アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久しぶりにコンファメーション吹いてみました | main | 夜練は耳コピ三昧で大好きなアーチストをモノマネ >>

アドリブやってみよ講座その5 - ダイアトニックコード

 前回コードの役割について

ざーっと書きましたが、

漠然とは捉えていただけたでしょうか?

今回はそのことを踏まえて、

具体的にどんなコードがどんな役割を持つのかを

ダイアトニックコードという専門用語でお話しします。

ちなみに以前の初心者の為の音楽理論講座でも

詳しく解説しておりますので踏み込んだことはそちらを参考にしてください。


ダイアトニックコードってなんでしょう。

例えばキーがCの曲であれば(ハ長調ですね)

基本的にはCメジャースケールを使いますね。

ドレミファソラシです。

ピアノでみれば明快ですね。

白鍵だけをドから始めればよいので、

小学生でも弾けますね。



このCメジャースケールだけを使って

例えばジャズっぽく4和音を作っていきますと、

和音の基本は1番目、3番目、5番目,7番目の音をとっていきますので、

まずはドミソシができますね。

これはCM7(Cメジャーセブン)というコードです。

じゃぁレから和音を作ってみると?

レファラドです。

これはDm7(Dマイナーセブン)というコードです。



同じように次々に作っていくと

ミソシレ:Em7(Eマイナーセブン)

ファラドミ:FM7,G7だけで

曲は作れちゃいます。


じゃあ他のダイアトニックコードはなんなの?

となるわけですが、

もちろん登場します。

もしくは登場できます。


どのコードも同じCメジャースケールを元に作られてるので、

コードによってはほとんど構成音が同じものが多くあります。

それらはたいてい同じような機能を持たせることができると考えます。


するとCM7(ドミソシ)とそっくりなのは〜?

Em7なんかどうでしょう?

ミソシレですからミソシが被っていますね。

そうなんです。

Em7(下から3番目をルートに持つコード)にもトニックの機能が

与えられちゃうんですね。

Am7(ラドミソ)下から6番目の音をルートに持つコードもですね。

ただし安心感はCM7に比べるとやや弱いので、

曲の進行の途中でよく使われています。

逆にCM7は解決感が強いので曲の途中で使いにくいのです。




同じようにサブトニックも見てみると

FM7(ファラドミ)に似てるということで

Dm7(レファラド)下から2番目の音をルートに持つコードがあります。



ドミナントはG7(ソシレファ)なので

Bm7(b5)(シレファラ)が似てますね。

なのでドミナントとしての機能を持つことが出来ます。

ただしこのコードは別の目的(マイナーキーに移調する時)などに

使われることが多く、

たいていドミナントコードは下から5番目の音を

ルートに持つコードが担うことが多いです。



なのでトニック、サブドミナント、ドミナントを

うまく組み合わせて上手に似たようなコードで入れ替えれば

ダイアトニックコードだけでもバラエティー豊かな曲が

作れちゃうわけですね。



ちなみに下から○番目の音をルートに持つコードという

表記をしておりますが、これにもワケがあります。



キーは全部で12あるわけですね、メジャーだけでも。

もちろんEbメジャースケールからできる7つのダイアトニックコードや

F#メジャースケールからできる・・・もあるわけです。


どれもスタート地点がずれてるだけで理屈は同じことになります。

なので下から何番目という表記を追記しています。

これは度数表記にも繋がる大事なことですので、

しっかりと意味を理解しましょう。

度数については理論講座をご覧下さいね。



次はダイアトニックコードを具体的に掘り下げてみます! 
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする