アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小林陽一&JJM(Japan Jazz Messengers)熊本ライブ行ってきました | main | おくらで友人のライブに行ってセッションもしてきました >>

久々の音源です〜ジャズコンセプションから2曲ほど

 はてさて最近の悩みは
アーティキュレーションの悪さによる
リズムの悪さ・・・。


うーん、意識してもうまく聴こえてない。
ということはやっぱり根本的に間違ってる?

セッションの録音を聴いても自分でもイマイチ
アーティキュレーションがわかりにくい。

というわけでもう随分長いお付き合いになるのに
未だにキチンとやってないJazz Conceptionという教本を引っ張りだしました。
付属の音源はかなり聴き込んだのですが、
ある日勢いで割れてしまいました。


幸い前半の曲は譜面にアーティキュレーションがふってあるので、
それを見本に久しぶりに2曲ほど吹いて録音してみました。

もうこの版は古いのかもしれません。

選んだのは2曲。
Roseという曲とProxyという曲。
Roseは元ネタがよくわからないのですが、
ProxyはDoxyかな。

Roseの元ネタわかる人はぜひ教えてください。

最近はEasy Jazz ConceptionやIntermadiate Jazz Conceptionなど
いろいろバーションが増えてるんですね。




そんなことはつゆ知らず。

実は僕がもってるジャズコンセプションは一番どうも難しいらしい。
ホント後半はすごく難しいです。
吹き始めの頃は到底手が出ませんでした。
うーん、今ならなんとかなるかな(汗)


とりあえず教本の中において21曲中6曲目と8曲目なので
そんなに難しくはないはずなのですが、
やっぱりキチンとアーティキョレーションが出来てないと
上手に吹き上げるのは難しいですね。


譜面を追いかける事よりも
上手にフレージングするのが大事なので、
とにかくそこをこれから少しずつ鍛えてスイングしなきゃです!



録音に際してはオケもないですが、
あえてメトロノームもなしです。
ソロライブのつもりで吹いてみました。
そうとうリズム怪しいですが、
それよりも頑張ったつもりでも
まだアーティキュレーションがはっきりとわからないような気が・・・。



うーん、もっと大げさにいくべきかなぁ。
まぁこうやって録音して確認しながら進めていけば、
思い込みも減ってくるでしょうし、
ボチボチやって行こうと思います。


Rose

Proxy

ご興味のある方は聴いてみてください。
曲名クリックで聴けます。


楽器:Selmer SA80serieII
マウスピース、リガチャ:Theo Wanne GAIA#6
リード: Rico Jazz Select 3S UFC
サックス演奏音源お披露目 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

僕もこの曲集をレッスンでやってます〜
メッチャ教育的な教本ですよね!
この曲を吹いてる時はアーティキュレーションを意識できても、その後任意のアドリブを吹くとアクセントがアタマウチになってしまってダメ出しされる事度々です…(><)
でもそのうちジャズの歌い口が身に付く…と信じてやってます(^O^)
マンさんはCDを割ってしまったんですよね?CDはバラで売ってませんからね〜
でもフルートを吹かれるならば同曲集のフルート版を買うと言う手もあるのでは?
左右のバランスを変えればバックだけの音源になりますから、アルトでもフルートでも一緒に合わせる事ができますよ〜(^^)
僕も今Tow plus two (Four) に挑戦中です。どえらく難しいです!(@@;
ビオラブーケ | 2012/06/03 6:12 PM
two plus two昨夜吹いてみましたが、
さすがに模範演奏の記憶もあいまいで、
譜面だけで吹くのはかなり難しいですよね〜。

まぁとにかく課題はアーティキュレーションなので
いろんな方法で試してみます。
ありがとうございました!
マン | 2012/06/03 6:24 PM
こんばんは。

アーティキュレーションを身に着けるのはビッグバンドが一番です。譜面にもありますが、アンサンブルとしてリードアルトのアーティキュレーションに合わせる訓練になりますし、4ビートのスイング吹きを身に着けるのも、アンサンブルで覚えるのが一番だと思います。

フルバンドでない場合、譜面に書いてある一つのフレーズを、音源に完璧に合わせるという練習もいいですね。ピッチもそうですが、アーティキュレーションも一緒に身に付くでしょう。

フレーズを口で歌ってみてください。ラララーじゃなくて、シュビデュバシュビデュバ〜と、アクセントをつけて歌うことも大事です。ラララーと歌うと、吹いてもラララーですしね。

本当に短いフレーズでいいので、まずは口でしっかり歌ってから、楽器で吹いて、完璧に真似てみるといいと思いますよ。
はしもと | 2012/06/06 8:50 PM
はしもとさん、ご無沙汰しています!
いろいろ壁にぶつかってばかりなので、
ホントアドバイスありがたいです。

なかなかビッグバンドとなると今はまだ
なかなか時間的にも厳しいですが、
かなり頑張って丁寧なコピーを今頑張ってるところです。

時代を逆行するようにネタをたどって、
結局パーカーを頑張っています。
難しいけど、やっぱここが原点かなと聴いてて思います。偉大ですね。

余裕が出てきたらいろいろチャレンジしたいと思います。
ありがとうございました(^。^)
頑張ります!
マン | 2012/06/06 10:30 PM
コメントする