アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 釜山・鹿児島・熊本ジョイントライブatJazz Bar First(八代) | main | 女性ボーカルの歌伴! >>

サックスうまい人の演奏を聴いてたら・・・

 なんだかへこんできました(苦笑)

自分はあんなところへ近づけるのか?
そんな考えたら気が遠くなってしまいました。

冷静に考えれば本格的にジャズを勉強しようと始めたのが、
このブログを始めた頃なので4年くらいまえ。
でもホントの意味でのコードのセオリーを理解できるようになったのは
まだ1年ちょっと前くらいです。


セッションに足を運び出して3年くらい。
でもホントに通いだしたのは去年で頑張って月1回程度。

今年になってからはセッションやその他で人前での演奏月3回以上。
やっと最近ハイペースになってきつつある程度なので、
まだまだ全然初心者でもいいんですけど、
さすがに周りにも知られてきて、
うまくはないけど初心者にはもう見られません。


かなり自分的にプレッシャーがあって焦ってしまいます。
だってホントに僕はまだまだ全然なんだもん。


とにかくうまくなるのにみんなどんなことやってきたのだろう。
ずーっと独学でやってきた僕はなかなか要領を得ないのか、
どうもやってもやってもなかなか向上しない。

これは運指などの技術もそうですし、
音色や音程、安定感などもそう。
それにジャジーなフレージングももうなんもかんもっ!


こう出来ないと自分にはやっぱり向いてないじゃないかなんて
ネガティブな気持ちまで出てきます。


ホントですよ〜もぅ(汗)

好きなプレイヤーの気に入った
フレーズをしっかりと正確に真似して歌い上げる。
これを12キーで練習する。

これを積み重ねようとか思うんですけど、
譜面アナログ派も僕にとって手書きの移調はかなり大変。
なかなかやろうと思っても進みません。


とりあえず1コーラスをトランスクライブしてやっと。

これが1コーラスまとめてやると、
これはこれで時間もかかるし、
ツーファイブや3-6-2-5などのパーツを別のところに活用しきれないんです。
コピーしたフレーズを単に吹くことが目的になってる。
なかなか身にならないんです。


やっぱ譜面ソフト入手しようかななんて思うけど、
なかなか手が出ません。

ワンフレーズ入力したら、
それを12キーに一発で移調して並べてくれるような
おすすめアプリがあったら教えてください。
ちなみにマックですけど(汗)


で、話は戻るのですが、とにかくモンモンとしてくるわけです。
なので今夜はルー・ドナルドソンのブルースをちょこっとコピーしたり
してたのですが、ふと9月の多田誠司師匠のレッスンを聞き直しました。


この時のレッスンはけっこう何度も聞き直してますが、
やっぱり師匠の言葉を聞くと背伸びしようとして無茶してる自分に気がつきます。



コードトーンを使ってシンプルに吹きながら
その曲のコードをしっかりと体に入れるという基礎と
ジャズのフレーズをボキャブラリーとして増やしていく。
この2点を焦らずやっていくしか無いのかなと思いました。


なんせ社会人は時間ないですから効率よく成長したいのですが、
けっきょく近道なんてないんですよね〜。


もちろん今はヘタですけど、
厚かましくどんどん人前で演奏はしていくつもりです。
恥かきながらでも経験しないと学べないことがいっぱいありますから。


というわけで書いてるうちにモチベーションが復活してきました。
ガンバローッと。
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

すっごくお話共感できます(T_T)
熱く語り合いたいです。
しまきち | 2012/12/03 9:59 PM
たぶんしまきちさんと音楽談義したら一晩では終わらないでしょうね(^^
マン | 2012/12/03 11:03 PM
FBはしてないんですか?
そちらでもやりとりしたいですなぁ(*^^*)
しまきち | 2012/12/05 5:19 PM
イェ〜イ(≧∇≦)
しまきち | 2012/12/06 7:15 AM
コメントする