アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< iPod Touch32GとAmazing Slow Downer買いました | main | 理論と実践のジャズアルトサックス教本買ってみました >>

初心者のための音楽理論7-ダイアトニックコード

初心者による初心者のための音楽理論講座として始めて
もう第7回目です。

まだまだ全然入り口ですが、
あまり急ぐと僕自身がついて行けなくなりそうです。

これまでコードの種類までお話ししましたけど、
今回はコードとトーナリティー(調性)の関係を見てみましょう。


いよいよ譜面がないと文字だけでは説明が厳しいかもしれませんが、
なんとか想像で(笑)ついてきてくださいね。
コードにはそれぞれそのキーにおいて、
おおよその役割が決まってくるって話をしたかなぁ〜と思いますが、
しましたっけ?


調性のところで言いませんでしたかね?

同じC7でもキーが違うと役割が違うんですね。
それが今回のお話に繋がります。


コードを度数で見ていくために
例としてCメジャースケールでコードを作っていきます。
ルートから順に1度ずつルートをあげていって
Cメジャースケールの音だけで4和音を作ります。


まずはルートをドからドミソシ
レからレファラド
ミからミソシレ
ファからファラドミ
ソからソシレファ
ラからラドミソ
シからシレファラ


ごめんね〜譜面がなくて。

譜面は手書きしかやんないもんだから・・・。


これらはどれもルートの音から1,3,5,7番目の音で作ったコードです。
音はすべてCメジャースケールの音ですね。
つまりドレミファソラシのどれかです。

ですが、ドからスタートしたドミソシと
レからスタートしたレファラドは同じ種類のコードではないですよね?


なんでだかわかります?
それぞれの音の幅が違いますよね?

ドから始まるドミソシは
ド(長3度)ミ(短3度)ソ(長3度)シ
レから始まるレファラドは
レ(短3度)ファ(長3度)ラ(短3度)ド
ですね。

わからない人は鍵盤を見て間を確認してください。


この場合ドから始まるドミソシというコードは
CM7(Cメジャーゼブンス)です。

レから始まるレファラドというコードは
Dm7(Dマイナーセブンス)です。


ここでCメジャーキーのルートであるドからスタートするコード、
つまりCM7をIM7(ローマ数字の1)と表します。

するとレから始まるDm7はIIm7と表します。
2番目の音から始まるということをローマ字数字で表すわけです。


ということは次、ミから始まるミソシレは
実はこれもEm7でして、Dm7と同じマイナーセブンスですが、
このキー(Cメジャー)では度数で表すとIIIm7となります。


同じマイナーセブンスですが、度数がIIとIIIで違うので、
何か意味が違うんだろうな〜と想像できたらいいんじゃないでしょうか。



順次見ていきますと、
ファから始まるファラドミはFM7(Fメジャーセブンス)です。
度数ではIV M7と表します。
見にくくてごめんね。


ソから始まるソシレファは
ソ(長3度)シ(短3度)レ(短3度)ファ
ですからこれはセブンスですね。
G7(Gセブンス)。

これがわからない人は前回の講座を読んでくださいね〜。

G7はCメジャーの5番目の音ですから
V7と表します。


ラから始まるラドミソはこれまたAm7です。
VIm7と表記します。


シから始まるシレファラは
シ(短3度)レ(短3度)ファ(長3度)ラ
これは今までと違いますね。

Bm7(b5)です。
VIIm7(b5)と表します。



どうでしょう?
コードで作ったドレミファソラシですが、
それぞれ異なった種類のコードになりましたね。


これらのコードはそのキーのスケール上の音のみで構成されています。
このメジャーやマイナーのいわゆるスケールのことを
ダイアトニックとも言いますので、
これらのコードのことをダイアトニックコードと呼びます。


もちろんコードはこれだけではないですね。
ダイアトニックスケール以外の音が含まれるものもあります。

これらはダイアトニックコードに対して、
ノン・ダイアトニックコードと呼びます。



先ほど度数(ローマ数字)で表記しましたが、
ダイアトニックコードは実はどのキーであろうが、
2番目の音の4和音はIIm7、つまりマイナーセブンスです。
5番目の音の4和音ならV7、つまりセブンスです。



ですからCメジャーの曲があったとして、
Dm7とかG7とかでてきたら、
「ああっ!IIm7とV7だっ!」
と気がつくようになることが大事になってきます。



すこし理論をかじったくらいの人ならわかるかなぁ?
よく耳にするツーファイブ。

このツーはIIm7(ちなみにマイナーキーではIIm7(b5)です)、
ファイブはV7のことなんですね〜。

ちょっと近づいてきた感じじゃないですかぁ〜?



今後、少しずつコードの機能を見ていくこととしましょう。
今回はこれにておしまい!
初心者のための音楽理論 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする