アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 凝り性 | main | サックス吹きがなるべく早くに読むべき教本 >>

The Days Of Wine And Rosesを吹きました

今日はお盆で家は僕一人。
先日買った教本を元に倍音練習やらロングトーンなど
音色作りの矯正として基本的な奏法をおさらいしておりました。

ご飯も食べるのをすっとばして吹いてたら、
ちょっとバテてしまいお昼寝をしたら夕方になってました・・・。

なんとなくコレだけで終わっちゃうのもなんなので、
なんか曲吹こうと思いまして、
定番中の定番酒バラを吹きました。
ついでに録音してみました。


過去にも何度か録音したのですが、
オケはサックスアンドブラスマガジンのVol12に
収録されているオルガンバージョン。

これ金子雄太さんのオルガンなんですよね〜。
ふわーっと包み込まれていい感じ。
アクアピットのライブが思い出されます。


酒バラ(The Days Of Wine And Roses)は
アルトサックスではキーはDメジャー。
一応最近アナライズはしたのですが、
まだコード進行は覚えてしまってません。


ですが、
急にやろかって言われたときのため、
今日はなにも頼らずに感覚だけで吹いてみました。
昔はいつもそうだったのですが、
理論の知識が多少はついてきた今なので、
数年前よりはまともかなぁと思いますが、
相変わらず危ういところばっかりです(笑)。


落ち着いて吹くというのが今回の演奏の目標。
とにかく音色を大切に。
うーん、まだまだ修行が足らん感じです(^^;
これから少しずつ良くしていくよう努力なり〜。


酒バラ(The Days Of Wine And Roses)

クリックで聴けます。


演奏データ
サックス:SelmarSA80serieII
マウスピース:Theo Wanne GAIA#6
リガチャ:Theo Wanne with Hard Brass
マウスピース:RICO Jazz Select UFC 3S
吹いてる人:マン
吹いた日:平成23年8月15日(日)


ちなみにオケはこちら

 
サックス演奏音源お披露目 | permalink | comments(6) | -

この記事に対するコメント

オーバートーンは音色を太くするのにいい練習すね。
暇サックス | 2011/08/15 4:40 AM
のどのコントロールを自在に操るためにも重要らしいです。
やっと倍音練習の正しいやり方を教本で理解したので、これはおそらくずーっとやっていく事になるかな〜と思いました。
マン | 2011/08/15 8:09 AM
あれ? 酒バラの音源聴けないんですけど…
僕だけかな? ^^;
ビオラブーケ | 2011/08/16 11:45 PM
たいへん申し訳ございません(汗)
リンク貼り忘れておりました!
もう大丈夫です。
とりあえず聴こうと思っていただいた事に感謝します(^^
マン | 2011/08/17 7:47 AM
今度は聴けました!(^O^)
さすがにしっかりまとめられてますね〜
この曲はややもするとやたらソフトに雰囲気になってしまうって言いますけど僕はどうもそのケありです…(笑)
すぐクラシックになってしまう的な(><)
マンさんのアドリブは音が多すぎず少なすぎず、それでいてジャズっぽい雰囲気を醸し出していていると思います!
参考にさせて頂きま〜す(^O^)/
ビオラブーケ | 2011/08/17 6:49 PM
さっそく聴かれてしまったのですね。
恥ずかしい(笑)・・・。
過分なお褒めの言葉ありがとうございます。

自分ではホントいつもいつもなんでこんな音源あげちゃうんだろうなと思っちゃいます。さらし首ということにしてますけど(^^;

昔に比べるとウーダウーダのアーティシュレーションを意識できるようになってきたのはいいかなと思いますが、音色はまだまだ遠い道のりです。頑張ります!
マン | 2011/08/17 9:40 PM
コメントする