アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< But Beautiful?なんだかBut Dartyなんだか? | main | タダセイ(多田誠司さん)熊本ライブのお知らせ >>

There Will Never Be Another Youのコードを分析

今回はけっこう演奏する頻度が多いこの曲の
コード進行をじっくりと眺めておさらいしてみようと思います。
話はアルトサックス向けのキー(Cメジャーです)で進めます。
ちょっと難しいところもあるかもしれませんが、
理論講座の10までが理解できている人なら大丈夫と思います。


略してアナザユーなどと呼ばれるこの曲です。
There Will Never Be Another You
明るい感じの曲ですが、
ラブソングとしてはギリギリくらいの内容の曲です。

ミディアムテンポから、そこそこ速く演奏されることもあります。
ところどころ転調があるので、
そこを押さえておかないと適当にアドリブしてると
「???」になってしまうところがいくつかあります。
まずはAメロ。
| CM7 | CM7 | Bm7(b5) | E7b9 |
| Am7 | Am7 | Gm7 | C7 |

こんな感じです。

さーてどー考えようかな〜?
まずはダイアトニックコードとそれ以外を見つけてみましょう。

キーがCですから簡単ですね(ニヤニヤ)

CM7 Dm7 Em7 F7 G7 Am7 Bm7(b5)

ですね〜。
わからなかった人はぜひ理論講座を読んでくださいね〜。

ノンダイアトニック・コードはE7b9,Gm7,C7の3つです。
ですからここのコードの部分ではCメジャー以外の音が入ったりします。

次はツーファイブを探してみましょう。

まずはBm7(b5)-E7b9ですね。
Amのツーファイブです。
ですからここはAmへの転調とも考えられます。
ただCメジャーの裏側がAmですから調号は変わりませんね。
♯も♭も付きません。

実際Am7に進んでますからそれでいいんですけど、
ここでさっきノンダイアトニック・コードを探したとき、
E7b9がそれに当たりました。


なのでここだけはちょっと違う音が入った方が
おそらく雰囲気が出るんでしょうね〜。
と考えます。


E7b9の構成音を見てみましょう。
ミ、ソ♯、シ、レ、ファ
ですね。

つまりソ♯だけがここではCメジャースケールから外れた音になります。
この部分ではこの音をうまく取り入れると雰囲気が出ます。


では他にツーファイブは?
Gm7-C7もそうですね。
これはFへ進むツーファイブです。
実際Bメロの頭はFM7へ進んでいます。


Gm7もC7もノンダイアトニック・コードなので、
ここはFに転調したと考えた方がやりやすいかな。
Fメジャーですから、♭が一個シに付きます。


Gm7:ソ、シ♭、レ、ファ
C7 :ド、ミ,ソ、シ♭
FM7:ファ、ラ、ド、ミ

シ♭を上手に使うとそれだけでちょっと雰囲気でます。



ではBメロに行ってみましょう。
| FM7 | Bb7#11 | CM7 | Am7 |
| D7 | D7 | Dm7 | G7 |

先ほどのようにノンダイアトニック・コードを見つけてみましょう。
FM7とBb7#11ですね。

FM7はさっき見ましたね。
Bb7#11はシ♭、レ、ファ、ラ♭、ミ
このコードは僕の知識ではよくわかりません。
ただFM7と構成音がラ♭以外はほぼ一緒なので、
同じような働きなのかなと思います。

で、そこからCM7に進んでいますので、
ここでまた元のCメジャーに戻っています。
FメジャーとCメジャーもシが♭するかしないかなので、
いきなり転調しても自然な感じで変わっていきますね。


そこからはCM7からAm7ですけど、
Am7はVIm7ですからトニックの働き、
つまりCM7と同じような役割ですね。
わかんない人は理論講座読みましょうね〜。


でもこの後がD7に進んでます。
D7の役割がよくわからないのでまずは構成音。
D7:レ、ファ♯、ラ、ド
ファ♯はCメジャー以外の音ですが、
なんでここにD7が出てきたのかがわかんない。

D7をドミナント7thコードと考えると
Am7-D7ってツーファイブ進行に直して
ここはGメジャーかぁ。
わかります?

セブンスコードってドミナントとしての役割が多いので、
D7をV7と考えました。
するとIIm7はAm7、
I M7はGM7となりますので、
D7をAm7-D7にリハーモナイズしてみたということです。

Gメジャーはファ1個♯しますので、
さっきはシだけ♭するFメジャーへの転調でしたけど、
ここはファだけ♯するGメジャーへ転調したと考えればいいのかなぁ。


そのあとすぐDm7-G7へ進みます。
これは定番Cメジャーのツーファイブなので、
Cメジャーへ戻りました。



大まかに見るとこんな感じですね。
実際にはこのあとAメロにもどって
Bメロの変形(Cメロ)に進むんですけど、
そこは省略します。
ツーファイブがいっぱいあるのでご自身で覗いてみてください。


アナザーユーを簡単にまとめると、
Fメジャーに転調してるところはシをシ♭に、
Gメジャーのところはファをファ♯にすると
そのコードにあった音がなりやすいということですね。
のこりはCメジャースケールでいけそうだと。

もちろんコードは変わっていきますので、
単純にCメジャースケールでくくったりするよりは、
そこにコードの構成音をキチンと絡めるというか、
コードのルート、3度、5度の音などを
しっかりと意識してフレージングした方がコード感が出ます。
まず最初のとっかかりと考えてくださいね。



実際はノンダイアトニック・コードによる
ツーファイブ進行ではそのキーのスケールをそのまま使うよりも
セブンス(V7)コードにちょっと変化したスケールを当てはめて方が、
よりその曲のその部分の雰囲気が出しやすくなったりします。
とーっても奥が深いんですね。


セブンスのところをそのキーのスケールで吹くと
自然とミクソリディアンスケールというスケールになります。
が、ここをハーモニックマイナー・パーフェクト・5th・ビロウや
オルタードスケール、コンビネーション・オブ・ディミニッシュなど
いろんなスケールを駆使してアドリブしていくというのが、
本当の醍醐味です。


僕もはやくその域まで行き着きたいですけど、
まだまだ遥か遠い彼方です。


スケールについては理論講座でいずれお話しします。
僕も一緒に勉強したいと思います(笑)。


この曲だとAメロのE7b9とC7、
BメロのBb7#11やD7でいろいろ遊べるようになると
よりジャズっぽい音使いが出来ますね。
セブンスコードをどう遊ぶかが結局アドリブの一番キモなのかもしれません。


アナザーユー、ぜひ押さえてくださいね。
僕もしっかりと勉強して追求したいと思います。
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

ありがとうございました。
勉強になりました。

次は「misty」のコード分析よろしくお願いします。マンさんのおすすめで「the real book」購入しましたが、それに載ってました。
くりくり | 2010/01/15 10:30 PM
くりくりさん、こんばんは!
僕の説明わかります?
わかりにくい表現とかありましたら教えてくださいね〜。以後参考にします。

The Real Bookはいいですよ〜。
ただ曲によっては日本でメジャーなキーではないものもありますので注意してくださいね。気がついた限りでは、枯れ葉とWAVEは日本でのジャムセッションのキーと違います。

Mistyですね。
僕もこの曲結局中途半端にしか押さえてなかったので、時間見つけて記事にしますね。しばらくケアマネの実習とかあって時間が厳しいので気長に待っててください。
マン | 2010/01/15 11:02 PM
コメントする