アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ジャズはアドリブあってのジャズ | main | 降っても晴れてもひたすら降っても晴れても >>

降っても晴れても(Come Rain Or Come Shine)を分析っ

勉学の秋第3弾!?
サックス吹けない時間がある日は座学〜♩
まぁせっかくジャズはアドリブが命だなんて豪語したわけですし。

今回の曲はCome Rain Or Come Shine。
邦題”降っても晴れても”

雨が降ろうが槍が降ろうがあなたが好きなことは変わらない
みたいな感じのラブソングなんですね〜。

ゆた〜っと吹いてもよいですし、
ミディアムテンポで軽快に吹いてもいい感じです。
テーマはしっかりとジャズのノリで吹かないと
ダルなイメージになっちゃうので意外とシンプルで難しいかもです。
コード進行を分析してみました〜。
とりあえず吹く前に歌詞を覚えて唄えるようになるという手もあるかな?
歌モノですから。

アイームゴナラビュー〜
ラーイクノーバディラブジュー〜
カムレーンオーカムシャーイン


プププ・・・

まぁやたら変なところで切ると
わた・しはあな・たをあ・いした・い〜
みたいになりますので。


さて構成ですが、
この曲も先日のLove For Saleと同様に
AA'といえばいいでしょうか。
前半はコード進行共通ですが(わずか4小節の話ですけど)、
後半がAとA'で異なります。
ABとしてもいいのかもですね。



例によってアルトサックス用に書きますので、
キーはDメジャーで進めます。
ピアノ等ではFメジャー、テナーではGメジャーです。
とてもよく出てくるキーですね〜。


まずAメロです。

| DM7 | C#m7(b5) - F#7b9 | Bm | Bm |
|Em7 | A7 | DM7 | Am7 - D7 |
| Gm7 | Dm7 | Gm7 - Fm7 | Em7 - A7 |
| G#m7(b5) - C#7b9 | F#m7(b5) - B7b9 | F#m7(b5) - B7b9 | Em7 - A7 |


うーん最後の方は入力するのも面倒なくらいごちゃごちゃしてます。
見にくくてすんません。

冒頭の| DM7 | C#m7(b5) - F#7b9 | Bm は
実はほぼコンファメーションと同様なんですね。
曲って面白いですね〜。


Dメジャーから| C#m7(b5) - F#7b9 |となってますが、
ここはBマイナーのツーファイブなので、
基本的にはDメジャーと同じスケールになります(♯が2個、ファとド)。
ですが、コンファメーションでも| C#m7(b5) - F#7b9|には
ラ♯の音を使ってBハーモニックマイナーでフレージングします。


その次はEm7 -A7ですからDメジャーのツーファイブですね。
この曲のキーどおりです。
8小節目からちょっと変わります。
Am7- D7はGメジャーのツーファイブ。
ということはドがナチュラルしますね。
ラドミソ - レファ♯ラド

9小節目はGメジャーではなくてGm7に進んでます。
Gm7:ソシ♭レファ
なのでGマイナーにまた転調してます。
♭2個(シとミ)
で、Dm7に進んでます。
こちらはDマイナーですから♭1個(シ)
Dm7:レファラド

ここら辺の進行はなんでかはわかりませんけど、
歌モノなので歌なりの進行とします(笑)。

Gm7 -Fm7も。
ソシ♭レファ - ファラ♭ドミ♭
そしてGメジャーのツーファイブです。


果たして解説になってるのやら〜?
いや解説ではもともとないので〜。



そしてAメロのヤマンバ!最後の4小節(13小節〜)。

| G#m7(b5) - C#7b9 |
はF#マイナーのツーファイブ
ソ♯シレファ♯ - ド♯ミ♯ソ♯シ

おーF#マイナーは♯3個(ファドラ)。
さらにミ♯を使ってF#ハーモニックマイナーでとりあえず吹けます。



続いて2回繰り返しの| F#m7(b5) - B7b9 |は
Eマイナーのツーファイブですね。
ここは♯一つ(ファ)とレ♯でEハーモニックマイナー。

そして最後にDメジャーのツーファイブで先へと進みます〜。


いろんなキーのツーファイブが出てきましたね。


つづいてA'(Bでもいいです)に進みます。


| DM7 | C#m7(b5) - F#7b9 | Bm | Bm |
| G#m7 | C#7 | F#7 | F#7 |
| B7 | B7 | E7 | C#m7(b5) F#7b9 |
| Bm G#m7(b5) | C#m7(b5) F#7b9 | Bm | Em7 A7 |


一行目の4小節はよいとして、
2行目からがAと異なります。




| G#m7 | C#7 |はF#のツーファイブですね。
ソ#シ#レ#ファ#
ド♯ミ♯ソ♯シ

ですがF#メジャーではなくF#7に進んでます。
セブンスの音がメジャーと異なりますね。
ファ#ラ#ド#ミ

この4小節はぐいっと転調しています。


つぎの4小節
| B7 | B7 | E7 | C#m7(b5) F#7b9 |
B7:シレ♯ファ♯ラ
E7:ミソ♯シレ

| C#m7(b5) F#7b9 |は次のBマイナーへ進むツーファイブです。
Bマイナーはさきほども言いましたけど、
Dメジャーの裏返しですね〜。



あとはもう一度Bマイナーのツーファイブの後
Dメジャーのツーファイブがきて頭に戻ります〜。



ふー



細かく見すぎると途中でなんだか
ごちゃごちゃなってコンガラガリそうですね。
ですけど、全体の大きな流れをツーファイブなどをポイントにして
覚えていって、そこにあったスケールやフレーズの練習をしたりすれば、
なんとなくですが、
その曲のアドリブのイメージが作りやすくなるような気がします。



せっかく涼しくなってきましたし、
多少なりとも勉学の秋、芸術の秋。
一歩ジャズを理論的に攻めてみましょう。

こういいつつ僕もぜんぜん覚えてないんですけどね〜(苦笑)
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

この曲は僕も大好きです!
3段目のGm7 - Dm7 - Gm7 - Dm7 の進行が特有ですね。(^^)
この箇所は主調Dの同主短調DmのIV - I - IV - I
と考えると良いのではと僕は思います。故にスケールは、
GドリアンーDエオリアンーGドリアンーDエオリアン
でシのみフラットで4小節OKですね。

次の4小節がごちゃごちゃしていて僕は大の苦手です…(^^;
一応ツーファイブの応酬なのですがややこしいのなんの…
もっとすっきりしたコード付けはないもんでしょうかね?
ビオラブーケ | 2010/09/18 4:19 PM
ビオラブーケさん、
またもや補足ありがとうです〜

今日はちょっと歌も入れつつ(汗)、フルートで(笑)しばらく練習してました。アルトでもこれから!やりますけどね。

ごちゃごちゃしたところは大きな流れてでとらえちゃうのも一つの手かもしれませんね〜(^^
マン | 2010/09/18 6:10 PM
こんな風に曲をアナライズしていただけると大変参考になります。。。
アドリブするにもとっかかりがないとなかなかやる気が出ないし・・・
ヴァーブ | 2010/09/18 10:26 PM
ヴァーブさん、
本当かどうかは定かではないので、すべてを信頼しない方がいいかもですよ〜(笑)。ははは。

とりあえずコード進行をお勉強するならば、ツーファイブの抽出からが手っ取り早いかな〜。その曲のキーのツーファイブ、それ以外のツーファイブ。ドミソとかをバラしてカラオケに合わせて分散和音を吹いてみる、などなど。


僕もまだまだ道の途中です。
マン | 2010/09/18 11:08 PM
コメントする