アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい(?)伴侶(サックスですよ)がやってきました(The Martin) | main | 宇土Jazz Meet 4tt(佐藤允彦トリオ+上杉亜希子)に出演します! >>

板橋文夫FITライブ@熊本Jazz Inおくら行ってきました!

平成25年11月8日(金)に熊本の老舗ジャズ喫茶Jazz In おくらにて!
板橋文夫FITのライブに行ってきました!

板橋文夫(Pf)、瀬尾高志(Bs)、竹村一哲(Dr)

もう毎年一番楽しみにしている大好きなトリオのライブです。
初めて聴いたときの衝撃といったらなかったです。
音楽の常識がすべてぶっ壊れてしまうくらいに多大な影響を受けました。


それから数年。
トリオはさらに熟成されて唯一無二の板橋文夫の世界が繰り広げられます。
けっして動画サイトからは伝わらない生の感動があります。
板橋さんはピアノにげんこつしている人ではない(笑)
その繊細な優しいピアノの音色はあの激しい動きでも同じです。


毎年熊本で聴けるなんてありがたいです!

そしてサプライズが・・・

 

会場は熱気ムンムン。
意外に(笑)女子率も高く、
板さん初めて率も高く、
あまりのすごさにやられちゃった方も多かったみたいです。

ライブの後はみんな幸せな顔でぽわ〜んとなってます。
激しいほぼフリーのような曲もあればオリジナルの美しい曲もあり。
今回は渡良瀬はなかったのですが、
「あー飯館村」では詩の朗読も入って非常に感動的でした!
美しくも熱い名曲です。



そしてですよ、そして!


仙波山のたぬきの童謡(有名な熊本の童謡です、あんたがたどこさ?ってやつですね)を弾き始めたところで、いきなり板さんが僕を見て叫ぶんです。
「こらーサックス〜!」
「えっ今ですか!」
といいつつ大慌てで楽器を組み立てに一旦オモテへ。
ですが、急に曲調が変わったので一旦楽器置いて店に戻りましたが、やっぱり呼んでる。
あわててなんの曲かもわからないまんま演奏の中へ。


まぁ僕もそれなりに度胸ついたよね〜(^^;


僕の中では仙波山のたぬきさんが抜けてなくて、
そんな雰囲気で吹きまくりました。
スタンダードやるよりも何やっても受け止めてくれるこのトリオだと、
大胆に吹けちゃうからすごく楽しいです。

ベースソロのあたりでいきなりやってる曲の譜面を渡されたんですが吹けるわけないですよ〜(^^;
この曲やってたんだ!って感じでビックリしました。

でも同じサウンドを共有できたことはすごくいい経験になりました!
どんなやって終わるのかとか全然わかんないので必死で聴きました。
ちなみにこれが僕の新しい伴侶マーチン・コミッティー3の初お披露目でした。
やっぱり響き方が全然違って気持ちよかったです。


その後席に戻ってアンコール。
板さんの美しいバラードで終わると思いきや、
Take The A Trainでまた前に引っ張りだされました(汗)。



なんだか最後テーマも曖昧になっちゃいましたけど楽しく一緒に吹かせてもらいました。
ものすごくありがたいことです。
こんな素人の僕をすごくよくしてくれるんです。
むちゃぶりも多いですけど(^^
これまでにもたくさんのすばらしい経験をさせてもらっています。


会場の皆さんがそれぞれたくさんの感動を共有してひとつになったすばらしい夜でした。
年末の都内のドルフィーでの板橋さんのライブはすごいメンバーですよ。
行けるもんなら行きたいくらい。
生で板橋文夫さんのピアノを聴いたことない方はぜひ聴いてください。
美しくて泥臭くて温かくて激しくてやさしい。

 
CDなら、まずはこれから!
2枚組のベストアルバムですが、2枚目は全部いろんなライブでの渡良瀬が聴けます。
名曲中の名曲です。
ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

音楽を楽しまれてますね(^^)V

私は子供は3人居ますが、テナーもアルトも2本ずつしか持っていませんので、3本目を持たれた方の気持ちは分かりませんが、子供が3人三様なのと一緒でどれも可愛いって感じなのでしょうか?(^^
りえ | 2013/11/11 1:57 PM
僕の場合コレクターではないので、あくまでメインを張っていく楽器探し的な気持ちで購入しています。

なので愛情レベルはそれぞれです(^^;

マーチンのもっと古いのはもうライブで吹くことはないだろうから、まぁコレクション的に持っておく感じか、手放すかもしれません。

セルマーは最初の楽器なので思い入れがあるので手放すことはないですけど、今はザ・マーチンに夢中です(^^

ちなみうちは子供二人です(笑)
楽器演奏への関心は微妙ですが、父親が人前などで吹いてることはひそかに誇らしく思ってくれてるみたいです(^^
マン | 2013/11/11 6:26 PM
子供たちにとって、とても良いことですね(^^

うちは、息子だけピアノ習い、アルト・バリサク・クラリネットと吹きましたが、ボーカルで音大へ行き、未だに夢を捨てきれない様です。まぁ、若い内は好きにさせてやるつもりです。人生一度きりなので。私もやりたい放題です。ウシシツ☆
りえ | 2013/11/12 12:22 PM
うちのチビたちはまだどうなるかわかんないですけど、そのうち「教えて」なんてアプローチしてこないかなぁなんて密かに思ってるところです(^^
今のところ僕もやりたい放題です(^^
マン | 2013/11/12 9:44 PM
コメントする