アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初心者のための音楽理論9-ツーファイブと5度圏 | main | サキソフォビアと渡辺貞夫さんのライブ行きますっ! >>

終われなかったコンファメーション演奏です

最近ちょこちょこせっせと練習中です。
コンファメーション。

せっかくジャッキーマクリーンの耳コピ譜面にしたのに
全然やってないなぁ・・・。


それよりもコードトーンやらスケールやら・・・。


どっちが大事ってどっちもなんですが、
早く自分で自由自在に吹きまくりたいので、
ついつい理論ベースでやっちゃいます。
その前にテーマキチンと吹けるのかって話もありますけどね〜。
テーマはホント難しいです。

とりあえずマル覚えでもしないと
譜面見ながら吹いてる場合じゃないです。

吹けるようになってもリズムに乗って
スイング感が出せるかも難しい。
とっても吹きがいのあるテーマの一つだと思います。
あとはドナ・リーもですね。


だいたいバップはテンポが速い上にコードが細かいので、
忙し過ぎです(汗)。

パラパラとパーカーみたいに吹こうと思ったら、
何練習すればいいんだろうね。
やっぱスケールでしょうかね。


でもコードに縛られるとなんだかワンパターンになりやすいです。

この中であんなにいろんなアドリブを展開できるんだから、
やっぱジャズジャイアンツの方々はすごいですよ。


いろんなスケールを知ってるだけでなく、
使いこなすためにはフレーズも知らないといけないし、
なんて大変な学問でしょうね、ジャズって。

行き詰まってモード演奏に行ってしまったり、
フリージャズに行ってしまったりするのも必然の流れだったんでしょうね。



まぁ最初からジャズジャイアンツみたいに吹ける方がおかしいわけで、
ワンパターンになろうとも少しずつその曲を自分のモノにしていきたいですね。



速い曲はとにかくゆっくりから始めて、
徐々に速くしていくようにしましょう。

最初は半分の半分くらい遅くてよいです。
この曲はとにかくスケールも目まぐるしく変わるので、
キーはアルトでとっても吹きやすいDメジャー(#2個)ですが、
さらに♭、ナチュラル、また♯と臨時記号がどっさりつきます。


掲載されている譜面によって、
じゃっかんメロディーが違ったり、
巨匠の演奏も独自のものになっていたりもしますが、
だいたい同じなら大丈夫だと思います。

テーマもアドリブみたいですもんね。


よくテーマがカッコよすぎるのでアドリブが決まらないとかも
書いてありますが、そりゃそうだ!
でもめげずにチャレンジしましょう。

サックス始めて間もない人もぜひ早くからテーマは
練習しておきましょう。
3年後には吹けるようになるかもしれません(笑)

僕は3年なるけどまだコケます・・・。


アドリブはやっぱり適当ではいけないみたいです。
適当にやった期間はほとんど身になってません。
ここ最近コードとスケールをきちんと見て、
練習しだしてからなんとなく全体の中での細かい変化が
わかるようになってきました。

この曲の理論的な話はいずれしようかな〜と思ってます。



で、演奏なんですけど、
一週間も下痢が続いていて体調が非常に悪いんです。
一日家にいましたので、
ここらでいっちょ録音してみようと思うところがおかしいですよね。
普通安静でしょう〜(笑)



カラオケの展開が何コーラスかわかんなくて、
適当に吹いてたらテーマに戻る前に終わってしまいました・・・。
途中でネタが尽きた感がありますが、
よろしかったら聴いてみてください。


また一年後とかに録音して
うまくなってるといいですね。


終われなかったコンファメーション

クリックで再生します。
サックス演奏音源お披露目 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする