アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< SWINTマンスリーライブ9月終わりました! | main | Jazz Standerd Bible 2 in Eb届きました! >>

Wood Stoneのリガチャーを買いました

石森管楽器のウッドストーンのリガチャを買いました。
昔使っていたヤナギサワのメタル用にGPを買ったことがあるので、
これで2個目のウッドストーンリガチャーです。
今回はサテンゴールドのセルマーラバー用。

あまりに多くの人が使っているので、
なんとなく最近は敬遠していたのですが、
昔の2本締めタイプのセルマーの普通のリガチャーと迷った末、
これにしました。


といっても試奏で切る環境は無いので(セルマーのリガチャーはありますが)、
まぁ買ってみてのお楽しみというバクチになります(苦笑)

で、装着してみたところです。
なかなか落ち着いていて渋くなりました。
テオのリガチャーは見た目がけっこう派手ですからね。

ちょっと前に新しくヴァンドーレンのマウスピースV16#8を買ったのですが、
結局、音色と音量とコントロール性のバランスなど総合して、
GAIAに戻すことにしました。
なのでセルマー用です。
ちなみにヴァンドレンV16にはちょっと小さかったです。

ばりっとしたバップっぽい元気で音量のあるV16は
とても魅力的なマウスピースでしたが、
これまでと息の持ってかれ方がまったく違って、
ちょっとしんどくなってしまいました。
完全な運動不足と体力低下(苦笑)が原因でしょうね〜。


ロングトーン筋トレで頑張ろうと思いましたが、
改めてGAIAを吹いてみたら、
やっぱり音色の好みがこっちかなぁなんて思ったので、
せっかく買ったのに諦めることにしました。
しばらく寝かせておきます(^^


GAIAラバーはテオ・ワニーのアルト用では一番ダークなモデルですが、
息を強く入れると結構なパワーが出ます。
キンキンはならないのですが、
かなりたくましい音色にも持っていけます。 


テオの付属のド派手なリガチャーがけっこう影響しているようです。
とても鳴るのですが、もう少し落ち着いた音色が欲しかったので、
ニュートラルなイメージでリガチャーを選んでみました。


結果サテンゴールドがよかったのか、
音色がしっとりと落ち着いたような気がします。
パワーを書けた時のビャーっという硬い感じの響きが
まろやかになりました。
音量も充分でとてもリードが振動している感じがして、
管がよく響いています。


ナルホドーと思いました。


ヤナギサワに付けた時はまだまだ僕自身が未熟過ぎて、
その違いに気付けなかったのかもしれませんし、
ヤナギサワの付属のリガチャーが秀逸で差が無かったのかもしれません。
ちなみに僕が昔オークションで売ってしまった
このヤナギサワのメタル6番とウッドストーンリガチャのセットが
オークションに出てるのを発見しました(苦笑)
複雑な思いです(^^;


はなしが逸れてしまいましたが、
ウッドストーンのリガチャーです。
やっぱりセルマー用であり、
GAIA用ではありませんから多少ズレがあったのかもしれません。


吹き始めてしばらくするとリードミスを連発するようになりました。
先日のマンスリーライブでもファーストセットはピーピー言ってました。
新たにセットし直すとピーピー鳴るけど、
吹き続けると治まります。

どーもマウスピースに形が微妙に馴染んでないようです。
それでこれまでテオ・ワニーのマウスピースガードを使わず、
使い古しのリードをセットした状態で保管するようにしました。


すると次第に馴染んできたみたいで、
購入して3週間くらい経ちますが、
新品だろうが古いのだろうがリードをセットしてすぐからまともに鳴ります。
ほとんどリードミスも出ません。


うーん繊細なんだね〜。


で、ここで改めてテオのリガチャーと交換。
さらに古ーいヤナギサワのリガチャーも。

で、比較した結果、ヤナギサワの古いのはやっぱり音量が出ず。
枯れた感じの音色に鳴るのは素敵ですが。

で、テオはやっぱり元気。
バリッと鳴る。
よいリガチャーです。

で、ウッドストーンは落ち着いた感じで好み。
音量もありザラツキ感もよくでる。


というわけでしばらくウッドストーンのリガチャーを使います。
最近ちょっと散財しましたので、
これでしばらくは物欲は封印かな(?)

Wood Stoneリガチャー ALTO SAX用 Satin GPゴールドプレート・サテン仕上げハードラバーマウスピース用

価格:11,600円
(2013/10/4 00:56時点)
感想(1件)



11月に大舞台の話(詳細は後日)も決まりましたので、
しっかりと練習に取り組みたいと思います!
サックス及び音楽関連グッズ | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

こんにちは。

リードの脇のリガチャーの浮いている所を、押さえては少しネジを締め、また押さえては締める(少しずつ)フィッテイングを何度かしてやると良いと、M−TECの田尾さんが言ってましたyo。。。

11月の大舞台、頑張って下さい(^^)/
りえ | 2013/10/04 11:48 AM
やっぱりフィッティングって作業が必要なんですね。
何となく指でもみもみしてみたりはしてましたけど(苦笑)
やってみますね!
ありがとうございまーす!
マン | 2013/10/04 10:22 PM
コメントする