アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初心者のための音楽理論5-コードの種類1(トライアド) | main | Round Midnightをカッコよく吹けるよう練習中 >>

Left Aloneを久しぶりにアルトで吹いてみました

アルトサックスを吹いたなら一度は吹きたい名曲ですね。
レフト・アローン(Left Alone)。
ビリーホリディの追悼みたいな曲ですが、
この哀愁ただよう感じはいかにも日本人好みといえます。


冒頭1オクターブの跳躍がありますが、
あとは特に難しいところはありません。
♯も2個ですから自然な吹き味と言ったところでしょうか(笑)。


でも難しいですよね、バラードって。
特に感情込めすぎると演歌みたいになるし、
淡々としすぎてもちょっと。
いかに切なさを歌うかが大事になってきます。
今回はアドリブはなしです。
アルトサックスレパートリーって本のボリューム3に
ついてるカラオケをバックに吹いてみました。
いつの間にかうちにあった本です。


この手の本はあんまり使えませんが、
とりあえずカラオケがあれば便利。
中の譜面はほとんど見たことがありません(苦笑)


レフト・アローンといえばジャッキーマクリーンですね。
まさに見本。
淡々と切なさを歌い上げています。


上手に聞かせるには何が必要でしょうかね〜。

一本調子で吹くとほんとつまらない演奏になりますので、
それなりの抑揚が必要ですかね。
音の強弱のことです。

大きくわけるとチャーチャーチャーーーと始まるAメロと、
チャーチャチャラーーーチャラチャー盛り上がるBメロに分かれます。

たぶんBメロは大きく吹いていいんだと思います。
盛り上がり場ですから。

でもAメロはメリハリが必要になってくるかな〜と思います。
大きく始まってやや押える・・・の繰り返し。

慣れてきたら少しずつタイミングをずらしたり、
おかずを入れてみたり・・・。



あとはビブラードも大事になってきますね。
伸ばす音がけっこう多く出てきますので、
多少なりとも意図的なビブラードがないと寂しいですね。
打ち込みのサックスの音みたいな音にならないようにしましょう。


ビブラートはタンギングよりも簡単ですが、
適当にかけてはいけませんよ。
キチンと自分の中で4分音符なのか8分音符なのか1拍3連なのかとか
ちゃんと意識して揺らしましょう。

あんまりビブラートの振幅が大きいとくどくなることもあるので、
自然にかける方をいっぱい練習しましょう。




とまあ相変わらずでかいことを申しておりますが、
半分自分に言い聞かせておりますのであしからず(笑)。


さて今回はちょこっとエフェクトをかけています。

TascamのハンディーレコーダDR-1くんにはいろんな機能がありまして、
オーバーダビングといって再生するカラオケにかぶせて録音できます。
さらにその録音にエフェクトをかけることが出来ます。

バランスの調整が後からで来ませんので、
モニターでしっかりとバランス調整をしないといい録音になりませんが、
臨場感のある録音が出来ます。


なんだかエフェクトをかけると感度を上げないと
音がちいちゃくなるみたいです。
まぁちょっと録音バランスはよくないかもしれません。
ちょっとサックスの音が遠いです。
おかげで粗がバレにくい(苦笑)?


かけたエフェクトはスタジオリバーブを軽めに。
だってなんかかけたくなるんだもん。


まぁちょっと吹いてみただけなので、
記録というほどのもんでもないし、
というわけです。

じゃっかん転んでるところもありますが、
久しぶりの演奏で、かつ一回しか吹いてないと言い訳しておきましょう(笑)


おかずもほとんど入れてません。

ちなみに楽器はいつものアルト、セルマーSA80serie2
(これしか持ってませんから)
リードは死にかけのバンドーレンV16
(なけなしの1枚:じゃっかん先が欠けてる・・・もぅダメね・・・)
マウスピースはAIZEN MBモデル。
(基本的にこればっかりです)


自宅特設スタジオにてダイエットがてら・・・
(単純に閉め切った畳の部屋でエアコンオフ:灼熱地獄)



レフト・アローンは切なくなってるかな〜の演奏
サックス演奏音源お披露目 | permalink | comments(6) | -

この記事に対するコメント

びっくりしました!とてもかけたリードで吹いてるとは思えませんでした。
暇サックス | 2009/08/24 4:41 PM
びっくりしていただいて、うれしいです!
うちの近所にはバンドーレンv16は箱もバラも売ってませんので、通販しかないんですよ〜。とほほ〜お気に入りのリードだったのにぃ・・・、って感じです。通販で買うしかないかぁ〜。
マン | 2009/08/24 5:04 PM
いい、お手本にさせて貰います。2013年2月の発表会にやろうと思ってます。オヤジではなかなか練習が進まず、かと言ってかっこよく吹きたいし・・ちょっと運指が早くなる(この曲で?!)ところが心配ですがこれからがんばります。pcmレコーダーも参考になりました。ありがとうございます。
go3go34 | 2012/11/23 6:08 PM
go3go34さん、こんにちは!
この記事自体が3年も前なのでかなり恥ずかしいのですが、
とにかくこの曲は無茶せずリズムをゆったり3連を感じながら焦らず吹かれたら良いかと思います。
このころはまだビブラートかけてましたが、現在は基本ストレートトーンでバラードも吹いています。
ガンバッテくださいね!
マン | 2012/11/24 11:23 AM
1発での録音とのことで感動です!
自分はサックスを覚えようとしている超初心者です。
どうしてもレフトアローンが吹けるようになりたくて始めようとしています。
いつかマンさんのように吹けるようになりたいと思いました。
初心者へのコツ?のようなものがあればご指南くださると嬉しいです^^;
OSC | 2013/09/27 12:12 AM
OSCさん、はじめまして!
実はこの録音今から4年前なんです。
久しぶりに聴いたらやっぱり自分ではちょっと・・・。
自分にダメ出しの意味も込めてコツをひとつ言わせてもらうとすれば、やたらビブラートかけすぎない方がいいということでしょうか。

このころの僕の演奏は(って今もたいしたことないのですが)アンブシュアもきつめで音が硬いのと、息が安定してなくてビブラートがなんだか音のよれをごまかしてるように聴こえます。

ビブラートは必要最低限でストレートトーンを基本に素直に演奏した方が好感が持てる演奏になるかと思います。音の立ち上がりがふにゃっとならないように気をつけて吹くといいかなと思います。

あとはジャッキー・マクリーンの名演を聴きまくって、真似まくるといいかと思います!

ガンバッテください!
マン | 2013/09/27 10:26 PM
コメントする