アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Jazz Unit Moonの親子ふれあいコンサート行ってきました | main | 銀のフルートを入手しました >>

Daily Warm-up Exercises for Saxophoneやっと買った


これです。

以前スケール練習の話の時にも紹介したことがあるんですが、
実はいつか買おうと思ってタイミングを外してしまい、
今回やっとこさ入手しました。

著者はなんとジャッキー・マクリーン!
今円高だから800円ちょっとで買えるのも魅力です。
内容はほんとにシンプルです。


単純な上下ではない
Major Scale
Harmonic Minor Scale

分散和音として
Major Chord
Minor Chord
Augmented Chord
Diminished Chord

最後にこれらをぶっ続けにやる長ーいやつ


ひとつのエチュードの中に12キーがでてくるのですが、
上昇と下降でキーが変わるので意外と難しいです。




多分運指や読譜に慣れていない人は相当気合いが必要ですが、
ゆーっくりから始めて数年かけても高速ですらすらと
吹ければ(暗記しつつ)
どんなキーの曲でもいくら転調されようが、
じゃんじゃん行けそうな気がします。


ひととおり全部吹いたら50分くらいかかりました。
まずはなれるためにメトロノームなしでしましたが、
次回からは必ず使うようにしようと思います。


あくまでウォーミングアップエクササイズなので、
これだけで終わったら寂しいですが、
なんとかスムーズに吹けるようになって
本当にウォーミングアップにしたい。


例えば2時間練習するとしたら、
10分くらいロングトーンやって〜、
60分これでスケールやって〜、
残りを曲の練習に当てるとか・・・。


今まで使っていたスケールレッスンは
すごくよかったのですが、
ジャジーではなかった。


今回のはメジャー、マイナーの分散和音から、
オーギュメント(4つの音が長3度幅)、
ディミニッシュ(4つの音が短3度幅)まで
やりながら覚えられます。

ただしコードが書かれているわけではないので、
今何を吹いているかは自分で理解しないといけないみたいですが、
まず形だけで覚えても全然、力になると思います。


冒頭にロングトーンのメニューも少しあるんですが、
簡単そうでクレッシェンドなどの記号に従ってやると
ものすごく難しいです。



その昔、僕は曲のキーがAならAスケールだけ
できりゃいいと思っていました。


単純に思いますよね〜。
ですが、じっくりコード進行と向き合うと、
非常に細かくツーファイブによって転調していると考えられるようになって、
やっぱすべてのキーでやっとかないと話にならん!
と、ようやく気がつきました。


アルトサックスにおいて、
AbとかDbとか滅多にそんなキーの曲ないかもしれませんが、
曲の中に一部出てきたりするんですね。


女性ボーカルに合わせて移調されるととんでもないキーになることもありますので、
これからさらにしっかりとスケール練習をこなして行こうと思います。


スケール系の教本をお持ちでない方は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。
ジャズサックスおすすめ教本 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

はじめまして。サックス歴4年のpockeと申します。
この記事を読んでこの教本を購入したのですが、メトロノームを付けるとテンポ60(♪=120)くらいでしかできていません。
マンさんは普段どれくらいのテンポでやっているのでしょうか。参考にしたいので教えてもらえますか?
pocke | 2012/03/30 5:56 PM
pockeさん、はじめまして!

僕はテンポ100ちょいだと思いますが、完璧じゃないですよ。最近は暗記する方に力入れてるので、メトロノーム使ってない事が多いです(汗)。

クラシックのすごい人たちはきっと猛烈なスピードで吹けると思います。僕は速く吹ける事よりも覚える事の方がジャズでは大事かなと思ってます。負け惜しみみたいですね、ハハハ。

もちろん速くて正確に吹くテクニックはあるに越した事はないですけど。

60でも指がもつれなければ、それでいいと思います。
1年2年と根気づよく続けていく事でなんとなく体にしみ込んできますので、自然と指が動くようになります。


今吹いてる分散がFメジャー〜Eメジャー〜Ebメジャー〜・・・と流れている事を意識しながら吹いていくことでアドリブなどへの応用力が増してくると思います。


augmentedは音程がすべて全音ですから、ホールトーンと思うと理解しやすいですかね。あとはメジャーマイナーディミニッシュですからそのまま応用できますし、この基本が解ってるとb9がb5が何かが調べなくても解るようになってきますので、いろんなコードへの対応力もついてくるんじゃないかなぁ。僕もまだまだ全然ですけど。


地味ですが2年ちょっと使った今、すごくこれを始めてから大きく変わった事が理解できました。


ぜひ頑張って続けてください!
マン | 2012/03/31 12:50 AM
なるほど!
今はまだ譜面を追ってしまっているような感じですが、指に馴染ませるように地道に続けていきたいと思います。
継続して使われている方が効果があったと言ってくれるのは何よりモチベーションアップに繋がりますね。ありがとうございます。
pocke | 2012/04/01 5:46 PM
ちょっと最近サボり気味だったので、
久しぶり吹いてみましたが、
やっぱり継続って大事ですね〜。

メジャー、マイナーは120くらい。
オーギュメントとディミニッシュの分散は未だ微妙です。
パーフェクトでは決してないので、全然威張れません(笑)

ジャズをされるのであればアーティキュレーションもしっかりと意識した方がいいですよ。
基本ウーダウーダとダの前にタンギングを入れます。
頑張ってちゃんとデイリーウォームアップとして使えるところまで行きましょう!(30分以内で終了できるように)
マン | 2012/04/01 6:12 PM
コメントする