アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひまわり〜愛のテーマを一年ぶりに吹いてみました | main | Lovin Youを録音して今の音色を振り返ってみました >>

The JAZZ道のなぜかフルート編を買ってみました

前から気になっていた教本がありまして、
「THE JAZZ道」池田篤著
というのですが、
これのフルート版が今年になって発売されてました。
なんと監修・演奏は岡淳さん!




アドリブの扉ということでこちらはまさに入門編ですが、
フルートの僕のレベルならちょうど良さそうだし、
一からアドリブの基礎を学び直そうと思い買ってみました。
ついでに岡先生のフルートをお手本にしたかったので。
内容は確かにかなり初心者向けですが、
はっきりいって僕はこれがキチンと出来ていません。
頭ではわかっていても体には伝わってないんですね。


確実にジャズを基礎から叩き直しです。
そういう意味でとても内容は新鮮でした。
きっとわかりやすいと思います。


ここから地道にやってくしかないなと。
現在自身でも課題としてやっているコードトーン。
それにつづくいろんなスケール。


これらを少しずつ確実に習得していくための
まさにアドリブの扉です。
解説は最小限ですけど、わかりやすいです。



これをクリアすると次にはアドリブの極意という教本も出てます。
まだこれのフルート版は出てないみたいですけど、
テナー、アルトサックス向けはすでに出ています。


どの楽器使おうが理屈は同じなので、
今回初めてフルート用に教本を買いました。
奏法などフルートの教本はまったく持ってなかったんですけどね〜。



この前久しぶりに自分のアドリブを録音して思いました。
あーやっぱ僕はまだアドリブの入り口にも立ててないのかもって。
座学よりもやっぱ実践かな〜。
どっちもかなぁ〜。



よく考えてみたら僕は中学高校と英語はオール5でした。
が、ほっとんど英会話は出来ません。

それといっしょですね!



もちろん文法も大事ですけど、
言葉としてもしゃべる訓練、ボキャブラリがないと
けっきょく実際にまともに会話できないわけです。

アドリブも同じだね〜。


まぁ練習してないわけではないんですが、
体にナカナカ入っていかないんですね。
コツを得てないのかな〜。



などなど、いろいろと壁にぶち当たるわけですが、
それもひっくるめて音楽は楽し〜ですね。



耳コピなどもやりつつ、
基礎力も持ち上げたいと思います。



ちなみに収録されている曲目は
C Jam Blues
Satin Doll
The Man I Love
Someday My Plince Will Come
Bye Bye Blackbird
Now's The Time
Take The "A" Train
Perdido
Autumn Leaves
When I Fall In Love


多分あると,テナー、フルートどれも曲目は一緒です。
アドリブのフレーズは違うかもしれません。
当然記載されているコードは異なりますが、
演奏すれば同じキーです(^^)




ちなみに7月に熊本に岡淳先生来られます。
なんと2デイズ!
どっちも行こうかと悩んでます。
ジャズサックスおすすめ教本 | permalink | comments(3) | -

この記事に対するコメント

おはようございます。
いい本があるんですね^^
私もテナーの同じ本をほしいです。
探してみます。
あきはーど | 2010/05/26 8:39 AM
さっそく アマゾンで見つけました。
注文しました^^
有難うございました^^
あきはーど | 2010/05/26 8:45 AM
あきはーどさん、こんにちは!
さすが、めちゃ行動早いですね。
僕は一週間悩みましたよ(笑)
さっそくお昼休みから頑張ります。
マン | 2010/05/26 8:56 AM
コメントする