アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サックス調整中につきフルートで曲を練習中 | main | My Foolish Heartを吹いてみました >>

One Note Sambaのコード進行を分析

 フルートの練習曲としてやろうと思って
One Note Sambaを最近やってるのですが、
実はこのコード進行ってすごくジャズの理論が詰まってるんですね。


僕は最初Cメジャーで練習していたのですが、
どうも一般的なキーはBbメジャーでした。
アルトサックスだとGメジャーなのでなかなか吹きよいのですが、
まぁいずれにせよこの曲を多くのキーでやると
けっこうなお勉強になります。

キーワードは代理和音です。

フルートでの練習はBbに移行しましたが、
たぶんCメジャーキーで分析した方がわかりやすいので、
それで話を進めます。

度数で考えればどのキーでも理屈は同じなので、
参考にしてくださいね。


Aメロの最初の8小節。
| Em7 | Eb7 | Dm7 | Db7(b5) | *2
ルートが半音ずつ下降する滑らかなコード進行ですね。
この間のメロディーがまさにワンノート(2音でてきますが)。


このコード進行をさてどう見るかなのですが、
度数でみると
Em7 = IIIm7
Eb7 = bIII7
Dm7 = IIm7
Db7(b5) = bII7(b5)
となります。

さて一個ずつ見ていきますね。


まず1小節目のIIIm7は以前解説してるのですが、
ダイアトニックコードの3番目のコードです。
このコードは構成音がほとんどルートコードのCと同じなので、
Cの代理和音です。
役割もおなじトニックになりますね。


そして2小節目のbIII7はVI7の裏コードです。
これはなかなか慣れないと気付きにくいかもしれません。
Eb7で考えるとA7となります。
裏コードといいましたが、要は代理和音です。
ただ先ほどのIIIm7のような似た構成音によるものではなく、
トライトーンと呼ばれるセブンスコードに特徴的な
二つの音程が共通しているものです。


見つけ方ですが、
サークル・オブ・フィフスの表でみると正反対になるのですが、
僕は4度進行の関係で探します。
例えばG7の裏コードはと考えると
4度進行のGのひとつ手前のDの半音下をルートにしたセブンス
と考えます。
Dの半音下、つまりDb7がGの裏にあたります。
V7であればbII7がそれにあたるということです。

EbをbII7と考えるとIIm7がEm7なのでV7はA7ってすぐわかりますよね?


3小節目はIIm7。
ツーファイブのツー。
ここが譜面によってはIIm7(b5)になってることもありますが、
その場合はCマイナーからの借用和音と考えます。


4小節目はさきほど話した通りです。
同じトライトーンによる代理和音。
bII7ですからもとはV7ですね。



するとこのコード進行を代理和音からもとに戻すと

| C | A7 | Dm7 | G7 | *2

となってシンプルな1-6-2-5となります。


ジャズのリハーモナイズの原点みたいな曲ですね。

ちなみに2小節目のVI7はもともとVIm7だったものが
ドミナントに変化したものです。
VIm7はIIIm7と同じくルートコードと構成音が近いので、
代理トニックとして働きますので、
本来1〜2小節目の役割はどちらもトニックと考えられます。

サウンドに変化を強調するためにドミナントセブンスコードに
変化させられたんですね。
ダイアトニックコードでは無くなるのでIIm7へ進行するので
ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウなどのスケールを使います。



すでに疲れちゃった方もいらっしゃるかな〜。


この先は簡単に済ませます。


9小節目から12小節目は僕の解釈は

| Gm7| Gb7 | FM7 | Bb7 |

10小節目のGb7はちょっと考えてみたらわかりますよ。
先ほどお話ししたトライトーンによる代理和音です。




答えは・・・


C7デスネ!


するとFのツーファイブですね。
すると単純にここはFメジャーキーに移調してるようにも見えますが、
FM7はCメジャースケールのIVなのでダイアトニックコードで
役割はサブドミナントにあたります。

ですからここはFイオニアンではなくFリディアンスケールを使います。

するとBb7はFメジャーのIV7とは考えず、
CメジャーのbVII7とみることになります。
これはCマイナーからの借用和音と考えます。
サブドミナントマイナーですね。
スケールはBbミクソリディアンを使います。


これでAメロ終わりです。

Bメロは普通に移調したと僕は考えてます。
最初の4小節は短3度上降CだとEbのツーファイブワン
後半3小節は短2度上昇、CだとDbのツーファイブワン
最後でCのツーファイブいってAメロに戻ります。



ふー、なかなか面白いです。
まるでパズルのよう。


いろんなキーでやることで
代表的な循環コード1-6-2-5(3-6-2-5でもいいです)や
いろんなキーのツーファイブ進行が一度に出来ますので、
テンポさえ落としてコード進行だけ使えば、
テーマがたとえBメロうまく吹けなくても
練習曲には持ってこいかな〜。
理論の理解を深めるにもいい曲ですね。


そういう僕はまだフルートでキチンとBメロ吹けませんので、
もう少し練習してから音源も出そうかな〜。
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする