アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Everything Happens to Meを初めて録音しました | main | 自分のサックスの音のしっかりと作り直しています >>

島村楽器のシルフィードテナー3本吹き比べしました

別に島村楽器のまわしモンではないですけど、
島村楽器店オリジナルのサックスブランド、
シルフィードのテナーサックスを3本試奏させてもらったので、
参考に感想を書いてみようかと思います。





これはネックがゴールドラッカー。
吹いたのはこれの新品と中古、
それと中古のゴールドプレートの3本。
とりあえずコピペでこのサックスの概要ですが、


アンダースラングオクターブキィ採用により、よりスムーズな吹奏感を実現。
自然でストレートな響きが得られるシングルポストを採用。
自然で正確な操作性の実現を目指し、キィの形状・配列にこだわりました。

調子:B♭
管体:イエローブラス/ゴールドラッカー仕上げ
付属キィ:High F♯、フロントF
付属品:バックパックタイプケース、マウスピース、リガチャー、キャップ、リード、ストラップ、クロス、スワブ、コルクグリス


以上。



最近精度が上がった台湾製です。
なので値段は割とお手頃な(?)290000円くらい。
まぁ信じられないくらい安いモデルもありますから、
ちょっとそこそこ高いとも言えます。


狙いはずばりビンテージテイストらしいです。

ネックの下を通るアンダースラングオクターブキィも
適度な抵抗感を与えるのに貢献するそうです。



ちなみに用意されたマウスピースはセルマーだっけ?
コテコテの吹奏楽用のラバーでした。
バンドーレンJAVA緑の3番。


まずはゴールドプレートネックの中古から。
おおっ!
テナーだ(笑)


とてもモコっとしてますね。
間違いなくマウスピースのせいでしょうけど、
それでもテナーだ、わーい。


とてもピッチがいい感じで
精度がこの手の台湾製にしてはかなり高いようですね。
ゴールドプレートの適度な抵抗感があって吹きやすいです。



その後ゴールドラッカーの中古。
価格は198000円なり〜。


こちらは少しゴールドプレートよりも明るい成分が混ざってます。
びっくりしたのが、すごっく遠鳴りすることです。
部屋全体にポワッと音が広がってすごく鳴りがいいんです。
けっこう吹き込まれた個体なんでしょうか?


しばらく気分は岡淳先生のつもりで(爆)吹きまくりました。
えらく気に入ってしまった・・・。



最後に新品を吹いてみました。
同じゴールドラッカーです。
全然普通に吹きやすくていいですね。
でも中古の方が吹き込まれてるからかとにかくよく響きます。


どれも音の反応もよくて、
ブランドがあまり聞かないと言うこと以外は
すごくよく出来たモデルでした。


そこそこ満足してたら、
店員さんがシルフィード付属のマウスピースを持ってきてくれました。
これがそこそこ使えるっぽいんです。
雰囲気はセルマーとあまり変わらない感じで、
ふっくらしてていい音色が出ます。
吹く人がいいからかな〜笑



結局店員さん(アルトサックスのクラシックの先生です)と話も盛り上がり、
一時間近く遊ばせていただきました。
もちろんいっぱい営業されましたけど。
お仕事ですからね。


でも本気で欲しくなっちゃいました。
ウソじゃないです。



けどな〜。


いろいろ知っちゃうとやっぱりセルマーかな〜とか
考えちゃうと早々買い替えないモノは買えないかな〜とも思うわけで、
踏みとどまりました。



彫刻もビンテージテイストでなかなかカッコよかったんですけどね。
テナーかったらまたそれ用のe-SAXXやらマッピやら
揃えないといけないし、今はお金に余裕が全然ないから諦めました。


いろいろ吹いてみると面白いんですね〜。
まだまだ僕は世の中の楽器を知らなすぎる気がします。


皆が一斉にアメセルのマークVIがいいと言うわけですが、
吹いてみないとぜんぜん分かりませんよ。

ただプロの演奏を生で聴いたら確かにいい音色。
でも自分で吹いてみないと実感できないです。
どれくらい吹いたら気持ちいいんでしょうね〜。


なんでもそうですけど試奏って大事なんだな〜。


僕が今までで一番吹いて気持ちよかったのは
リファレンスの限定品ファイアーバードですかね〜。
70万円なり〜。


とりあえず僕はこれからもおそらくずっとアルトのセリエIIで頑張ります。
でもテナーも欲しいな〜。
サックス及び音楽関連グッズ | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

いよいよテナーデビューかと思ったのにぃ〜

なかなか置いてる所少ないですけど機会があったらキャノンボールも吹いてみて下さい。
ウチの師匠曰くヴィンテージっぽい音してるとのことです♪
ヴィンテージは当たり外れが有りますからね〜
ただ、あの時代の楽器でしか出ないサウンドもあるし。。。
一度は吹いてみたいと思ってます。
ヴァーブ | 2010/10/08 11:30 PM
僕的にも残念かも〜。
今はアルトで野太く柔らかく、かつハスキーで艶のある(贅沢?)なマウスピースを探してます。気になるTheo WanneのGAIAはリガチャー、キャップ込みですが、5万円オーバー・・・。とほほ。

キャノンボールも吹いてみたかったんですけど、その時に限って在庫切れでした〜。これも台湾製でしたよね。ビンテージ吹いてみたいけど、なかなか田舎じゃ機会がないな〜。
マン | 2010/10/09 3:36 PM
私も、マンさんテナーデビューかと思いました(・o・)

試奏ってホントに大事ですね。
特に購入するときは、厚かましいくらい吹かせてもらったほうがいいと思います。
rie_swing | 2010/10/11 9:02 AM
rieさんおひさしぶりです〜。
なかなか交通手段が微妙なのもあって出不精気味のわたくしです。いやーいい夢見させてもらいました。が、やっぱり僕はもうしばらくアルト一筋でいきたいと思います。

マウスピースもいろいろ悩みましたが、今使っているのを鳴らし切ろうと連休中もずーっと音色について練習してました。

やっぱサックスは音色が一番大事ですもんね〜。
いつかうっとりするような音色で吹けるよう頑張ります!
マン | 2010/10/11 5:17 PM
コメントする