていたんですが、
実際に本を見たら緑川英徳先生本人でした。
表紙をめくるとわかります。

また届いたら詳しいレビューを書きますね。
ジャズサックスおすすめ教本 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sax.mansensei.com/trackback/1082825
この記事に対するトラックバック