アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 近所の島村楽器で開催された管楽器フェアに行ってきました | main | 吉田治さんのエステーのCM >>

How High The Moonを練習しました

 この曲"How High The Moon"は
もうずーっと昔から知ってるのになかなか手を出してなかった曲です。
昔挑戦してワケがわからんと投げてしまったところから、
なんとなく避けてました。


そして時が経ち(笑)、
少しは音楽理論も理解できるようになってきた今日この頃。
ちょっと手を出してみる事にしました。


まずはコード進行の分析とアベイラブル・ノート・スケールの確認から。
そしてある程度理解したら耳コピします。


この曲は目まぐるしく(?)
転調を繰り返し元に戻ってくるのが特徴ですね。

でも理屈が解ると結構覚えやすいみたいです。


アルトサックスではキーがEメジャーなので
初心者にはちょっと辛いかも・・・?
ですが、早いうちに右左小指も動かして
慣らしましょう。

スケール練習が一番ですね〜。


すみません、ちょっと生意気口叩きました。
僕も初心者みたいなもんですから(笑)


まず冒頭から

| EM7 | EM7 | Em7 | A7 |
| DM7 | DM7 | Dm7 | G7 |
|CM7 | F#m7b5 B7 | Em7 | Em7 |
| G#m7 | C#7 | F#m7 | B7 |

最初Eメジャーで始まるわけですが、
3小節目からDメジャーに移調しています。

Em7 A7はDへのツーファイブ進行ですね。


その後Dメジャーから7小節目でCメジャーに移調。
Dm7 G7はCへのツーファイブ進行。


つまりE〜D〜Cと一度ずつ移調してるのがわかります。

EM7からEm7
DM7からDm7
どちらもルートが同じでメジャーからマイナーへの変化なので、
コード進行自体もとてもスムーズに流れているわけです。


フレーズをどう乗せていくとかは別にして、
意外とコードは理解しやすいでしょ?


そのあとは10小節目からEマイナーへ移調してます。
F#m7b5 B7はEmへのツーファイブですね
ここも全体のキーEメジャーのマイナーへの変化と理解すればいいかなぁ。
F#m7b5はサブドミナント・マイナーということになります。

そして13小節目にEメジャーに戻ってます。
3-6-2-5-(1)となってますね。

キーがキーなのでかなり難しいですけど。


これで半分終了。

後半も前半8小節は共通。
25小節目からです。

|CM7 | F#m7b5 B7 | EM7 | F#m7 B7 |
| G#m7 C#7 | F#m7 B7 | E | F#m7 B7 :|

こちらは26小節目からEマイナーに行くと見せかけて
Eメジャーへと進んでます。
あとは2-5 3-6 2-5 1
といった具合です。


いろんなコード付けがありますし、
解釈の仕方もいろいろありますが、
単純にA,A'とも移調したところは素直に
それに見合ったスケールでいいのかなと思います。

セブンスはミクソリディアンで。
マイナーのところはハーモニックマイナーP5thビロウ。
慣れたらいろんなスケールで。


ただスケールから瞬間的にカッコいいフレーズを生み出すのは、
やっぱなかなか天才じゃないと厳しいので、
ここまで理解したら耳コピすることにしてます。


ソニー・スティットの演奏を耳コピ中。
相当遅くしないと難しすぎる〜。
でも決してはずさない見事なフレーズはどれも定番となりうるし、
リズムもすごく良いので、
基本を学ぶのにスティットは
とてもいいプレイヤーの一人と思います。
ただし速吹きが多いのでちとコピーは辛いです(苦笑)


コード進行の構造と基本的なスケールを理解してから、
耳コピに望むというスタイルの練習が
最近のお気に入りです。


すごくいいと思いますよ。
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

マンさんこんばんは!(^^)/
この曲は転調しまくりのコード進行が実にスリリングで面白いですね!
同じコード進行の「オーニソロジー」という曲も有名ですね〜
この曲はチャーリー・パーカー作ですが彼のアドリブをそのまま譜面にしたみたいな曲です。
(彼の曲はみんなそうですが…)
故に「How High the Moon のアドリブはこうやって吹くんだ!」って後世のプレイヤーにお手本を示してくれているような気が僕にはします〜(^O^)
ジャズコンセプションにはジム・スナイデロの解説がいっぱい書いてありますが、オーニソロジーにはパーカーの解説は書いてないので、分析した上で練習すればメッチャ良い練習になりそうですね!
僕も近い内にレッスンネタやブログネタにしたいです〜 ^^
ビオラブーケ | 2012/02/16 9:33 PM
ビオラブーケさん!

ジャズコンセプションのLunarがそうですね!
気がつかなかった!
あとの曲はだいたい元ネタわかってたんですけど。
久しく触ってないので、ひっぱりだしてみました。

僕も最初の最初はこの教本だったんですよ。
書いてある事の意味が分からず放置でしたけど(苦笑)
今はほぼ解ります(^^
成長したなぁ〜(汗)
練習しよー。

ありがとうございます!
マン | 2012/02/17 7:44 AM

やっぱりLunarじゃないですね?
コードぱっとみ違ってました。
マン | 2012/02/17 8:24 AM
ジャズコンセプション中のLunarはマイルスのSolarと同じ進行のようですね〜
「太陽」に対して「月」ということでしょう。(^^;
でもHow High the Moon とSolar(Lunar)は進行がよく似ていますね!
後者の進行はアルト上では

Am - Am - Em 7 - A7
D - D- Dm7 - G7
C - Cm7, F7 - B♭ - Bm7(-5),E7(-9)

2段目から3段目にかけて、D→C→B♭と下がっていく所は全くソックリです!
でも3段目は倍の速度で素早く転調。しかもブルースと同じ12小節でワンコーラスの構成。
実にスピーディーで頭の体操に良さそうです…(^O^)
How High the Moonをやった後Solarをやるとよいかもですね〜
ビオラブーケ | 2012/02/19 1:08 PM
コメントする