アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< You Must Believe In Springを吹いてみました | main | アドリブやってみよ講座 - 10 マイナーツーファイブの準備その3 >>

アドリブやってみよ講座 - 9 マイナーツーファイブの準備その2

 前回はナチュラルマイナーのダイアトニックコードを見てみました。
今回はハーモニックマイナースケールのダイアトニックコードを見てみます。

ハーモニックマイナースケールは
ナチュラルマイナーの7番目の音が半音上がります。
Cナチュラルマイナーだとシ♭のところが、
Cハーモニックマイナースケールだとシになります。

この音一つ変わるだけでダイアトニックコードは
いくつか変わってしまいます。
ほんとややっこしいですが、
最終的にはポイントが見えればいいかなぁ。

ではCハーモニックマイナースケールに基づいて
ダイアトニックコードを見てみます。
ところでダイアトニックコードの意味はご存知ですよね(^_< 


ルートからさっそく変わります。
CmM7です。
7番目の音が半音上がるのでM7になるんですね。
Dm7(b5)同じ
EbM7aug(使われる事はまずないコードなのですが)
Fm7
G7(ナチュラルマイナーと違ってちゃんとV7が出てきました)
AbM7
Bdim


これはこれでなんだか変なコードが出てきますね。
では音のそっくりさんでまとめて役割を区別します。

トニックはルートだけです。
ImM7
ナチュラルマイナーだとIm7とbIIIM7がそっくりさんでしたが、
ハーモニックマイナーは清くルートのみ!


ドミナントはV7と実はVIIdimがほぼそっくりさんなので、
この二つがドミナントの役割を持ちます。
でもまぁV7が重要ですかね。


サブドミナントマイナーがこれも多くて、
IIm7(b5),IVm7,bVIM7となります。
bIIIM7augは無視して構わないかと思います。


ハーモニックマイナースケールで出来るツーファイブは
よく見るマイナーのツーファイブになります。
IIm7(b5) - V7ですね。
この形を見たら基本はマイナートニックに進むと考えます。
メジャーにひっくり返る事もありますけどね〜。


先に説明したナチュラルマイナースケールや
このあとに説明するメロディックマイナースケールの
ダイアトニックコードではツーファイブはこのカタチになりませんので、
基本的にはマイナーのツーファイブがでてきたら、
スケールはハーモニックマイナースケールがベースになってると思って
よいかとおもいます。


ただIIm7(b5)、ここではDm7(b5)をどんなスケールで吹くかというと
基本はDロクリアンスケールを使います。
Dm7(b5)はレファラ♭ドなのですが、
間のシをシとするかシ♭とするかで悩ましいですよね。

ナチュラルマイナースケールでもハーモニックマイナースケールでも
2番目のコードはIIm7(b5)。


ナントカm7(b5)は平行調のメジャーキーのダイアトニックコードの
VIIm7(b5)がありますね。
この形はロクリアン・スケールでした。

なので基本ナントカm7(b5)はロクリアン・スケールと覚えて
いいんじゃないかなと思います。
ちなみにシ♭はb13thのテンションです。

そしてV7はハーモニックマイナーの時にしか出て来ないので、
例えばV7であるG7のところは
Cハーモニックマイナースケールを吹けばよいわけです。
ですが、それではスタート地点が異なるので、
CハーモニックマイナーをGから始めたスケールを使います。

これがよく聴くハーモニックマイナー・パーフェクト5thビロウです。
Gハーモニックマイナー・パーフェクト5thビロウということは
完全5度下(parfect 5th below)のハーモニックマイナースケールを
Gから吹くスケールという意味になります。


なので基本的にマイナーのツーファイブでは
IIm7(b5)はII ロクリアン
V7はハーモニックマイナー・パーフェクト5thビロウ(略してHmp5thBなど)
で吹けばそれなりになるというわけです。

メロディックマイナースケールに行く間もなく答えが出てしまいました。


ですが、メロディックマイナーまでちゃんとやりましょう。
僕も理解してしまっているわけではなく、
勉強現在進行形です。

頑張ろう!
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

マンさんこんばんは!
マイナースケールは確かにメジャースケールに比べるとややこやしいですね!(><)

有名なアランフェスコンチェルト第2楽章の哀愁まるけの旋律はナチュラルマイナースケールでできていて、それがこのメロディーの魅力の元になっているそうですよ〜

よく考えるとこれまた有名なブルーボッサのメロディーもナチュラルマイナーですね!

ゆえにバックのコードはV7で3が半音上がるのですが、旋律はそのままだから半音違って変に感じるか…というとそうでもないのが不思議。

ある程度好みというのもあるかもです。ちなみに僕はメロディックマイナーが好きで〜す。ジャズはメロディックマイナースケールが支配しているという理論体系を唱える人がいるって話しを聞きました。

けっこう深いですね〜 お座敷小唄のマイナーはあまりいただけませんが。(^O^)
ビオラブーケ | 2011/07/09 10:23 PM
ビオラブーケさんこんばんは〜。
またなんか間違ってないかとドキッとしました(苦笑)

多田誠司さんもメロディックマイナーをよく使うっておっしゃってました。今まで僕はずいぶんとおろそかにしてきたのでこれからしっかりとマイナーをおさえたいと思います。

最近なかなかまとまった時間練習が出来てないので、その分座学が増えてます。寝る前に"今日の一曲を分析"が日課になりつつあります(^^
マン | 2011/07/09 11:48 PM
コメントする