アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< There Will Never Be Another Youで理論講座その1 | main | Dos Lunaライブ@Jazz in おくら行ってきました >>

There Will Never Be Another Youで理論講座その2

 There Will Never Be Another Youのコード進行を使って
コード進行の理論とアベイラブル・ノート・スケールについて
お話ししております。

その2ということで前回の続きです。


まだ6小節目くらいでしたかね〜。
こういうのは一気に書かないとテンションが持ちませんね(笑)

がんぶぁりむぁす!

ちなみに今回もとっても大事なポイントがありますよ〜。



Am7 | D7と来たわけですが、
つぎ7小節目はGメジャーではなくGm7に進んでいます。
ルートが同じでメジャーとマイナーをひっくり返すことはよくあります。
よくいう3-6-2-5とかもそういうことですよね。

ここだけ取り出せばこの
Am7-D7-Gm7-C7も3-6-2-5ですね。

逆にマイナーのツーファイブからメジャーのワンに解決することも。
転調のキッカケみたいな感じですかね。
Gm7からC7に進んでいますので、Fメジャーへのツーファイブの形ですね。

なのでここはアベイラブル・ノート・スケールがCメジャーではありません。
Gm7はGドリアン(Fメジャースケールをソから始めたもの)
ほんでC7はミクソリディアン・・・ではなくて、
C7はI7なのでノンダイアトニックコードですね。
セカンダリードミナントなので基本リディアン7thスケールなどを使います。
前回のD7(II7)と同じ考え方ですね。

なのでCミクソリディアンの4番目ファの音を#してF#にします。


で、9小節目そのとおりFM7に解決するのですが、
FM7はCメジャーのダイアトニックコードですよね。
IVはサブドミナントの働きでしたね。

なのでここは普通にFリディアンスケール(Cメジャースケールをファから始める)。


そして次の進行がとーってもポイント高いところです。
今回の話のメインになるかな。

FM7の次10小節目はBb7(#11)に進んでいます。
もちろんノンダイアトニックコードなのですが、
これはCマイナースケールのダイアトニックコードなんですね。
bVII7ですね。
これはマイナースケールでのサブドミナントマイナーとして機能します。

Cマイナーからの借用和音なんですね。
で、通常bII7ならミクソリディアンでよいのですが、
ここでは#11になってますので、
#11つまり4番目の音が#しますので、
これもまたBbリディアン7thスケールを使うということになります。

このサブドミナント-サブドミナントマイナーという進行は
これまたいろんな曲中でしょっちゅう現れますので、
ぜひ覚えておいてください。

ちなみにBbリディアン7thスケールは
シb、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラbです。
bがついた2音を効果的に取り入れてください。


そしてBb7#11のあとはCメジャーに戻るのですが、
G7からCに解決する時よりも
サブドミナントマイナーからトニックに解決する時の方が
一般的に解決感がより強いとされています。

そのためこの曲のこの部分はCメジャーに戻った感を強めるために
こういうコード進行に作曲されてるって考えるといいですかね。


12小節目はAm7に進みますが、これもIIIm7なので代理トニック。
そして13小節目はまたまた大々的にII7であるD7に進んでますね。

おおいにDリディアン7thほかいろんなスケールを試せる場所ですね。

そして締めはD7からDm7に転調してG7、ほんで頭のCに戻る
ツーファイブ進行です。
Dドリアン、Gミクソリディアン。


はい、この曲の前半が終了しました。

II7やI7などのセカンダリードミナント。
サブドミーサブドミマイナーなどは度数にして覚えておくと、
いろんな曲中に出てきた時に気がつきやすいです。
そうすればそのうちどう切り抜ければいいかわかりやすくなるかと思います。
頑張って理解してみましょう。


わざと基礎的な専門用語を使ってますから、
わからない方は理論講座等でお勉強してくださいね。


とまぁえらそうなことを話しておりますが、
しょせん独学のつたない知識ですので、
おかしいと思ったらご自身でいろいろ調べてみてくださいね。


アナザーユーの後半の半分はAなので解説済みとなりますので、
次はラスト8小節を分析していきます。
脳みそをモミモミしておいて下さい。
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする