アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サックスはスケール練習メインに戻しました | main | なんとなくジャズアドリブの入り口にたてたような気がします >>

アドリブやってみよ講座 - その7 ツーファイブ進行の入り口

ジャズをやってみたい=アドリブをやる!

ということでいろいろ教則本なんかを買うと

必ず出てくる言葉があります。



それがツーファイブという言葉。

訳せば25なんですが、

これを理解するのに僕はずいぶんと時間がかかりました。

なにせすべて独学ですから〜・・・。



これを知ると知らないでは大ちが・・・、

というよりコレを知らないとジャズは出来ない、

つまりアドリブできないといっても過言ではないくらい

重要なキーワードなのです。

ツーファイブとはコード進行のあるパターンをいいます。

度数については初心者の為の理論講座に書いておりますが、

メジャーキーで考えるとルートから始まって、

IIm7,IIIm7,IVM7,V7,VIm7,VIIm7(b5)

とダイアトニックコードが出来上がるのですが、

前回リハーモナイズした際にもできあがった

IIm7-V7というコード進行、

これをツーファイブ進行と言います。

2と5ですよね?


ダイアトニックコードのルートから2番目に出来る和音から

5番目に出来る和音へと進む進行です。


役割で考えるとサブドミナントからドミナントに進むコード進行で、

そのあとトニックへの解決へと進みます。

なのでツーファイブワンとも言います。


ドミナントコードからトニックコードへの

進行はその曲のキーを最も表す進行部分で、

この動きをドミナント・モーションといいます。

緊張から緩和の流れ。



例えば

| C | Am7 | Dm7 | G7 | C |


というコード進行があったとすると、

| Dm7 | G7 | C |

の部分がツーファイブワンとなってますね。


この曲がCメジャーであることを

いちばん感じさせる重要なポイントであり、

アドリブするにしても

ここさえしっかりやればそこそこ進行感が表せるいわば肝です。


なんで肝なのかはこれから少しずつ進めますので、

まだなんとなく「そんなに重要なのか!」

くらいに理解していただければいいかと思います。



その4でお話ししましたが、

ドミナントコードにはトライトーンと呼ばれる音の組み合わせがあります。

コードの3番目の音と7番目の音の関係のことをそういいます。

この二つの音はサークル・オブ・フィフス(5度圏)の表で見ると

ちょうど反対側に来る音同士。


G7はソ・シ・レ・ファなので

シとファがそれにあたります。

その音程(減5度)の組み合わせが非常に緊張感をもった組み合わせで、

ドミナントコードをいちばん特徴づける音なのです。


そしてその音程は安定した音程、

つまりトニックコードが持っている音程に落ち着きたがるわけです。

ドミソに行きてーと。



言い換えるとこのドミナント・モーションは

このトライトーンから落ち着いたら(解決といいます)

よいわけです。



何が言いたいかといいますと、

トライトーン以外の音はドミナントコードにとって

たいして重要ではないということです。

これがアドリブを奥深くし、

楽しくも悩ましいスケール地獄の始まりなのです。



まぁまぁ何のこっちゃで構いません。

少しずつ進めていきますね。

 
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

目下Asでアドリブを勉強中ですが、two-five-oneの理論って難しいんですね。何だか益々分からなくなってきました。これが分からないとアドリブは吹けないんでしょうか?以上
H. Nishimura | 2011/09/10 4:07 PM
H.Nishimuraさん、こんにちは。
先日過去の記事にコメント書かれたお方ですか?
一応その時のコメントにお返事付けておりますが、とりあえず理論をやたら考えずに取り組む方法をご紹介しています。

よかったら右欄の下の方にコメント一覧がありますので、そちらの記事の僕のコメントをご参照ください。


ただいずれツーファイブ進行はご理解できないとなかなか先に進めなくなると思います。まずはあまり難しく考えないでコード進行の形として捉えてくださいね。


基本的にメジャーキーのツーファイブであればツーにあたるのはナントカm7になりますし、ファイブにあたるのはナントカ7で、いずれもそのキーのスケールから構成音が出来上がっています(ダイアトニックコードといいます)


例えばCメジャーの曲(ハ長調、五線譜の最初に♭や♯がついていない曲)であればツーはDm7,ファイブはG7と必然的に決まっているのです。

Dm7はレファラド、G7はソシレファ、そしてCはドミソです。全部Cメジャースケールの音だけで出来ています。つまりドレミファソラシだけで出来ています。音のスタート地点が違うだけです。2番目から始まったのがツーで5番目から始まったのがファイブです。


ツーファイブワンというコード進行はツーが変化の始まり、ファイブが緊張が高ぶるところ、そしてワンで平和に戻る、といった感じのハーモニーのうねりを構成する進行であり、ジャズの曲に限らず多くの曲はこのツーファイブ進行がメインで出来ています。

一つの曲にいろんなキーのツーファイブ進行が出てくるのですが、部分的に転調したと最初は考えてもいいです。

Cメジャーキーに限らずアルトでよく出てくるDメジャー(Em7-A7)とかAメジャー(Bm7-E7)、Gメジャー(Am7-D7)など、まずは形で覚えると良いかと思います。

とにかく曲の中でツーファイブ進行を見つける事です。そしてEm7-A7が曲に出てきたら瞬時にDメジャーのツーファイブと気がつく事です。

そうすればとりあえずそこはDメジャースケールを使って吹けばなんとかなります。厳密にはダメな音もありますけど。

DメジャースケールをEから吹くと必然的にそれはEドリアンスケールというスケールになりますし、Aから吹くとAミクソリディアンスケールというスケールになります。深く考えなくても合うスケールを使っている事になります。

ジャズではいずれはA7のところを様々なスケールに置き換えてジャジーに吹くことになるのですが、まずは素直にミクソリディアンスケールで始めて充分かと思います。

その音で自由に音を出していくうちになんとなく感覚が掴めてくるかもしれません。

マイナーキーはちょっと複雑なので後回しでも良いかと思います。でも曲の中には出てくるんですよね、結構。


まずはすべてのキーのツーファイブ進行をコードのアルペジオで練習する事です。そしてそれを曲中に当てはめて吹いてみる事で感覚が掴めるのではと思います。

またまたなんでも聞いてください。
マン | 2011/09/10 5:32 PM
ペンタ一辺倒を脱出したい56歳ロックギターオヤジですが、いやこのページはすばらしい。
マンさんはシロウトの知りたいポイントを、実に的確に解り易く、根気よくレクチャーしてくれていますね。
音楽の世界が奥深く広がっていきます。
masaike | 2012/05/18 6:14 PM
masaikeさん、はじめまして!
褒めていただけるとうれしいです。
でも僕もシロウトなので
正しい事書いてるのか実は心配です(^^;

コードを深く理解していろんなスケールが使えるようになるときっとロックでもたくさん役に立つ事があるかと思いますので、ぜひ頑張ってみてくださいね。
僕もまだまだ発展途上なので頑張ります!
マン | 2012/05/19 12:02 AM
コメントする