アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラビング・ユーをアルトサックスで吹きました(+プチ講座) | main | 吹けば吹くほど下手さに気がつく(プラス思考で) >>

初心者のための音楽理論3-音程のはなし

前回の音階=スケールについての話で
ある音からある音までの幅のことを音程と言いますと
説明いたしました。


今回はもう少し詳しく理解してみましょう!
前回の話では幅を半音の数で表しましたが、
今回は度数で表してみます。

パズルのような話なので途中で迷子にならないようにしてね。
この話がチンプンカンプンにならないよう頑張ってくださいね!
音程とはカッコ良く言うとインターバル。
まさに幅ですね。


皆さんが日頃ロングトーンするときに
チューナーで確認して音程が悪い!
ピッチが悪いなどと嘆いているかもしれませんが、
この音程がというのはもちろん、ソならソの音が
正しいか正しくないかを言ってるわけですが、
その際チューナーは基準となる音からソまでの幅を
周波数で確認しているんです。

ですからやっぱり音程とは音の幅ということになりますね。




ではまず音楽的な音の幅のいい表し方(数え方)をお勉強しましょう。


前回はこの音の幅を半音で図りました。
なんで半音の幅がこうなったかとかは省きますが、
(周波数とか倍音とかの話になっちゃうので)
今回は度という言葉で表してみます。

わかりやすいようにCメジャースケール。
鍵盤で言うと白鍵だけをドから進んだスケール。
つまりドレミファソラシドで見ていきます。


まずドとドの幅。
これらの音の幅を一度とします。
つまり白鍵一個分の幅。
進んでないので幅って言葉がピンと来にくいですけど。


幅がまったくないときを一度とするということです。


じゃぁドとレが並んでます。
これが二度です。
白鍵2個分の幅ですね。

じゃあミとファが並んでます。
これも二度ですね。
白鍵2個分の幅です。


が、
あれれ〜?
おかしいですよね?

ドとレの間には黒鍵が一個入ってますよね。
半音2個幅進んでる。

ミとファの間はとなり通しなので半音1個進んだだけ。

なのにどちらも二度といいました。
これでは何が二度なのかわからないですね。


そこで2度という白鍵2個分の幅のうち、
半音1個分の余計に進む方を音程を長二度。
半音一個ぶん少なく進む音程の幅を短二度。

ということにします。

鍵盤の黒鍵を無視して、白鍵だけをみてみると、
幅は同じ二度ですが、間の黒鍵まで含めると
「ドとレ」の幅の方が「ミとファ」の幅より半音一個分長い。
という意味です。


さーてわかりました?。


ではこの調子で次。
白鍵3個分。
ドからミはどうでしょう?
半音4個進みますね。
鍵盤を思い浮かべるといいですよ。

これは長三度。

ではレからファは?
半音3個進みますね。

これは短三度。

ちなみにアルトサックスをしている人にとってはこの短三度。
すごく重要な言葉なんですよ。

アルトサックスはE♭楽器です。
つまりアルトでドと思って吹いている音はミ♭でしたよね?
ドからミ♭の音程はさてどうですか?
半音3個進みますから、短三度です。


そうなんですね。
ピアノより短三度高い音がなるのがE♭楽器ということなんです。
ですからこの短三度という幅がアルト奏者には大事なんですね。
ですからピアノでならす音よりも実際は短三度低い音をならすことで、
ピアノと合わせた演奏を行っているわけです。

つまりアルトサックス用の譜面は、
ピアノ譜に載っているすべての音を短三度下げてあるということになります。


ちなみにテナーの人はドのつもりがシ♭を吹いてますから、
ピアノの譜面を長二度上げて吹けばよいということです。


話がそれましたね〜。
じゃあ次。
白鍵4個分。
ドからファまでの幅。
ここは少し違う言葉を使います。

今までの話から言うと半音5個進むので、
短四度。
なのですが、実はこの幅は
短四度とは言わず、完全四度といいます。

さー、わけわからなくなりそうですね〜。

理屈はいいんですけど、この幅を周波数で表すと、
ちょうど1.25倍があるんです。
比較的キレイな倍音なんです。
ですからあえて完全四度と呼びます。


ではレからソは?
完全四度ですね。
ミからラは?
これも完全四度。

ほら〜、ついてきてね〜。
ファからシは?
ん?これは半音6個進んでますね。
ちゃんと鍵盤の数数えてくださいよ〜。

これも先ほどのいい表し方でいうと、
長四度ですが、
この場合は「完全四度よりもさらに半音一個分増えた」と考えるようで、
ごちゃごちゃなりそうで申し訳ないですが、
増四度と数えます。

ごめんね。


では次、ソから上のドは?
完全四度。
ラから上のレは?
完全四度。
シから上のミは?
完全四度。


どういう幅の取り方をしているのかはわかってますか?
今鍵盤の白鍵だけを一定の幅で跳躍していますよ〜。


どうでしょう?
ファからシまでは増四度でしたが、
後はすべて完全四度の幅になってますね。


これがどういう意味があるのかは
コード進行とも関係しますので、
いずれお話しします。



もう一ついきましょう。
白鍵5個分。
ドからソの幅です。
半音7個進むので最初の説明だと
短五度となりますが、
実はこれもこの幅が周波数でいくと1.5倍と
とてもきれいな幅で、完全五度といいます。

この言葉聞いたことありませんか?
五度圏(サークル・オブ・フィフス)といって、
くるりと12キーを一周回る円です。


実は
ドからソ、レ〜ラ、ミからシ、ファから上のド、
ソから上のレ、ラから上のミ
まですべて完全五度(半音7個進む幅)なんです。

最後のシから上のファまでの幅だけが、
半音6個進んだ幅です。
完全五度から半音一個減らした幅と数えますので、
減五度と呼びます。



ごちゃごちゃが更に増しましたかね〜。
完全四度と完全五度に対しては長い短いではなく、
コレに対して増えた減ったと数えるんですね。


では、今から書いてあることを、
よーく聞いてくださいね。


音の幅をすべて完全五度とりながら音を鳴らしていくと、
ド-ソ-レ-ラ-ミ-シ-・・・
と進みます。

シの次はファに飛んじゃうと減五度なので、
完全五度に飛ぶということはさらに半音一個先の音、
つまりソ♭へ行くということですね。

するとそこから完全五度で進んでいきますと、
ソ♭ - レ♭ - ラ♭ - ミ♭ - シ♭ - ファ・・・
と進みます。
鍵盤を数えながら進みます(半音7個ずつ)。

するとファの次はドに進みます。

じゃあその次は?

いえいえドからのスタートなので
振り出しに戻っちゃったってことですね。
ドからシまでの白鍵黒鍵すべての音が、
一回ずつ現れてドに戻ってきましたね。

ですからドからスタートして完全五度ずつ幅をとって
進んでいくとすべての音を網羅して一周できるんですね。

例えばすべてのキーのスケールレッスンをやる時に、
この完全五度の順番でやっていくと面白いことがわかりますよ。
というよりスケールレッスン教本はたいていこの順序ででてきます。

C-G-D-A-E-B-Gb-Db-Ab-Eb-Bb-F-C

左から右に進むと
進むごとに真ん中のGb、これはF#と同じ音ですが、
ここまで一つずつ♯が増えていきます。

右から左に進むとGbまで♭が一つずつ増えていきます。

面白いでしょう〜。
まさにパズルみたいですね。


ですからこの完全五度という音程は非常に音楽的に重要ということです。



ではそれ以上の幅はどうでしょうか。
白鍵6個分。
ドからラ。
これは半音9個ぶん進んだ幅で長六度。
ミから上のドだと半音8個進んだ幅で短六度。


さらに白鍵7個分。
ドからシの幅。
これは半音11個分進みます。
レから上のドの幅は半音10個進みます。
ですから、
ドからシの幅は長七度。
レから上のドの幅は短七度。



ついでに白鍵8個分の幅は、
ドから上のド。
レから上のレ。
つまり完全八度といい、よく言うところの
1オクターブ上ってことです。



お疲れさまでした。
数え方を覚える必要はないですが、
コードの構成音を理解する時に
この音の幅の意味を知っておくことは
大変重要です。


コードの度数表記など度という言葉もいっぱい出てきます。
アドリブ教本などを見ると何度の音をつかってどうこう・・・
とかよく書いてありますよね。

まぁ少しずつご理解できればいいと思います。
面白くなかったですね。
ごめんなさい。


次はトーナリティ(調性)についてお話する予定ですv
初心者のための音楽理論 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちはo(^-^)o

バスの待ち時間に読みました、がー、そんな斜め読みでは全然理解できませんでしたー(T_T)

また改めて気合い入れ直して読み直します!
おがたまりこ | 2015/06/24 4:59 PM
この記事を書いていた頃の僕はほぼ受け売り状態ですので理解できないまま記事にしてたかもしれません(苦笑)
なんせ6年も前の記事ですからね〜。
今は理解できていると思いたいですけど・・・。
理屈は普遍ですからゆっくり理解していけるとよいかと思います(^^
頑張ってください!
マン | 2015/06/25 12:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sax.mansensei.com/trackback/1093483
この記事に対するトラックバック