アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 多田誠司師匠の個人レッスン+プチライブ | main | 八代ファーストにセッションに行ってきました >>

All The Things You Areを吹きましたっ

 とりあえず真面目に取り組めば取り組むほど、
自分の演奏の残念加減に嫌気がさして、
当面恥じさらすのやめようかと音源を上げないようにしていました。

でももともとサラシ首が使命だったのでは?
なんて勝手に思って久しぶりに音源をアップします。

吹いたのはAll The Things You Are

別にめっちゃ練習したわけでもなく、
時間がない中で慌てて録音しました。
まぁその方が素に近くていいかなと。
この曲好きなんです〜。

これからたくさんの克服していかなくてはならない課題がたくさんあるので、
当然ながら演奏の中にも問題点がたくさんあります。
少なくとも自分ではたくさん気がつきます。

そういう意味で録音して自分で聴くのはとてもいいことだと思います。
ただ多くの人にサラす必要はどーなんでしょうね(苦笑)

なかなかやりがいのあるいい曲です。
All Things You Are
コードチェンジをしっかりと捉えて、
かつリズムよくアドリブできたら超カッコいいですね〜。
僕はほど遠いですけどぉ。


アルトサックスだとキーはFメジャー(Dマイナー)です。
♭が一個な訳ですが、Dマイナーでスタートして、
もう5小節目くらいから雰囲気が変わってきます。
Bメロに入っても転調、さらに転調。

サビBメロの流れからさらに転調して最後にうぎゃっとDmを目指して、
頭に戻ったようですが曲のエンドに向かって目まぐるしくコードチェンジ。
最終的にはFメジャーで終わります。


ある程度転調の流れというか曲のうねりと言うか、
キチンと整理してから望まないとテンで何やってるかわかんなくなります。

僕はやっとコードは覚えてきたけど、
まだ平気でウソスケールを吹き、
かつリズムに乗れずもたついたり、
弱点である指の動きとタンギングがハマらず落ち着きのない演奏です(苦笑)
まぁストックフレーズで仕上げるなんて芸当はできませんから、
アドリブは結局その場の思いつきです。
昔に比べたらコードとスケールを理解できる分、
外しにくくなったって程度でしょう。


まだ技術が追いついていません。
これからしっかりと基礎に立ち返り真面目に練習しまーす。


というわけでいろいろ反省していたらアップする気がなくなってきたのですが、
僕の現状を暖かく見守りたいというちょっと変わったあなたのために、
サラすことにします(笑)


All The Things You Are20120930

クリックで聴けると思います。
ちなみにオケはコチラ。
ジャズスタンダードの頭文字A〜Dまで
60曲プロミュージシャンによるオケが入った3枚組のCD集です。
 
譜面はRealBook Vol.1からのセレクトなので
そちらを参考に出来ます。
サックス演奏音源お披露目 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

お久しぶりです。いやいやいや立派な演奏です。私はアドリブが出来なかったので書き譜で挑んでも撃沈しました。どうせ撃沈するなら、アドリブで撃沈したほうが未来があると思い、暗譜を意識し始めたところです。

ジャズって奥が深いですね。

私も見習ってがんばります(^^)!
しまきち | 2012/10/08 5:41 AM
おひさしぶりです〜といってもブログは見てますよ(^^

頑張ってますよね。
これから吹くフレーズがちゃんと自分の中に用意されていると自信を持って歌うことができるから、いいですよね。

そうやって自分の引き出しがいっぱい増えてくると自由に歌えるようになるんでしょうね。

僕はまだまだコードとスケールだけやってあとは行き当たりで吹くので余裕がなく聴こえてしまいます。ミストーンやリズムが曖昧なところもいっぱいですね。


マイナスワンよりはセッションの方がその時のバンドでちがうインスピレーションが貰えて楽しいです。


アプローチは人それぞれ違えども、行き着く先の目標が見えていれば、どうにかしてそこへたどり着こうと自然と努力しちゃいますよね。たとえそれが遠回りだったとしても、ですね。

お互い頑張りましょう!
マン | 2012/10/08 2:55 PM
コメントする