アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 多田誠司さんのサックスクリニック2回目 | main | ああブログ3年の月日、そしてこれからのサックスライフ >>

酒とバラの日々(Days Of Wine And Roses)をアナライズ

 酒とバラの日々(Days Of Wine And Roses)です。
もう言わずと知れた名曲&セッションの定番曲ですね。

ある程度分析してから取り組んだつもりだったのですが、
やっぱりつもりで終わっていたので、
もう一回頭でおさらいしなおしてみます。
それをサックスで再現できないと意味がないので、
それをちゃんとやること前提でですね。


というわけでコード進行を分析してみたいと思います。
呼んでて、サブドミナントマイナーってなんやねん?とか
思ったときはアドリブやってみよ講座のマイナー関係の記事を
参考にしてください。


超気合いで書いてますので、
気合いで頑張って読んでくださいね。





アルトサックスのキーで進めますので、
キーがDメジャーとなります。

#2個です。
一番アルトサックスで多いキーじゃないかと思います。
コンサートキーではFメジャーです。


|: DM7 | C7 | F#m7(b5) | B7 |
| Em7 | Em7 | Bm | C7 |
|1. F#m7 | Bm7 | Em7 | A7 |
|C#m7 F#7 | Bm7 E7 | Em7 | A7 :|

|2. F#m7 | Bm7 | G#m7(b5) | G7 |
| F#m7 Bm7 | Em7 A7 | D | (Em7 A7) ||

こーんな感じです。
めんどくさがらずに細かくコードを見ましょう。
僕もほんとコード進行みるの大嫌いでした。
意味がワカランし。
でもそれを言っていたらいつまでもアドリブ力は上がらんのです。


構成はABといったらいいのかな?
AもBも前半8小節は共通です。

まずはその前半から。
1小節目
DM7(Dメジャーセブンス)この曲のキーです。

2小節目
C7 いきなり難しいコードですね。
度数でみるとbVII7です。
DメジャーではもともとCは♯してますので、
ノンダイアトニックコードであることがわかります。
実はコレはDマイナーだとダイアトニックコードとして登場するコードで、
役割はサブドミナントマイナーです。
Dマイナーキーからの借用和音としてここにいます。
モーダルインターチェンジとか言います。
ここではCリディアンb7スケールを一般的に使います。
4番目の音、つまりFが♯してF#になります。
b7なのでシは♭します。


3,4,5,6小節目
F#m7(b5)とB7とEm7
ここは3つひとくくりで考えます。
Em7はIIm7なので本来の役割はサブドミナントですね。
手前のF#m7(b5) B7はよく見てみると、
このEm7に解決するためのツーファイブ進行です。
Em7をトニックに見立てて一時的に解決するためのコード進行で、
このB7をセカンダリードミナントと呼びます。
F#m7(b5)はそれをさらにツーファイブに分解したため現れました。
Em7の存在を強調したい時にこういうコード付けがされる事が多いようです。

F#m7(b5) F#ロクリアンスケール
B7 Bハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウなど
Em7 Eフリジアンスケール
(難しく考えないでくださいね、Dメジャーをミからスタートするだけです)

さぁて何の事だかわかりますでしょうか?
僕も独学ですから皆さんもぜひ頑張ってくださいね。


さて7,8小節目
Gm IVmですからこれもDマイナーキーからの借用ですね。
役割はサブドミナントマイナーです。
Gドリアンスケール
C7 先ほども出てきたサブドミナントマイナーです。
このIVm7 bVII7はサブドミナントマイナーとして
メジャーの曲によく登場するみたいです。
しかもこの二つだけみればツーファイブ進行ですね。


前半8小節終わりました〜。
えらい記事にすると大変です(汗)

では次9,10小節目(|1. のところから)
F#m7はIIIm7,Bm7はVIm7
いずれもトニックですね。
ほとんどDメジャーと同じ構成音です。
F#m7はF#フリジアンスケール
Bm7はエイオリアンスケール
どちらもスタート地点がちがうだけでDメジャースケールと同じです。

11,12小節目
Em7はIIm7,A7はV7
つまりこの曲のキーDメジャーのツーファイブです。
Eドリアン,Aミクソリディアンスケール

13,14小節
ここもまたセカンダリードミナントです。
ここではBm7(VIm7)をトニックにしたツーファイブですね。
C#ロクリアンスケール
F#ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウなど
Bm7はもともとダイアトニックコードなので
ここはまたBエイオリアンスケール

15,16小節はまたDのツーファイブで冒頭に戻ります。


続いて25,26小節目(|2. のところから)
は先ほどと同じ、どちらもトニック

27小節目
G#m7(b5)はちょっと見慣れないですが、
これは度数でみると#IVm7(b5)というコードで
DメジャーにおいてDリディアンスケールを想定すると現れます。
ここでは役割はサブドミナントです。
IVM7のサブコードと考えます。
IVM7のルートが半音上がっただけです。
G#ロクリアンスケール

28小節
G7はIV7なのでIVM7のセブンスが変化したものなので
サブドミナントです。
Gリディアンb7スケール


さーて最後の4小節ーーっ!
29小節はF#m7 Bm7で先ほども出たトニック
30小節はDメジャーのツーファイブ!
31小節目でDメジャーに解決〜っ!
32小節目は頭に戻るためのDメジャーのツーファイブ!


以上!


あーぢがれだ〜。


頭でわかったらちゃんとサックス使って
これを実践しないと意味がありません。
頑張りましょう!

ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

マンさんこんばんは! (^^)/
僕もこの曲は先日ジャムセッションで初めて吹いてきました〜
綺麗な進行でメロディーもアドリブも気持ち良く吹けますね(^O^)

2小節目のC7は僕はGm7を想定してGメロディックマイナースケールを使っちゃいます。
Cリディアン7thでも全く同じ音なんですが、メロディックマイナーの方が馴染んでいる音階なので使いやすいです〜

音源お待ちしてますよ〜 (^^)
ビオラブーケ | 2011/10/04 9:56 PM
なるほどー。
公式みたいに考えていいんですかね。
その手のカラクリがどうしても独学だと抜け落ちちゃうんですよね。実は簡単に覚える方法があった!みたいなのは教えてもらわないと自分で気がつくのは難しいですもんね。
またいろいろ教えてくださ〜い(^^
マン | 2011/10/05 1:02 AM
コメントする