アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初心者のための音楽理論2-音階(スケール)とは? | main | 難しめキーのWAVEをアルトサックスで吹きました >>

Fly Me to The Moonをアルトサックスでアドリブ

皆既日食にちなんで?

Fly Me To The Moon
セッションをよくされる方なら
きっと飽き飽きになってるかもしれない定番ソングです。

私を月に連れてって(で、いいんですかね?)


とっても美しいテーマ&比較的アドリブしやすいコード進行で、
アドリブチャレンジも含めて初心者におすすめの曲です。

4拍子でも3拍子でも演奏されます。
今回はカラオケに合わせて4拍子で吹きました。

4度進行と呼ばれる進行ですが、
説明すると長くなるし、うまくいえるかわかんないので省略。
いずれ音楽理論講座に書くとしましょう。

サークル・オブ・フィフス(五度圏)に乗って
コードが進みます。


アルトサックスだとキーはAメジャーになりますが、
アドリブのほとんどもAメジャーだけでとりあえず何とかなります。
それだけ吹いていれば大きく音を外すこともないので、
思った通りになんとなく吹いてみることから始めるといいんではないでしょうか?


アドリブ入門にもピッタリです。
が、ワンパターンになりやすいので慣れてきたら
いろんなスケールを試してみてね。

って僕は適当に吹いているので大きなこと言えないんですけど・・・。


サックスを初めてすぐからアドリブをやり始めましたが、
当時は音楽理論どころか譜面もろくに読めませんので、
本当のテキトーでした。

きっと多くの人に迷惑をかけてたんだろうなぁ(苦笑)
でもみんな酔っぱらいだったから。


最近カラオケでばっかり遊んでるのでストレスが溜まってきました。
また飲み屋でいいから吹きたいなぁ〜。
田舎住まいなので、なかなか繁華街まででないんですよね。


関西あたりの皆さんは楽しそうだな〜。


えーっと話が随分それましたが、
フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン。

チャレンジする方はまずAメジャースケールを練習するといいですね。
ラから始まってド、ファ、ソ,に♯がつきます。

初心者の方には左手小指のソ#が難しいかもしれませんね。
でもこれが使えないのは右手の小指が使えないより致命傷なので、
しっかりと練習してみてください。
と、またエラそーなこと言っておりますが、
僕もときどきツルンと滑ることがあります。
相当ヘボイです(笑)。


曲はジャンルがボサノバですから、
あんまり跳ねなくていいんですけど、
独特のリズムなのでシンコペーションなどをしっかりと意識しましょう。
まぁまだ吹きやすい方です。
イパネマの娘の方が相当難しいです。


僕苦手なんですけど、
ド#(解放)って難しいですよね?
僕だけかな〜。
ピッチが安定しない。
ロングトーンが足りんだけか。


今日はリードをバンドーレンJAVA赤箱にしてみました。
ちょっと音色が明る過ぎる気がしますが、
下は厚めの低音がいい具合に響いて、
馴染んできたらなかなかいい感じです。
しばらく放っておいたんですけど。


充分ダークな感じがします。
僕の中では。
AIZEN MBとも悪くない。

ボサノバにはちょっと音が立ちすぎるかな〜。
でもイージーリスニングには仕上げたくないです。
しっかりと「俺の演奏聴いてくれっ!」って自己主張しないとね。


ではボチボチ曲いってみましょう。

Fly Me To The Moonをアルトサックスでアドリブ

↑クリックで聴けます。

Aメジャースケールやって下さいね〜。
サックス演奏音源お披露目 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

さすがに 言うだけあって やることは やる !!! ・・・って 感じですね(^^)
自分には まだ 吹くのが 精一杯なので 頑張って 見習いたいと思っております。少しづつでも実行します。
あきはーど | 2009/07/27 9:55 AM
いつも褒めていただいてありがとうございます!
自分のスタンスで音楽が楽しめれば、それが一番ですよね。アンサンブル発表会頑張ってくださいね。
僕は人と合わせて吹いた経験がほとんどないので、どんなものかわかりませんが、みんなの音がうまくハーモニーになって一体化した時はさぞかし気持ちいいんでしょうね〜。
僕は今後はせめてテーマ(その曲のメインメロディー)くらいは転ばず、できるだけ丁寧に吹くように心がけます。
マン | 2009/07/27 8:11 PM
コメントする