アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コンテストのI Got Rhythmをボチボチ仕上げないとね | main | デイブガーデラのサックス用レザーストラップの問題点 >>

初心者のための音楽理論4-調性(長調と短調)

今回は調性(トーナリティー)ということばと、
長調と短調の違いについてのはなしです。


調性と多くの方はお分かりかとは思いますが、
よく「この曲のキーはCメジャー」とか「Aマイナー」などと
言っている「キー」にあたる言葉です。

あとは少しコードに触れないとうまく説明できませんので、
メジャーコードとマイナーコードの二つのコードがでてきます。
それもあわせての話です。
まず調性の言い表し方ですが、
日本語では、「ハニホヘトイロハ」を使います。
英語では「CDEFGAB」というわけです。

ハ長調=Cメジャー
イ短調=Aマイナー

となります。

聞いたことありますよね〜。


例えばCメジャーならばCはドですから、
基本となるスケールはドから始まるドレミファソラシドになります。
Cメジャーの曲(ハ長調)ならば、
とりあえずドレミファソラシドだけ使えば曲ができる、
ということです。

アドリブでもドレミファソラシドだけでなんとかなる、
かもしれないということです。

まぁ例外の方が多いので大変なんですけどね・・・。




さて、コード(和音)とは2つ以上の音が重なったハーモニーのことですが、
一般的に3つ、もしくは4つの和音が最も多く使われます。

その中でも特に3つの和音が多いのですが、その中で、
そのキーの一番最初の音、
つまりCメジャーキーならド、
Gメジャーキーならソ、
などの音から始まって、
そのメジャースケールの3番目の音、5番目の音、
つまりキーがCメジャーであれば(ド・ミ・ソ)=C(コード名)
このコードがこのキーにおける一番の重要となります。

いわばCメジャーをCメジャーたらしめているコードがC(ドミソ)となります。
どれも表記がCなので、ごちゃごちゃですみません。

そしてこの場合の
ドの音をルートと呼び、C(コード)のことをトニックと呼びます。


この言葉は非常に重要なので頭の片隅においておいてね。

これを基本としてコードが動きながら曲の雰囲気ができあがるのが、
ハ長調=Cキーということになります。

もう一個例を言うならば、
GメジャーキーならばG(コード名:ソ・シ・レ)がトニックで、ソがルート音と言います。




では次に短調(マイナー)とはなんでしょうね。

悲しい感じのメロディー?

なんだか切なくなる感じ?

その通りです。
日本人が大好きな(演歌も含むっ!)ねっ。




ではもう少し音楽的にAマイナー(イ短調)を使って説明します。


短調=マイナーキーの場合は、
スケールのルートから3番目の音がメジャーより半音下がります。
これが基本です。

前回の講座で説明した音程(インターバル)でいうと、
長調の場合3番目の音が長3度、
短調の場合3番目の音が短3度、
ということです。


Aメジャーにおける3番目の音はではド♯でしたから、
Aマイナーにおいてはド♯が半音下がってドということです。
マイナーでも1番目、3番目、5番目の音が基本になります。
ルートはAつまりラです。


ですから、トニックコードはAm(これでAマイナーと読みます)
というコードで表し、中身はラ・ド・ミとなります。


スケールについては実はマイナースケールは3種類ほど種類があります。
7番目の音をどうするかによっていくつかできるんです。

どれも切ない感じですが、
基本的なマイナースケールを
メジャースケールの時のように音程を書くと、
全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音
がマイナースケールの基本です。



ですからAマイナースケールの音程の幅に合わせてみてみますと、
ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ

となります。

つまり♯も♭もないんですね。
ということは五線譜に♯も♭も書いてなかったら、
即Cメジャーキーかというと、
Aマイナーの可能性もあるということなんですね。


ですが、一般的によく使われるマイナーのスケールが、
ハーモニック・マイナー・スケールと呼ばれるもので、
スケールの場合は7番目の音が半音上がりますので、
Aマイナーですと、ソだけ♯が付くこともあります。

ですから吹いてみたメロディーの感じや、
そういった細かい音使いからキーを判断することになります。


まぁ今は細かいことはいいんですけど、
要するに調性とはその曲で使う音とコードの方向性を指し示す、
基本骨格みたいな感じですかね。

この調からどんな骨を組むか、
どんな身を付けるか、
この辺りを考えて曲が作られているのです。


転調という言葉がありますが、
これはつまり曲の途中で調性が変わることをいいます。

また戻ってくることもあるし、
そのままのこともあります。

ふ〜、わかりました?
説明するのってやっぱ難しいですね。
頑張って書きますので、
ついてきてくださいね〜!
初心者のための音楽理論 | permalink | comments(6) | -

この記事に対するコメント

初心者向けの音楽理論 ありがとうございます。一生懸命 理解しようと読んでますが、なんか試験勉強みたいな感じでなかなか頭に収まりません。これから何回も読んで自分で譜面に書いてみて 頭に残るようにしたいです。
それにしても いつも ありがとうございます。
あきはーど | 2009/08/10 8:32 AM
いつも読んでいただいてありがとうございます!
たぶんもっと進んでコードの話になった時にわかってくるかもしれません。なんとも基礎の基礎なので逆に説明もかえって難しくしているのかもしれませんね。ごめんなさい。頑張ります!
マン | 2009/08/11 1:13 PM
本日、初めて見せていただきました。
初心者向けの音楽理論 始め色々と参考になる部分が多く、これからしっかりと拝読、勉強させていただきます。
神戸の口笛吹きで、ジャズウイッスラーを目指そうと勉強し始めた所です。
音楽基礎の無い、未経験者ですので今後色々と参考にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
すーじー | 2009/08/17 8:44 PM
すーじーさん、はじめまして!
参考にしてもらえるなんて光栄です。
口笛、僕も大好きで、いつも車ではスキャットか口笛でアドリブを歌いまくってますよ。ぜひビッグになってくださいね〜。これからもよろしくお願いします!
マン | 2009/08/17 9:25 PM
初めまして、アルトサックスでアドリブを吹くべく、こちらのブログで音楽理論を勉強させてもらってます。

ひとつ疑問なのですが、『マイナースケールをメジャースケールの時のように音程で書くと』って所なんですが、最後の半音がどうしてもわかりません。最後の音がラになるには全音でないとソ#になってしまします。
かさじん | 2013/08/24 5:29 PM
かじさん、ご指摘ありがとうございました!
確かに間違っておりました。
本文訂正しています。
7番目は全音です。
全半全全半全全のインターバルです。
これがナチュラルマイナーと呼ばれるものです。

ハーモニックマイナーは7番目が#しますので、こちらは7番目が半音になります。
そのぶん6番目の音は全+半になります。
その6番目も#した音階がメロディックマイナーです。
ジャズではけっこうこのメロディックマイナーがよく使われますよ。

すみませんでした〜(^^;
マン | 2013/08/25 11:49 AM
コメントする