アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 引っ張りだしたヤナギサワメタルでDOXY試し吹き | main | Love For Saleを分析〜っ >>

酒とバラの日々(Days Of Wine & Roses)を分析〜っ

いやーしばらくバラはないですけど酒な日々が続きまして・・・。
音楽脳を再起動するために楽曲のコード進行を座学しました。

曲は”酒とバラの日々”
The Days Of Wine And Rosesです。
しゃれたタイトルの割にテーマ曲となった映画は
酒に溺れてドツボにハマっていく暗い話ということで有名です。
メロディーも幸せそうなメロディーなんですけどね。
ちなみに映画はヒットしなかったそうです。


元々完全な歌ものなのでコード進行は
いかにもジャズ、というわけではないので
歌心が試される(?)曲なのかもしれませんね〜。
お話はアルトサックスでのキーを利用しますので、
一般的なDメジャーで進めます。
テナーの方はGメジャー、ピアノ等はFメジャーです。

とりあえずDメジャーキーのダイアトニックコードを
見てみましょ〜。

D(I),Em7(IIm7),F#m7(IIIm7),G7(IV7),A7(V7),Bm7(VIm7),Cm7b5(VIIm7b5)

でございますね。

わかりますか?
分からない人はぜひ理論講座を読んでみてくださいね。


これらのコードは
コードトーン覚えてなくてもDメジャーさえ覚えていれば
できるコードということになります。



さて酒とバラの日々(以後略して酒バラ)ですが、
大きく2つに分けられます。
どちらも前半は同じコード進行ですが、
後半が異なります。
A,A'みたいな形ですかね。


後半のコード進行が
A〜A'に進むときはブリッジ的で
A’の後半はエンディングへと向かう雰囲気です。



ではではAメロ前半のコード進行を見てみましょう。


| D | C7 | B7 | B7 |
| Em7 | Em7 | C7 | C7 |

ここまではA'も同じ進行です。
曲でも分かりますよね。
一回出だしのメロディーに戻りますもんね。
正確には次の9小節目までコード進行は同じですが、
キリがいいのでまずはここまで。


出だしD(レファ♯ラ)なので吹きやすいかと思いきや
2小節目のC7、つぎのB7とノンダイアトニックコードです。
C7:ドミソシ♭
B7:シレ♯ファ♯ラ

Em7はIIm7(ミソシレ)です。

でも次はA7ではなくC7へ。
ツーファイブじゃないんですね〜。
この辺が歌モノって感じですね。




でAメロ後半。

| F#m7 | Bm7 | Em7 | F#7 |
| B7 | E7 | Em7 - F#m7 | G A7|

F#m7はIIIm7、Bm7はVIm7なので基本的にはDと同じ機能。
でしたっけ?
トニックの代理コードです。

次IIm7行って、その次がF#7からノンダイアトニックコードです。
ここからがちょっと動きがあるところです。
かっこいいフレーズの乗せ場なのかもしれませんね〜。

F#7:ファ♯ラ♯ド♯ミ
B7:シレ♯ファ♯ラ
E7:ミソ♯シレ

おおーっ。
いい具合にDメジャー以外の音が出てきます。
なんとか切り抜けるとダイアトニックコードに戻ってきます。
Em7-F#m7-G-A7は
よくみるとルートが一度ずつ上昇してます。
ですがおおざっぱに見ると
Em7-A7ですよね〜。
やっとここでDメジャーのツーファイブが出てきました。
そうしてテーマの頭のメロディーに戻るんです。


ここからA'メロ。
前半は先ほどのAメロと同じです。
後半を見てみます。


| F#m7 | Bm7 | G#m7(b5) | C#7 |
| F#m7- Bm7 | Em7 - A7 | D | Em7 - A7|

最初の2小節はいいとして、
その次!
| G#m7(b5) | C#7 |
さー何でしょう?

○m7(b5)ってマイナーキーのツーファイブの(II)に当たることが多いでしょ?
よくみるとここはF#mのツーファイブになってます。
G#m7(b5):ソ♯シレファ♯
C#7:ド♯ミ♯(ファ)ソ♯シ

そして実際F#m7に解決しています。
F#m7:ファ♯ラド♯ミ

そのあとすぐBm7でダイアトニックコードに戻ってきます。
で、最後にDのツーファイブ| Em7 - A7|がきて終わり〜。
というかAメロに戻りまーす。



ツーファイブはわずかに数カ所。
種類は2種類のキーのみ。

うーん、歌心ですね〜。

こてこてに壊してしまうより、
メロディーをうまくフェイクしてアドリブを組み立てていく方が
ひとまずはよさそうな感じですね。


ほんとノドかな雰囲気で良い曲なんですけどね。
結婚式とかでは映画の内容を考えると
吹きにくいですね〜(ウフフ)
誰も知らんとは思いますけど。


酒は飲んでも飲まれるな〜。
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(5) | -

この記事に対するコメント


この映画は私も一度DVDを借りて来てみた事がありますがなかなか凄まじい内容ですね!
アルコール依存というのは恐ろしいものです…(><)

冒頭二つ目のC7はサブドミナントマイナーと考えれば良いので、コードとしてはGm, スケール的にはCリディアン7th又はGナチュラルマイナーでOKのようです。

ポピュラーな割には結構難しい曲ですね!(><)
ビオラブーケ | 2010/09/07 9:37 PM
まちがえました!
GナチュラルマイナーではなくGメロディックマイナーでした!(^^;
ビオラブーケ | 2010/09/08 6:53 AM
僕はまだ見てないんですが、そんなに壮絶なんですねー。

C7はつまりGmに転調してるって考えるってことでいいんですね。すごいなー。なかなか気がつかないんですよね、まだまだ。まして演奏中に活かすのにまた時間かかっちゃう・・・。スケールわかってもかっこいいフレーズ出て来ないとか・・・。悩みは尽きないです〜。

これからもいろいろと教えてください!
マン | 2010/09/08 1:53 PM
Gmはダイアトニックコードではありませんが、一時的なサブドミナントマイナーですので転調と考える事はないと思います。2段目にももう一度出て来ますね。
独特の美しい流れが特徴ですね!(^^)
2小節目から平行短調のEmに転調していると考える事もできなくはないかもですけど…
ビオラブーケ | 2010/09/08 10:47 PM
僕の考え過ぎでしたかね〜(*^^*)
もう一回コードセオリー勉強しなおさないと。
最近はなかなかサックスも吹く時間が取れなくてモンモンとしてま〜す( ; ; )
マン | 2010/09/09 7:43 AM
コメントする