アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Jazz Standerd Bible 2 in Eb届きました! | main | SWINTカルテットマンスリーライブ10月無事終わりました >>

物欲の秋ですね(^^

10月なのに暑かったり、また肌寒くなったり変な気候ですね。
秋といえば文化の秋!
芸術の秋!
おんがくの秋〜!

楽器でも始めてみようかななって思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ちなみに僕はソプラノサックスが欲しいんです(^^

で、けっこう以前からオークション見たりしながら実情を把握してました。
なかなか初心者の人が初めて購入するのにオークションは難しいと思いますが、
僕もこれまでなんども買いそうになっては直前で戦意喪失が多くて、
未だ楽器本体は購入に至っていません。

直前になると急に
「やっぱソプラノ出番そんなにないだろうしなぁ・・」とか
「マウスピースのことなどでいろいろ悩みや出費が増えるんだろうなぁ・・・」とか
「待ってたらもっと面白そうなモデルが出てくるかもしれないしな・・」とか
「e-SAX使えないし、練習時間が限られるなぁ・・・」とか
e.t.c...

と自分に言い聞かせてしまって「やっぱやーめた」となる次第です(笑)




 
 ちなみにいろいろ自分なりに研究した結果、
ソプラノはやっぱりヤナギサワだなと考えました。
ヤマハは吹いたこと無いけど、明るいイメージがあります。
セルマーは高いし、吹き難そうなイメージ。
ソプラノはふっくら柔らかい音色で吹きたいので、
ヤナギサワかなと。

以前吹いたカーブドがすごく印象よかったのですが、
やっぱりストレートがソプラノらしくてかっこいいかなぁ。
それもネックは一体型のストレートが僕の狙い目。

ヤナギサワの901(現行じゃない初期のタイプ)あたりをと考えてたら、
先日オークションに出てて、
本気で買うつもりだったのですが、
ちょうど夜が用事で外出していたため参加できず。
手前で大きな金額を入札する勇気もなく断念しました。

どうせ持ち替えなので扱いやすいであろう901はまさに希望通りだったのですが、
やっぱりしょぼくても彫刻ほしいなぁ(笑)とか思っちゃって・・。
持ち替え派にとっては飛び道具みたいなものですから(^^;

結局10万円はどれも軽く越えてしまうのですが、
ソプラノはタマが少ないからか、どれも結構高くなりますね。
そこがけっこう悩みどころになります。
10万円以上出すとアルトだと結構なレアものが買えます。
シックスは無理ですけど、もうあんまりシックスに興味はありませんから(ホントかな?)


アルトなら管だけ買えばその他は揃ってるから他の出費はなくてすむし・・・。
でもそんな何本も持っててもなぁと思うし〜。
僕のセルマーをトータルで越えてメインで使えそうなのが出てくれば考えるかな。


テナーも本当は吹きたいのですが(やっぱ王道の音色だしね)、
それは僕の中で反則なので(テナー要らずのアルト吹きが僕の目標なので)、
時々猛烈に物欲が働きますが、それも直前でいつも断念。
テナーはさらにマウスピースで悩みそうだし(^^
吹くなら広めのラバーでザラザラ吹きたいかな。
テナーとアルトは同時に運ぶ気にもならないし買うならソプラノの後かなと。


いろいろと物欲をめぐらす秋ですが、
買うと終わりなので、結局ずーっと悩むのを楽しみながら買わないのかもしれません。
オークションとかずーっと見てると珍しい楽器とかだんだん詳しくなってきますね。

やっぱりマークシックスいいなぁと思うのですが、
僕のなかではアメセルじゃなくてもいいのではと思うようになりました。
どのモデルでも当たり外れあるでしょうし、
音色がすばらしければフランス製だってジャズに向かないなんてことはないでしょう。
どっちにせよ高い!

シックスに限らず古いサックスはやっぱり現代のとは全く鳴り方が違います。
これは間違いないです。
非常に響きが良いものが多いです。
古いビッシャーとかコーンとかいいですよ〜。

現代楽器のようなパワーがないぶん音色に深みや色気があったりします。
これが魅力です。
電器楽器に埋もれないようにしていく時代より
前の楽器の方が遠くまで音がよく響きます。

あとは運指が自分にマッチするかなんでしょうね。
以前ゲットした1928年製のマーチンですが、やっぱいいです。
ただライブではどうしてもトータルバランスでセルマーがメイン張ってますけど。
音色の良さはまったく負けていません。
操作性も慣れれば問題ないんですけどね。
時々左手小指が空振りします。


あれこれ「どんな楽器だろう」なんて入手した時のイメージなどを
思い巡らせつつ買ったつもりになって楽しむのも面白いですよ。
自分の楽器に詳しくなることも後々大事ですし。
僕はお金持ちじゃないですから、余程でないと結局買わないんでしょうね。

でもソプラノサックスは欲しいです。
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

物欲の秋っすね!ソプラノは、一時欲しくて試奏用にC1スターのマウスピースだけ買いましたわ。欲が無くなりつつあるので欲がある、のがうらやましい。
暇サックス | 2013/10/16 9:58 AM
僕もマウスピースだけでも先に買ったら、そのまま勢いでソプラノ買うかな〜なんて物色もしたけど、やっぱり踏ん切りがつかないですね。

やっぱオークションは実際に触れられないから、余程のことがないと躊躇しちゃうんでしょうね。
マン | 2013/10/17 4:00 PM
コメントする