アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 毎日地味にサックス練習してます | main | ライブやるつもりでセットリストを考えてみる >>

アドリブやってみよ講座 - その11 セカンダリードミナント

 えーっと申し訳ないくらい間が空いてしまいました。
ずいぶん自分が勉強するのに時間がかかったからといい訳しておきます(^^;


カテゴリ分けがきちんとできてなくて
講座の9と10が埋もれていました。
読めてない方はそちらもどうぞ。


今まででざっとメジャー、マイナー両方のキーでの
ダイアトニックコードをお勉強してきました。
ですが、ジャズの奥深きところはまだまだ先です。

具体的に曲でこれまでの知識をあてがおうとすると・・?
むむむー。

ダイアトニックコードだけでないコードがいっぱい!
これではまったく今までの知識では歯が立たない!
となるわけです。

今回はダイアトニックコード以外のコードについて少しお勉強します。

ノンダイアトニックコードっていったい何でしょう。

簡単に言うとダイアトニックコードが
そのキーのスケールから出来るコードなのに対して、
それ以外の音が含まれるコードの事です。


もちろんどこからともなく勝手に持って来られているわけではなく、
ちゃんとそれぞれ機能や役割を持って
理論的に曲の中に挿入されます。

それは転調の始まりだったり、それが部分的な転調だったり。
またはサウンドに変化を持たせるための代理コードであったりします。

代理コードは勉強しようとすると
かなりの努力と労力が必要です。
僕もようやく「いちにいさん」と数えて、
「えーとえーと」と考えてやっと「あれだ」と気がつくくらい。
さくさくみてすぐわかるようになるには分析の経験が必要です。

なので代理コードについては今後曲のアナライズの時に
見つけ次第小出しで解説していきます。



今回は一時的な転調などに使われるノンダイアトニックコードとして
セカンダリードミナントのお話をします。



例えばCメジャーキーの曲の中で
Dm7と言えば何でした?

IIm7なので役割はサブドミナントですね。
ですが仮にこのDm7をトニックと仮定すると
それに進行するドミナントモーションを作るとぉ〜。

A7 - Dm7
さらにツーファイブ化するとぉ〜。
Em7(b5) - A7 - Dm7
 
ですね。
Dマイナーのツーファイブワンです。

わかります?
5度圏の表で調べるとすぐわかりますよ。


こんなのがCメジャーの曲の中に出てくる事があるというわけです。
この場合のDm7に進行するドミナントコードであるA7を
セカンダリードミナントと言います。

CメジャーキーでのドミナントはG7(V7)ですからね。
C以外のダイアトニックコードにドミナント進行するセブンスコードは
セカンダリードミナントと言います。

F#m7(b5) -B7 - Em7
Gm7 - C7 - F
Am7 - D7 - G
Bm7(b5) - E7 - Am7
ただしーBm7(b5)は3和音で考えた場合のBdim(シレファ)と同様、
トニックとなり得ない和音なので、
コレに進むセカンダリードミナントは作りません。


これらのセカンダリードミナントはどれも
Cメジャースケール以外の音を含みます。
A7,B7,C7,D7,E7

通常のドミナントモーションである
G7-Cの進行はもっとも曲の調性を感じさせる進行です。
それに対してセカンダリードミナントは調性感が薄れる事になります。
が、逆に言えばそれだけその曲の調から外れる部分であり、
動きがあるというか緊張感があるというか、
そういう変化を感じさせる部分です。


曲の中での起伏などがダイアトニックコードだけで作られた曲よりも、
大きい分ドラマティックなハーモニーが出来るところです。


まだ何の事やらさっぱりわかんないという方もいらっしゃるでしょう!




なので有名な曲で補足しますね。
(最初枯れ葉で説明しましたが、もう少し良い例に変えました)


There Will Never Be Another You
この曲のAメロでお話しします。

| CM7 | CM7 | Bm7(b5) | E7(b5) |
| Am7 | D7 | Gm7 | C7 |
| FM7 |

この冒頭8小節です。
アルトサックスではキーはCメジャーとなりますね。
すると3〜5小節で平行調でAマイナーに移調してますね。
いちおうこのE7(b5)もセカンダリードミナントとも言えます。

でその後6小節目のD7は度数でみるとII7となるのですが、
これが次のGm7をトニックと仮定した時の
セカンダリードミナントです。

そしてGm7からC7とツーファイブが出来てるのですが、
これはその次のFをトニックと仮定した時の
セカンダリードミナントです。
I7ですね。

ちなみにII7はここではさらにI7というセカンダリードミナントに
進行していますので、エクステンデットドミナントとも言われるそうです。
とても緊張感の高い部分となります。


この進行は実はDメジャーに移調すると
コンファメーションの前半とほぼ同じ構造なんですよー。

IM7-VIIm7(b5)-III7(b5)-VIm7-II7-Vm7-I7-IVM7

以上曲解説おわり。


このように曲が単調にならないように
いろんな方向にコードを走らせる方法の一つとして
セカンダリードミナントを使う方法があるわけです。


ですから僕らは曲の中でその部分を見つけたら、
ぜひダイアトニックスケール以外の音を取り入れて、
作曲者が意図する曲の起伏や変化にうまく反応していく必要があるわけです。

使うスケールなどについては
追々お話をします。
まずはセカンダリードミナントというコード進行の
一つのセオリーを覚えてくださいね。


まず曲の中でダイアトニックコードを見つける事です。
そしてそれ以外のコードから探していくと、
けっこうたくさん見つかると思いますよ。
まずはいろんな曲のコード進行をみて
見つける事から始めてみましょう。
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

ちょっと気になったのでコメントさせて下さい。(^^)

枯葉は平行調の関係にある長調と短調の II - V - I でできている、と考えるのが一般的だと思います。

始まりはメジャーで終わりはマイナーですが、それではどちらが曲を支配しているかと言えば、前半も後半も終わりがマイナーなので基本的にマイナーの曲と考えるのが自然でしょうね。

故に枯葉はアルトの調ならば基本的にEmでしょうね〜

平行長調のGを何度か挟んで明るさを加えているけど、基本的に「秋になると去ってしまった恋人を思い出す…」という悲しみを歌っている曲ではないでしょうか?

…ということでB7はセカンダリードミナントではなく、通常のドミナントかと〜(^^)

始めと最後のコードや調が違う曲はジャズではよくありますね。
Whisper not, Stella by starlight, You'd be so nice to come home to 等等。

いずれも最後の解決したコードをトニックと見なせば良いと思います。

しかしユビソは前半はGmが基調ですが最後の8小節でB♭になり明るく終わります。
この曲の調をGmというべきかB♭というべきか迷うところですが、平行調は言わば双子の兄弟みたいなモノなのでどちらでも良いのかもしれません(^O^)
ビオラブーケ | 2011/10/23 9:40 AM
ありがとうかございます!
別に枯れ葉じゃなくてよかったのですが、とっさにおもいついたので、枯れ葉にしました。またいい例にかきかえます。


ビオラブーケさんの説明で間違いないです。
(^_^)
マン | 2011/10/23 10:44 AM
曲を枯れ葉からアナザーユーに変えました(^^

ちなみに僕の理論書では平行調への移調でもセカンダリードミナント扱いしてありましたよ(VIm7に進むIII7)。まぁ理屈はどうであれ役割がわかっていればどうでもいいことなんですけどね。
マン | 2011/10/25 12:34 AM
マンさんもがんばってらっしゃいますね〜!
まったく蛇足ながら付け加えさせて下さい…^^

平行調でも属調でも下属調でも元の調以外の調のドミナントならばセカンダリードミナントと言えますね〜

しかし、クラシックのソナタみたくに十分に曲が長く、別のキーに移ってしばらくそのキーにとどまればそれは転調と考えられますね。

転調した後でのドミナントはその調の中ではあくまでドミナントで、セカンダリードミナントではないですね〜

元のキーのドミナント以外のドミナントを一時的なセカンダリードミナントと取るか転調したキーの中でのドミナントと取るかはケースバイケースでしょうね〜。

ちなみにJ.S.バッハの器楽曲はセカンダリードミナントを使って色んなキーに細かく動き回るのが得意ですね!
実に縦横無尽です (^^)
ビオラブーケ | 2011/10/30 10:06 PM
コメントする