アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サックス&ブラスマガジンVol.19をコンテスト用に買いました | main | 一ヶ月ぶりにジャムセッションに行ってきました >>

But Not For Meをアルトサックス用にアナライズしました

 なんともマイナス思考の曲ですが、
可愛いメロディーでセッションでもよく演奏されてる(と思う)曲です。
But Not For Me

いろいろいいことがあっても
所詮それは僕のためではない・・・。

と卑屈になった感じの歌詞です。

そんな歌詞のわりにはメロディーは割と明るめ。
軽快です。


アルトサックスではキーがCメジャーなので、
久しぶりにコード進行の分析を書いてみようと思います。

| D7 | Dm7 G7 | CM7 |Em7 A7 |
|D7 | Dm7 G7 |CM7 | Gm7 C7 |
|1. FM7 | Fm7 Bb7 | CM7 | CM7 |
| Am7 | D7 | Dm7 | G7 :|

|2. FM7 | Fm7 Bb7 | CM7 | Am7 |
|Dm7 | G7 | C6 | C6 |


コード進行はこんな感じです。
Cメジャーなのに冒頭はD7なんですね。
これは度数で示すとII7となるのですが、
これは次のG7に進むためのセカンダリードミナントと考えます。
んだと思います・・・。

で、ここは基本Dリディアン7thスケールを使います。
方程式のように覚えるといいです。
ミクソリディアンスケールの4番目の音が♯します。
レ・ミ・ファ♯・ソ♯・ラ・シ・ド
次2小節目からは普通のCメジャーでツーファイブワンですね。


それから4小節目はEm7がダイアトニックコードのIIIm7なので
代理トニックですね。
でそっからツーファイブになるのでA7へと進みます。
IIIm7はフリジアンスケールです。
Em7ならCメジャースケールをミから始めたらオッケー。
A7はVI7でDに進むためのセカンダリードミナント。
スケールはなんだろね。
Aリディアン7thとかでいいのかな。
さらにDメジャーに解決せずD7(II7)でこれまたGへのセカンダリードミナント。
さっきと同じくDリディアン7th。


7小節目ツーファイブになるためDm7を挿んでG7ですね。
ここは普通にDドリアン、Gミクソリディアン。

8小節目はFへ転調するためのツーファイブですね。
ここも役割はセカンダリードミナント。
Gドリアン、Cリディアン7thとかミクソリディアンとか?


9小節目のFM7はサブドミナントIVなので
Fリディアン(Cメジャースケールをファから始めるだけ)


10小節目はサブドミナントマイナーで
Fm7とBb7とツーファイブの形です。
Fm7とBb7はマイナーキーにおいてどちらもダイアトニックコードになり、
同じ機能を持つため置き換えられます。
さらにそれを並べてツーファイブの形にしてあるというわけです。

bVII7が使われるということは
マイナースケールがナチュラルマイナーなので、
ここはFナチュラルマイナースケールでよいということですかね〜。

ほんで10小節目でCメジャーに解決しています。
12小節目では平行調のAマイナーに移動して次のまたまたでましたD7への
ツーファイブ進行を作っています。
D7はDリディアン7thが基本でしたね。


ほんでCへのツーファイブで頭に戻ります。

そして2周目は
28小節目でAmになりますが、
すぐにCへのツーファイブでC6で締めます。


曲想からして「なーんかいいことないかな〜」なんて
思いながら吹いてみるといいのかもしれませんね。
あんまり気合いで吹きまくる曲ではなさそうです。



スケール設定など間違ってるところもあるかもしれないけど、
最近はこんな感じで必ず曲をアナライズしています。
とりあえずのスケール設定までして練習に取りかかります。


なれてきたらセブンスにオルタードやホールトーン、コンディミなど
いろんなスケールのフレーズを使っていくといいのですが、
まずスケールを限定してその中でいろいろやってみるのが
大事だと教わりました。



おそらく理論の勉強をしてないと書いてあることが
よくわからないかもしれませんが、
ボチボチで理論の話も進めていきます。
ボチボチでご期待くださいね。


ちょっと最近バンドの練習やらセッションの練習やら忙しくて。
とーっても充実した時間を過ごしています。
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

こんばんは!
この曲はジャムセッションでもすごく人気がありますね〜
前半がドミナントモーション、後半でサブドミナントという明快さが良いですね!

さて3段目の
|1. FM7 | Fm7 Bb7 |CM7 | CM7 | の箇所ですが、
2小節目はFメロディックマイナーが良いかと僕は思います。
B♭リディアン7thと同じ音になりますね。

ライン的にはA→ A♭→ Gを強調すると綺麗ですね!

このパターンはよく出てきますね。
酒バラの冒頭はテナーだと

G - F7 - Bm7 - E7

ですが、2小節目で僕はコード的にはCm, スケール的にはCメロディックマイナーを想定してアドリブってます。

音源お待ちしてますよ〜 (^^)/
ビオラブーケ | 2011/06/12 8:59 PM
なるほど!
変に考え過ぎて勘違いしてるみたいですね、僕。

ツーファイブと考えるとEbのツーファイブですし、どうもそれをCmで考えてごっちゃになってたみたいです。CmをトニックとするとCナチュラルマイナーの時にIVm7がFm7でbVII7がBb7になるもんで、ごっちゃになったかな。たぶん頭の中ではCナチュラルマイナーがFナチュラルマイナーになっちゃったように混乱しております。

たしかどっかでこのパターン僕も勉強したはずなんだけど。まだまだだな〜。

本文はそのまま残しますので、皆さん間違えないでくださいね〜(^^;

ビオラブーケさんありがとうございました。
マン | 2011/06/14 1:44 AM
コメントする