アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大きなストレスからの解放! | main | そろそろジャムセッションに出かけようか >>

Satin Doll(サテンドール)のコード進行とアドリブ考

定番がゆえに逆に今まであんまりやってませんでした、
サテンドール。

テーマが幸せ過ぎるからかな〜。

高嶺の花の彼女(サテンドール)を狙うんだけど、
なかなか振り向いてもらえないよ〜って曲です。
ただこの曲の主人公はイパネマの娘の主人公ほどヘタレではないようです。


とてもシンプルなコード進行で
アドリブの練習にはぴったりな曲だと思います。
めっちゃ転調しますけど(苦笑)。
簡単ではないのかも?


ツーファイブの集まりみたいな曲です。
アルトサックスのキーでお話ししますので、
キーは一般的なAメジャーで進めます。
解説はあくまで僕自身に解説してると思って読んでくださいね。
つまり知ったかぶりで書いてるけど、
それほど本人も理解していないということです(爆)


サテンドールの構成ですが、
AABA
です。

シンプル。


じゃあさっそくAメロから行ってみます。

| Bm7 E7 | Bm7 E7 | C#m7 F#7 | C#m7 F#7 |
| F#m7 B7 | Fm7 Bb7 |1. AM7 Bm7 | C#m7 F#7 |
|2. AM7 | AM7 |


こんな感じです。

コード進行を見て見ぬ振りしている人には
何がなんだかなのかもしれませんが、
僕もずーっと見て見ぬ振りをしてきた人なので、
そこちょっと勉強した程度です(^^);
頭ではわかっても実戦に反映されてないタイプです。



キーはAメジャーなので
Bm7-E7がダイアトニックコードのツーファイブですね。
わからない人は右のカテゴリから理論講座を読んでみてください。
説明下手ですけど〜。


C#m7-F#7はBメジャーのツーファイブ
F#m7-B7はEメジャーのツーファイブ
Fm7-Bb7はEbメジャーのツーファイブ
これらはすべてノンダイアトニックコードのツーファイブ。

一回目のAメロは|1. |を、2回目のAメロは|2. |を通ります。


さーてどう吹きましょうかね〜。


前半4小節は特に転調感が強いメロディーですよね。
雰囲気が明らかに変わってますよね〜。
じっさいにキーが1度上がってます。


なのでここはとりあえず普通に1,2小節はAメジャー、
3,4小節はBメジャーで行っちゃっていいのかな?

細かく言うとBドリアン〜Eミクソリディアン、
C#ドリアン〜F#ミクソリディアン。
つまり明らかにアドリブでも転調しましたっ!

って雰囲気でしょうか。

同じフレーズを移調して吹いてもいいかもしれません。
テーマもそうですし。


で、つぎもどうですかね。
EメジャーからEbメジャーと半音移動してるので、
同じフレーズを半音移調して吹いたらダメですか?


アドリブのワンコーラス目くらいはいいかもしれません。

でもジャズっぽく変化を付けるなら、
やっぱりノンダイアトニックのツーファイブは
いろんなスケールを使いこなしたいっ!


でも例えばオルタードスケールでフレージングしましょうと
言われても慣れないもんだから自分では全然使えない・・・。



そんなときこそツーファイブジャズラインの出番ですかね。



これからオルタードやコンデミのフレーズを引っ張ってきて
当てはめていくとなんだか掴めそうな気がする〜。


スケールについてはまだミクソリディアンとドリアンくらいしか
理論講座でお話ししてないので、
オルタードやらコンデミやら言われてもなんのことだか
わかんない方も多いと思います。

簡単に言うとジャズっぽいダークなフレーズが出来るスケールです。
ミクソリディアンは講座でも話していますが、
V7で使うとそのルート(I)の調性を感じさせるフレーズになります。
なのでジャズにはちょーっとさわやかなのであります。


が、所詮僕はまだその辺をうろちょろしてます(苦笑)。




話がずれてしまいましたが、
Aメロの冒頭Bm7-E7はこの曲のキーAメジャーのツーファイブなので
素直に吹くとして、
それ以外のツーファイブ進行はいろんなスケールにチャレンジできそうです。


C#m7-F#7はF#ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ、
F#m7-B7はBホールトーン、
Fm7-Bb7はBbオルタード、
てな具合に自分で決めてそれを目標にフレーズの練習をしていけば、
上手になるのかな〜。


なんかやっぱりいろんなスケールを使ったフレーズを
実際に曲に乗せて使ってみるもがいいみたいです。


なんだか説明になってないですが、
次Bメロ〜。
こっちはゆーったりと時が流れる感じです。

| Em7 A7 | Em7 A7 | DM7 | DM7 |
| Bm7 E7 | Bm7 E7 | E7 Bm7 | E7 |

最初の4小節はDメジャーですね。
そのあとはAメジャーに戻ってます。
ダイアトニックコードですね。
7〜8小節も頭(Aメロ)のツーファイブに戻るための
ドミナントセブンスとしてのE7です。


BメロもDメジャーからAメジャーへ転調感が
けっこうあるメロディーなので、
アドリブもそのままでいいのかもしれません。

慣れたらいろんなスケールのフレーズを使ってみたいですね〜。

とくに最後のE7はオルタードスケールとかで
かっこよく頭に繋ぎたいなぁ。




サテンドールでかなりいっぱいツーファイブ進行が出てきます。
いろんな曲に登場するキーばっかりです。
練習するにはもってこいですね〜
(お前が言うなっ!て感じですが)


一曲で何粒もおいしい。



いろんな曲が吹けるようになりたいと思いつつ、
あっちつかずこっちつかずしてたら
いっこうにアドリブが成長してませんでした(笑)。


一曲を題材にしてじっくりとアドリブ研究に取り組んでみるのも
いいのかもしれません。


ぼちぼち頑張りましょう!
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

こんばんは、
お久しぶりです。
ここのとこ 少し 忙しくて ブログ 見てませんでした。
ところで 私のブログは 引っ越ししましたので、よかったら リンク先のURLを変更してくださるように お願いします。
元あきはーどです | 2010/03/07 10:36 PM
あきはーどさん、改めまいはーどさん、こんにちは!
ちゃんとチェックはしてましたので新URLも登録してたんですけど、リンク変更してませんでしたね。さっそく変更いたしました。今後もよろしくお願いします!
マン | 2010/03/08 12:46 AM
コメントする