アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< One Note Sambaのコード進行を分析 | main | 今日のサックス練習の目標はコンディミスケール >>

My Foolish Heartを吹いてみました

 数日ぶりにうちのアルトサックスが調整入院から帰宅しました。
しばらくフルート吹いていましたが、
やっぱり慣れているせいもあるのかサックス吹いてる方が気持ちいい。

今日はそこそこ時間が取れたので、
じっくりロングトーンとオーバートーンで、
アンブシュアと奏法を確認しました。


ついでにちょっと曲も吹いてみました。

My Foolish Heart

吹くならついでに録音してみました。
ほんのワンテイクのみですけど。

アルトサックスではキーはGですかね。
けっこうノンダイアトニックコードも出てきますが、
わりと曲のイメージを掴んでいると
なんとなく吹けちゃいそうな気がします。


一応コードを眺めながら吹いてみたのですが、
見てるんだか、見てないんだか。
吹けてるんだか、吹けてないんだか(笑)


なんとなくゆったりした曲で音色を確認したかっただけなので、
あまり深く追求しないでくださいね(^^

My Foolish Heart

邦題は「愚かなりわが心」ですと。
イメージでは嘘つきの話みたいですけど、
ついうっかり騙されてしまう愚かな自分みたいな話といえばいいのかな。
相手を信用できなくなってしまっているのでしょうか?


映画の曲ですから、ご存知の方も多いかなと思います。


僕は偶然大学時代になんとなく買ったホリー・コールのアルバムで
この曲をしりました。


ヒップホップやR&Bばっかり聴いていた僕ですが、
なんとなくジャズへの興味はこのころからあったんですね。
アシッドジャズなんかはよく聴いていましたし。
 

たまたま吹いたMy Foolish Heart
クリックで聴けます。
ご興味のある方だけどうぞ。


演奏データ
サックス:SelmarSA80serieII
マウスピース:Theo Wanne GAIA#6
リガチャ:Theo Wanne with Hard Brass
マウスピース:RICO Jazz Select UFC 3S
吹いてる人:マン
吹いた日:平成23年9月4日(日)


ちなみにオケはこちら

 
サックス演奏音源お披露目 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

初めまして
SAKANAと申します

今から6年前に数ヶ月だけaltosaxを習っていました

当時は音が出せるようになったら後は自分の吹きたい時に自由に吹けばいいと思ってあっさり教室をやめてしまいました

しかしやはり問題は"音"ですね

田舎に住んでいますが集落な為 近所を意識して自宅では全く吹けず e−saxを購入したものの毎回毎回のセッティングを煩わしく感じ いつの間にか吹くことから遠ざかっていました

今日久しぶりに saxを吹いて 6年かぁ…防音技術も進んでいるんだろうなぁと思いながら iモードで検索していたら

マンさんのブログに出会いました


また覗かせてください☆☆
SAKANA | 2011/09/05 8:24 PM
SAKANAさん、はじめまして。
僕も最初はホントにダラダラと自由に吹いていた期間がずいぶんとありました。うまくなりたいとも思ってなかったかもしれません。自分の意志で始めたわけではなかったので特にそうなんでしょうね。

それがいつの間にか本気でうまくなりたいと思うようになって、するとたくさんの壁に遭遇しまして。10年くらい吹いた辺りからようやく本気で練習するようになったんです。

でもやっぱり練習する場所が一番の問題で、それで思い切ってe-SAXを買ったのですが、きっとこれがなかったら今よりももっと哀れなサックス吹きだった事でしょう(笑)。

確かにセッティングの面倒さや重さ、音質、吹奏感など様々な問題は言われておりますが、何も出来ないでいるよりも遥かに練習になります。そう運指だけでも。

もちろんロングトーンだってオーバートーンだってなんだってできます。スケール練習が出来るだけでも相当なアドバンテージです。

ぜひぜひ休日のほんのちょっとの合間でも組み立てて音を鳴らしてみてください。細くても長く続ける事で本当の面白さが見えてくると思いますよ。


これからもよろしくお願いします!
マン | 2011/09/05 9:54 PM
コメントする