アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ライブまであと2週間となりました | main | 降っても晴れても(Come Rain Or Come Shine)を分析っ >>

ジャズはアドリブあってのジャズ

ヘタクソなりのジャズについてちょっと語ります。
あくまで僕の個人的な意見です。

世の中にはいろんなジャンルの音楽がありますが、
その中においてジャズはちょっと変わってます。

それはきまった譜面がないことです。
(もちろんビッグバンドなど例外はありますけど)


その代わりに与えられた曲の簡単なメロディーとコード進行のみ存在します。
それを元にミュージシャンがその場で音楽を作り上げていくのが
一番の特徴だと思います。
キメなど多少は打ち合わせしてあったとしても。

あくまで即興(アドリブ)がジャズです。
そう思います。

ジャズを学ぶのに教本の模範演奏を練習することは
ボキャブラリーの習得や音楽理論の習得などに非常に役に立ちます。
これは僕ももちろんやってることです。
なかなかその通りに吹くのも難しいもんです(笑)。


で、しっかりと練習して吹けるようになりました。
でも人前でそれをそのまま吹いたら・・・。
しかもアドリブ譜見ながら吹いたら・・・。




僕はそれはジャズとはちょっと違うと思います。
ジャズ音楽を演奏しているということではあっても、
ジャズをやってることにはならない。

そう思うわけです。



もちろんいきなり何も知識なしでアドリブしろと言われてもそりゃ難しい話。
模範演奏通り(譜面通り)吹くことを否定しているわけでは全くありません。
だって譜面通りに吹ければ、
かっこいいフレーズが吹けるんですもの〜。
譜面通りやるのが楽に決まってるわけです。



自分で実際にアドリブをやるとなると、
本当はコードやその進行の知識、スケールの知識、
それらを元にしたジャズのボキャブラリ、
リズムなどいろんな要素が必要になりますから。


これまでに集積されてきた巨匠たちのフレーズの寄せ集めと考えれば
アドリブと言っても所詮模倣なのかもしれませんけど、
それらをそのときその時で自在に繰り出せれば
それだけでも充分すごいですよね〜。


要は練習したフレーズを自分の血肉に変えられれば
コピーすることはとても重要な練習となると思います。




ちょこちょこ自分のヘタクソなアドリブ演奏を
このブログでもご紹介してるのですが、
多大にいろんな模範演奏や巨匠の演奏に影響されつつも、
まったくすべてをコピーして吹くことはないです。
前もってフレーズを組み立てることもやってません(イメージはしますケド)。
コードを一応眺めながら吹きます(でも実際半分以上も分かってないケド)。


だからヘタクソなのです!
でも別に開き直ってるワケではなくて
これから先、うまく吹けるように練習してるわけです。
まだまだ道の途中なワケです。



あとで自分で聴くとフレーズはよかったけど、
アーティキュレーションが気に入らないとか、
この音がこの音ならよかったとか、
いろいろ気がついてきます。

で、それを修正していったりするうちに
だんだんうまくなるのかな〜とか思います。



慣れてくればコードを代理コードに置き換えて
(頭の中で想定して)フレーズを組み立てたり、
ここはブルーノートスケールでいこうとか、
ハイレベルなことに挑戦したりできますし、
逆に慣れないうちはその曲のキーのスケールだけでアドリブを押し通したり
ペンタトニックスケールで押し通したり、
コードトーンだけで押し通したり、
いろいろなアドリブのカタチがあると思います。


うまい人なり、まだうまくいかない人なり。
アドリブあってのジャズだと思います。



結局何が言いたいかというと
ジャズをやるのであれば、
自分の音を出してみましょうということです。


それはそれはヘナチョコなフレーズでも
ヘンチクリンなフレーズでも出したもんが勝ち。
吹いたもん勝ちだと思います。
それがジャズだと思います。
文句言われてもごめんなさいですけど。


やってみれば難しいですよ。
上手な人ほど意外と失敗を恐れてうまく音が出せないかもしれません。
そんなもんです。


もちろん耳コピーなど
いっぱいやってジャズのフィーリングやフレーズを
自分に取り込むことはバンバンやらないといけないですが、
あくまでジャズやる時は自分の音を出してみるクセをつけてみましょう。
それがヘタクソなりのジャズだと思います。





あくまで僕なりの考えでジャズを小生意気に語ってみました。
他の人の考えや練習法を否定したりするものでは決してありません。
そんなことを言えるような立場ではありませんので〜。
あくまで僕の思いです。


最後に僕の考えの元になってる言葉をご紹介しますね。


なぞるベートーベンより、つたないアドリブ


これは僕がサックスを始めた頃の1998年にNHKで放送された
山下洋輔のジャズの掟という趣味悠々シリーズ番組の教本で
最後の座談会にて山下洋輔さんがおっしゃった言葉です。


ちょっと語ってみました〜。
まぁカタい話のつもりはないので気軽にスルーしてください。
楽しんだ者がちですね。
早く楽しめる領域に足を突っ込みたいっ!
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(6) | -

この記事に対するコメント

どんな音楽でもそうかも知れませんが積み重ねなんですよね〜
方向性は(スケールとかコード)は教えられても結局は自分ですもんね。。。

上手くないけどなんか、いいね♪なんて言われてみたい(w
ヴァーブ | 2010/09/15 9:33 PM
おはようございます!
下手だけど、時々いいフレーズだすんだよね〜
なんてピンポイントでもうれしいですよね。
ホント積み重ねが一番大切だと思います。
マン | 2010/09/16 7:30 AM
ご無沙汰しております!実はジャズ理論最近さぼってしまって。。。でも、この「なぞるベートーベンより、つたないアドリブ」に勇気付けられました!私は気持ちの悪いアドリブがまだまだですが、ほんの1フレーズでも自分が作った音で「気持ちがいい!カッコいい」と思えるものに出会えるとやっぱり、アドリブっていいな、と思いながらやっています。これからも、この掟を心に秘めてがんばります!
すーざん | 2010/09/19 3:26 AM
すーざんさん、こんにちは!
まぁ理論ばっかりやっても逆に息詰まっちゃうし、ボチボチで大丈夫ですよ。でもホント受け売りですけど「なぞるベートーベンより、つたないアドリブ」名言ですよね〜。

他にも「ジャズメンは真っ当が嫌い」とか「さまざまなジャズのルールを覚えるからこそ、破った時がまた楽しい」などたくさんの名言がありますよ〜。

ぜひがんばってくださいね〜!
マン | 2010/09/19 11:36 AM
はじめまして。
ジャズを今年の9月に始めたばかりの者です。
自分はバリサクですが、ビル・エバンズのピアノが好きです。
ジャズについて色々調べてたところ、マンさんのブログにたどり着きました^^

私は楽器自体も経験が浅く、音楽の知識も十分じゃないくせにジャズをはじめました。だって、かっこいいから!
私の周りは全てアメリカ人(一人は韓国人だけど)なのですが、目をぎゅっとつぶって
脳からメロディを搾り出すように吹く学生プレーヤーが多く、
わたしはメモなしでは恐くてなにもできず、
なにもないままやったら、みんなに変に思われるんじゃないかとか、
先生が「あなたが出した音で死ぬ人なんて誰もいないのよ」って言ってくれても勇気が出ませんでした。
頭でおもった音がそのまま出せればどんなにいいだろうって
ずっと考えていたんですけど、
マンさんのブログ読んで、下手でも経験が自分を前進させるのかなって思いました。
やったもん勝ち!で、良いんですよね!
元気が出ました。ありがとうございます!
micasso | 2010/09/29 3:16 PM
>micassoさん、はじめまして!
ようこそジャズの世界へ〜。
フロム・アメリカなんですね。
どうなんでしょ?
やっぱアメリカ人にとってのジャズって日本人のエンカみないな位置づけなんですかね?もうちょっとメジャーなのかな?

きっと小さいころからジャズを耳にする時間が日本人より圧倒的に多いから自然と頭にジャズっぽいフレーズがでてくるんでしょうね。まずはたくさん管楽器のジャズも聴いてみるといいですね。バリサクでソロ吹いたらかっこいいだろうね〜。


とにかく最初は深いことは考えずに音を出していって、徐々に音楽的な話とつなげていければいいと思います。楽しむことが大事ですよ。

音楽は世界共通言語みたいなもんですね(^^

困ったときは質問いつでもいいですよ〜。これからもよろしくお願いします!
マン | 2010/09/30 9:18 AM
コメントする