アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 酔ing(Swing)セッション行ってきました | main | がんばってサテンドールを口説き落とす >>

サテンドール(Satin Dol)の勉強の続き

ちょっと前にコード進行を研究してみたんですが、
なんだか自分でちっとも体にも頭にも入っておらず、
先日のセッションではアドリブがさっぱりハマりませんでした。


おさらいもかねて今夜は1時間ちょいミッチリ、
サテンドールのみ練習。

といってもテーマのメロディーじゃないですよ。
アドリブです。
で、実践と理論をちゃんと読んで
再理解から始めました。



やっぱりこれでは
ダイアトニックコードのツーファイブでは
ドリアン〜ミクソリディアンが準備されていますが、
それ以外のツーファイブは
セブンスにミクソリディアン以外のスケールが準備されています。



やっぱそうなんだ〜。


まず昼休みから準備していた手書きの
コード分散フレーズを使って吹いてみました。

ところがどっこい全然ハマってなくて気持ち悪い。
僕はいったい何を書いたんだろう・・・。


やっぱり頭でわかってることと実際やってわかることは違う!



で、居ても立ってもいられなくなり、
吹いたという訳なんですが、
実際に感覚的に吹いてわかったのが、
AメロのC#m7-F#7のところ。
自然とF#7でBbを使ってました。


これを見比べてみるとH.M.P5thビロウとかに含まれてます。
この音が入った方がとても曲に馴染むような気がしました。

Aメロ後半4小節の
B7 - Bb7 - AM7

ここはしっかりとスケールを練習。
教本に設定してあるリディアン7thをBとBbで。
ここってBb7のところってテーマのメロディー自体が
オルタードスケールっぽいなぁと思ってたら
そんなことが教本にも書いてありました。
へ〜ナルホド。


Bメロは普通にDメジャーで行ってもいいみたいです。
ソがナチュラルです。


なんだか自分だけで考えるとよくわかんないので、
いろいろスケールで悩んだ後は
アドリブ例を練習しながらどんな音がどんな風に使われているかを
研究してみました。


へ〜ナルホド。


少しずつ掴んできたぞぉ。


基本的なコードの流れが
しみ込んできました。
コード進行も少し覚えられたみたいです。
書くのはいいですね。


しばらくこの曲をメインで勉強の教材にしようと思います。
いろんなスケールのフレーズにも挑戦して、
行こうかなぁと思います。
忙しくてなかなか進まんけど。


しばらくAメジャーの曲ばっかりやれば
その辺りに出てくるコードは入ってくるかな〜。
なかなか覚えられない年になってしまいましたので、
反復と積み重ねしかないな〜。


この曲は先日のセッションの最後の曲だったのですが、
手前の曲でリズムで怒られた後だったので、
めっちゃベースを聴きました。


そしたら今日一番よかった!
一番スイングしてたって褒められました。
次はアドリブももっとグイッと行こうと思います。
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする