アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 我に帰ってまた一から練習です | main | E.T.Session藤山英一郎ライブ行ってきました >>

アドリブやってみよ講座-その12 サブコードとは

 前回はセカンダリードミナントという
コード進行のセオリーにおいてちょっとややこしい話でした。
今回はもっとややこしい話です。

ですが、これをすべて説明は出来ませんので、
いくつかの例と考え方をお話ししたいと思います。


サブコードとはもともとそこにあるべきコードの
代わりにあるコードみたいな感じかなぁ。
イマイチピンと来ないかと思います。

構成音が似ているなどの理由で、
置き換えてあるコードのことです。
曲の中でその部分にすこし変化を持たせたりするために
使われています。

まだなんのことだか、わかんないと思いますので、
いくつか例を挙げます。

サブコードは基本的にノンダイアトニックコードです。
これによって変化を出すんですね。
ですからIM7のかわりにIIIm7を持ってくるという
ものとはちょっと異なります。


それでは例を挙げましょう。

ドミナントセブンスコード(V7)なんですが、
たとえばCメジャーキーではG7ですね。
このドミナントセブンスコードには3番目と7番目、
つまりG7だとシとファ。
この二つのトライトーンと呼ばれる音程をもっているのが特徴です。
非常に緊張感のある音程で、これが安定した音に進む事で、
その曲の調性感が表されます。

このトライトーンと同じトライトーンを持ったコードがあります。
シをド♭と言い直すと、ド♭とファ。
これはDb7が持っているトライトーンなんです。

以前もこの講座か、昔書いた理論講座でも書いてますが、
ドミナントセブンスコードはこのトライトーンが重要であって、
他の音はそこまで重要じゃないんですね。


ですからG7をDb7に置き換えても機能は変わらないと
考えられるのです。

度数に直すとV7 = bII7と考えていいってことです。


これは実は5度圏の表でみるとちょうど正反対にあるコードです。
そこでこのサブコードの事を裏コードと呼んだりします。


ですから実際どういう風に使われるかというと、
CM7 - Dm7 - Db7 - CM7

こんな感じです。
これだとルートが半音ずつ下降しながら進行していて、
滑らかに進行している感じがします。
ジョビンの名曲One Note Sambaなどでもみられるサブコードです。

逆に普通にDm7 -G7 - Cとなっているところを
頭の中でG7 ---> Db7として吹くと
ジャジーなフレージングが響きます。
オルタードスケールを使っているような状態です。




もうひとつよく出てくるサブコードをあげます。
マイナーキーのダイアトニックコードにおける
サブドミナントマイナーをメジャーキーで使っちゃうものです。

特にIVmやbVII7が使われます。
例えばCメジャーキーの曲において
CM7 - F - Fm(IVm) - CM7
こんな感じで出てきます。

この場合Fは普通にサブドミナントですが、
Fmはサブドミナントマイナーです。
メジャーキーの曲の中にサブドミナントマイナーが出てくるんです。
こういう別のキー(ここではCマイナー)からの借用和音を使う事を
モーダル・インターチェンジと言います。


さらにこのFmをもう一つのbVII7、つまりBb7に
置き換える事も出来ます。
こうしても機能はやっぱりサブドミナントマイナーです。

さらにさらに両方使って
CM7 - F - Fm7-Bb7 - CM7
みたいにツーファイブ化することも出来ちゃいます。
この場合はこのツーファイブ進行は形だけで
Fm7もBb7も機能はサブドミナントマイナーです。
Bb7はドミナントではないのでご注意ください。


一見Eに進行しそうなところがCに進んでるので、
気がつかないと「なんだこれ?」ってなるんですが、
このサブコードの法則にあてがうと案外ハマったりします。

僕はこのサブドミナントマイナーがメジャーに出てくるのが、
最初さっぱりわかりませんでした。
そのうちサブドミナントマイナーって何だってくらいにこんがらがりました。
モーダル・インターチェンジって理論を知ってやっとなるほどーとなりました。



他にもサブコードはたくさんあるので、
曲を分析してわかんないときは
理論書などを参考にして考えてみてみると
よく出てくるモノがわかるようになるかもしれません。

僕もまだまだ全然覚えてないです。


とにかくこれらのサブコードはノンダイアトニックコードですから、
その曲のキーのスケールとはまたちょっと違う音が入ります。
それをうまく使う事で音数に関係なく、
ちゃんとコード感のあるアドリブが
できるようになってくるのではないかと思います。


瞬時に見抜くのは難しいものもあるので、
これまでにお話ししたダイアトニックコード、
セカンダリードミナント、サブコード、
そしてツーファイブ進行などをしっかりと曲毎に分析する
習慣を付けるとそのうち「あっこれあの曲と同じだ」なんてのが、
わかるようになってくるかと思います。


ぜひ曲集をメロディーの練習以外でも活用してくださいね。


アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする