アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 背伸びしないアドリブと背伸びしたいアドリブ | main | Left Aloneを久しぶりにアルトで吹いてみました >>

初心者のための音楽理論5-コードの種類1(トライアド)

これまでちょっと詳しく掘り下げて
ドレミファソラシドの基本を説明してきましたけど、
きっと難しいんでしょうね〜。
僕なんかもっと難しく考えすぎて混乱してました。
すぐあきらめるんですよ。
でも緑川先生の教本とかジャズマスターシリーズとかに書いてある
プチ理論とかをぼけーっと繰り返し見て、
なんとなく音にしてみたりしてるうちに少しずつ
専門用語に慣れてくるんです。

ですが、ぼくもまだまだ理論に関してはヒヨコですから、
皆さんと一緒に勉強したいと思います。

今回はいよいよコードの中身をちょっと覗いてみましょう。
第1回の時にコードとはメロディーの方向性を導く響き、
みたいな説明をしたと思います。

コード進行にはある程度理論的な決まりがあって、
それにおおよそ沿って組み立てられています。
ですが、その前にいろんな種類のコードについてみてみましょう。


そのなかで今回はトライアドと呼ばれる3和音について話します。
構成音が3つからなるコードのことです。

コードにおいて使われる音は
それに対応するスケールにおける1,3,5番目の音で出来上がってます。


まず代表的なコードが
C,C#(=Db),D,D#(=Eb),E,F,F#(=Gb),G,G#(=Ab),A,A#(=Bb),B
です。

カッコで書いてあるものは異名同音といって、
内容はすべて同じ音ですが、#を使って表すか、bを使うかの違いです。
いちおう知ってると思いますけど、
♯は半音上げる、
♭は半音下げるですよ。


メジャーコードと呼ばれます。
どれもスタートする音(ルート:前回参照)は違いますが、
同じ音の幅の跳躍でできた3和音です。

この講座でもしばしば出てきているCはド・ミ・ソからできています。
ドとミの間は長3度、
ミとソの間は短5度。

この幅をスタートする音から適応すると
どこにでも同じ響き方をするメジャーコードが出来上がります。
明るい響きです。

Gとコードだとルートはソですよね。
えーそこから長3度上がるとシですね。
さらにそこから短3度上がるとレでした!
つまりGの中身はソ・シ・レです。

メジャースケールの1番目の音、つまりルートと
第3音、第5音をいっしょにジャーンとならすと、
Gというコードの響きが得られるというわけです。



では次はCm,C#m,Dm,Em,Fm・・・
これはマイナーコードと呼ばれます。
CmならCマイナーと呼びます。
C-とマイナスで書かれることもあります。

これはマイナースケールの1、3,5番目の音なので、
Cmだとド・ミ♭・ソとなります。
ドとミ♭の間は短3度。
ミ♭とその間は長3度。
さっきのメジャーコードの反対ですね。


これもどこからスタートしようが、
この音の幅を平行移動するだけで、
同じ響きかたのコードが得られます。
ちょっと悲しい感じの響きです。


とにかくこの2種類のコード、
メジャーコードとマイナーコードは、
コードの基本中の基本であり、
その曲その曲の調性を表すくらい重要です。


ほかにも3つの音で出来るコードには
オーギュメント・コードと呼ばれる、
ルートと第3音の間も第3音と第5音の間も長3度とったコードです。
Caugとか表記されます。
ド・ミ・ソ♯
となります。
あんまり見ません。
上級者向けでしょうかね?


それとディミニッシュ・コードと呼ばれる、
ルートと第3音の間も第3音と第5音の間も短3度とったコードです。
Cdimとか表記されます。
ド・ミ♭・ソ♭
となります。
これはボサノバに多く見られます。
アントニオ・カルロス・ジョビンが大好きな(?)コード。

ちなみにこのコードに対するディミニッシュスケールは
ルートから半音・全音を交互に繰り返し幅をとっていくと出来上がります。


これらがどういう働きをもって進行するかは今後お話しするとして、
今回はこんなコードがこんなやってできてる!
ってのがわかっていただければいいかと思います。


ほんで、たとえばFってコードを見た時に、
3つの音は何かをすぐに調べずに
頭の中に鍵盤を思い浮かべて、

「え〜っとFだから〜最初はファでしょ?
次は長3度ってことは半音5個幅進むから、
鍵盤をとなりに4つ移動して・・・
ラだなっ!
さらに短3度移動だから半音4個幅分、
つまり半音3つ進んで・・・
ドだねっ!
つまりファ・ラ・ドがFだね!」

と考える習慣をやってるとよく出てくるモノから順に
いつの間にか覚えてきます。
まぁ僕はあんまり覚えてないですけど(苦笑)。



読み方についてですが、
ルートは日本語では根音と呼びます。
逆に第3音は3rd(サード)、
第5音は5th(フィフス)、
と呼びます。


次は4つの音で出来るコードについてお話する予定です。
短3度とかがわからなかった人は
えーっと第2回と第3回を復習してみてくださいね。
音の幅の話。


結局、調(キー)が異なってもコードやスケールなどは、
決まった音の幅の平行移動だということが理解できるといいですよ。
初心者のための音楽理論 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする