アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Stella By Starlightをとりあえず吹きました(適当アドリブ) | main | サキソフォビアがっ! >>

初心者のための音楽理論8-コードの機能の基本

前回ダイアトニックコードについてお話ししました。
今回はその続きみたいなもんです。
読んでない人はまずそちらから読んでくださいね。


I〜VIIまで見たわけですけど、
それらが何の意味を持っているのかを少し覗いてみます。

キーワードはトニック、ドミナント、サブドミナントの3つの役割です。

やっと理論らしくなってきましたね〜。
とーっても大事なお話です。
これが理解できないとこれから先は進めませんので、
頑張りましょう!
ダイアトニックコードを大きく機能でわけると
先ほどのキーワードにあるトニック、ドミナント、サブドミナントに
分けられます。


トニックとはそのキーの代表選手みたいなもんです。
一番安定した響きがします。

CメジャーキーならばC、
I M7などのことです。
「など」というのは、
ほかにもあるということですが、それはあとで。


それに対してドミナントとは、
そのキーにおいて一番不安定な響きを持つコードです。
緊張感を持つと言ったらいいでしょうか。
CメジャーだとG7、
つまりV7などのことです。


そしてサブ・ドミナントとはその中間?
つなぎ役みたいなコードです。
ハーモニーのうねり始めみたいな感じですかね。
CメジャーだとFM7(Fメジャーセブンス)、
つまりIV M7などです。



これらの機能を持ったコードがドラマを作って
コード進行が出来上がっています。


基本的な流れだと
トニック〜サブドミナント〜ドミナント〜トニック
という流れが一番よく見るパターンです。

Cメジャーキーでみると
CM7-FM7-G7-CM7
ギターやった人は弾いたことあるでしょ?


そして、このコード進行において
G7からCM7へ戻るところ。
ここがとってもキモとなります。


一番不安定なコードから一番安定感のあるコードへ進む。
ドミナントからトニックへ移る。
緊張感が安心感に変わる。

まぁいろいろ言えますが、
この時がまさにその曲のキー(調性=トーナリティー)を
感じている瞬間です。

そのキーがそのキーたる所以は
V7からIに戻ることで現されます。
このことをドミナントの解決といいます。



さてさて今ダイアトニックコードのうち3個は役割の話が出ましたね。
では残りのコード
IIm7,IIIm7,VI M7,VIIm7(b5)
は何にあたるでしょう。

実はこれらもトニックやドミナントなどになるんですけど、
ポイントは構成音になります。

Cメジャーで見てみますと、
IIm7はDm7ですね。
構成音はレファラドです。

このうちファラドはよく見るとIV M7であるFM7と
・FM7はファラドミですからね。

ですからIIm7はIV M7と同様、
サブ・ドミナントとしての機能をもっています。


このようにして見ていくと、
トニックであるCM7(ドミソシ)と似てるのは?

ミソシレであるEm7、
つまりIIIm7。
それからラドミソであるAm7、
つまりVIm7。
これらは4和音のうち3つの音が一致しています。

ですからIIIm7とVIm7はトニックになりうると言えます。



残ったのはBm7(b5)つまりVIIm7(b5)ですが、
Bm7(b5)はシレファラ。
これはG7のソシレファと3つ同じ。
つまりドミナントとして機能します。



まとめると
トニックはIM7,IIIm7,VIm7
サブ・ドミナントはIIm7,IV M7
ドミナントはV7,VIIm7(b5)
となります。


ですからさっきの例のコード進行
CM7-FM7-G7-CM7が
Am7-Dm7-G7-CM7となったりしても
調性はCメジャーとなりうるんですね。
わかります。
トニックやサブドミナント同士を入れ替えただけです。

こうやって様々なコード進行が作られるんですね。


この4和音のうち3つが同じだから同じように機能するという考えは
代理コード(ときどき見かけませんか?)にも当てはまりますので、
大事です。



ですからその曲のコード進行を理解しようと思ったら、
大事なことはまずコード進行の中において、
ダイアトニックコードを見つけることです。

実は多くの曲はダイアトニックコードだけで出来ているわけではありません。
ですが、ダイアトニックコードを見つけて、
トニックやドミナントの構造を大まかに見ることで、
その曲の構成がよくわかるようになります。


またダイアトニックコードとそれ以外のコードの時と区別することで、
使用するスケールが変わってきたりしますので、
コード感のあるアドリブをやるのにも理解していた方がいいみたいです。


とまぁ大きなことを言いましたが、
僕も今これをやっとこさ、やり始めたくらいです。
頭ではわかっても実際にはなかなかはかどらないものです。
地味にコードを眺めて分析するクセを付けていくしかないですね。


頑張ろ〜!

初心者のための音楽理論 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする