アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アドリブやってみよ講座 - その1 アドリブとは! | main | マウスピース中古を2点オークションに出品しました >>

アドリブやってみよ講座 - その2 どこでアドリブするのか?

この辺はまだジャズの聴き方の話でもありますので、

楽器はしないけどジャズに興味ある方も参考になるかと思います。



普段あまりジャズを聴き慣れない人にとってみたら

アドリブって言うけど、どこがアドリブでどこがそれ以外なのかわからない!

なんてこともあるかと思います。


ですから曲全体がデタラメに聴こえたりする人もいらっしゃるでしょう。

もしくはすばらしい演奏だとそのすべてが作曲された(譜面として用意された)

演奏だと勘違いする方もいらっしゃるかもしれません。



しかしジャズでは基本譜面は見ません。


でも確かにジャズミュージシャンでも譜面を見ていますよね。

見てない人も多いですが、確かに紙切れを1枚用意してる人はいます。

じゃあの譜面には何が書いてあるんでしょうね〜。



たとえば総演奏時間が10分以上の曲の

自分の演奏パートがすべて譜面で用意してあったら!

さー何ページになるでしょうね。

そんなのめくってる時間はないですし、

毎回同じ演奏になるのではジャズとは言いづらい。


ジャズミュージシャンはアドリブをするわけですから、

基本そんな書き譜は用意しません。

してはいけません。

せめてこっそり暗記しましょう(笑)


ジャズミュージシャンが実際に用意している譜面はたいてい一曲1〜2枚。

書いてあるのはその曲のメロディーとコードのみ。

ということが多いです。

コードしか書いてないこともあります。



つまりアドリブをしている人がみている譜面は

コード進行のみということになります。

ただし、よく演奏される曲のコード進行は覚えてしまうのが

基本なので譜面見なくてもアドリブ演奏できるわけです。

これが譜面を見なくてもアドリブできる理由です。

でたらめじゃないわけです。



では本題に戻りますね。


現代のジャズミュージックは確かに

構造がわかりにくいものが多いです。

どこまでがその曲のメロディーでどこからがアドリブなのか。

使っている音も馴れないと違和感を感じるフレーズも。

なのでまず理解するには昔のジャズミュージックがおすすめです。



いわゆるジャズ・スタンダードと呼ばれる曲の

比較的古い演奏です。

1950年代くらいまでの作品。

いわゆるモダンジャズと呼ばれる60年代以降よりは

まず昔のジャズで耳を馴らしてからの方が理解しやすいかもです。




曲にはタイトルがありますね。

Autumn Leaves

You'd Be So Nice To Come Home To

Confirmation



などなど・・・。


当然その曲毎にその曲のメロディーがあります。

あたりまえのことですね(ハハハ)

歌詞もあって元々歌からジャズスタンダードになったもの、

歌詞はなくメロディーだけで作曲されたリフものなど。



でもそれだけ演奏したら1分で曲は終わってしまいます。

なのでその曲のコード進行をずーっと繰り返して

アドリブ演奏を乗せることで

新しい音楽を生み出していくわけです。



アドリブばーっかりで終始してしまったら

何の曲だかわからなくなってしまいます。



ですからジャズの基本的なルールとして

最初と最後はその曲を演奏しよう!

となっているのです。

中間はアドリブをその曲のコード進行に基づいて

好きなだけ、プレイヤーの数だけ、満足するまでやるわけです。



ちなみにブルースといわれる形式の曲だけは

最初と最後に2回ずつその曲のメロディーを演奏します。


ちなみに曲のメロディー、コード進行をまとめてテーマと呼びます。




ですからどこからがアドリブなのかというのは

最初のテーマを演奏したあとから、

最後にテーマに戻ってくるまではすべてがアドリブです。



・・・というよりも例えば、

サックスのカルテットの演奏があったとしても、

アドリブしているのはサックスだけではありません。

ピアノもベースもドラムもすべてアドリブしています。




それに結局テーマのメロディーも譜面どおりにやるわけではないですし、

ピアノのヴォイシング(和音の配置)や、

ベース、ドラムのリズムも決まりはないですし、

いうなればその曲全部がアドリブでできているのが

ジャズともいえますね。


同じ曲でも演奏家が違うと全く別物になりします。




なのでまずジャズを聴き始めましたら、

「ははーん、ここまでがこの曲のメロディーか」

という風にその曲自体がどんなメロディーなのかを

知ることから始めてみましょう。


最終的に一番基本的な譜面を参考にして、

それをもとに自分でもフェイクしながら

その曲をかっこよく吹けるようになったら

すでにアドリブが始まってることになりますよ。 
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする