アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7月遊びに行ったジャズライブのまとめ〜 | main | 八代ファーストお盆ジャムセッション&奥村和彦トリオ@カフェ寿限無 >>

念願のソプラノサックスをついについに手に入れました

実は1年以上前からソプラノサックスがほすぃーなぁーと漠然と思っていました。
その思いは日に日に強くなるわけですが、
テナーならまだしもソプラノは高い!

テナーにはどうしても行きたくても行けない理由があるので、
的はソプラノにほぼ絞っていました。
が、テナーにも心揺れつつ・・です。

ぼーっとオークションを眺める日々が続きます。
僕の中に新品のサックスを買うという選択肢はないようです(笑)。
まぁとにかく高いですからにゃ。

最初はまったくソプラノの基準、マウスピースのことなどさっぱりだったのですが、
やっぱりマニアックに調べていくと次第に詳しくなるもんですね。
ただほとんど吹いたことがないので結局想像の範囲を超えません・・。

ふふふ・・もったいぶりますね〜。
相当安い台湾製にしよか、よくわからん古いドイツ製にしよか考えました。
が、結果ちゃんとしたメーカーのものを買いました。

ヤナギサワです(^^
ですが、モデルはS-6というヤナギサワが最初に作ったほぼビンテージです(苦笑)

1972年製、つまり僕と同い年で〜す(^o^ /
セルマーのマーク6を参考に作られたと言われています。
 
いろいろヤナギサワも歴史的にいろんな名器があります。
80年代のエリモナS-800とかも気になってました。
基本的に考えていたのはデタッチャブル・ネックではなくストレート。
一体型の昔からのタイプです。
エリモナのS-880は確か最初のデタッチャブル・ネックのモデルだったと思います。

ただいろいろ読んでたらどうも管が厚く音色が重厚そうだったので、
僕がイメージするふっくらして軽やかなソプラノの音よりもパワフルなイメージを
まぁ勝手に想像しているだけですが思っていました。

そうなってくるとS-6かぁなんて思ってはいたのですが、
初めてのソプラノがそんな古くて大丈夫か?
なんて考えるとなかなか勇気も出ないし、まぁなかなか出品もされません(苦笑)。

たまに見つけるとけっこうなお値段に直前で跳ね上がるので、
けっきょくスルーしてばっかりでした。


しばらくめぼしい商品も上がって来なくてつまんなかったんですが、
ふとS-6が出品されて、なんとなくピピッと何かが僕に降臨しました。
オークション終了の日はライブを聴きに行く日だったので、
出かける直前に入札して出かけました。

そうそう、僕まだスマホじゃないんです。


ライブを濃厚に楽しんだ後家に帰ると落札していました。
予想よりかなり安かったけど、希望よりはやっぱり高くなっていました。
それでもかなりお買い得な値段で落札。


あっと言う間に届きました(^^
パッと見キレイですが、サビも結構あります。
でも僕はピカピカよりも、かえってそういうのが好きなので問題なし。
タンポの状態はパーフェクト。
ただ残念なことにマウスピースはついてなかったので、とりあえず吹けない・・・。


すると親しい友人から貸し出しの申し出が!
ヤナギサワ・エボナイトの7番、ちょうど僕が考えてた開きです。
魔法のリガちゃんとリードも数種類つけてくれるありがたい手助けでようやく吹くことができました。


まだセッティングは決まっていませんが、
とてもすばらしい音色です。
セルマーのシックスならぬヤナギのシックス。
とても気持ちのいい響きと柔らかめの音色です。
現代の楽器では出せないでしょうね、このカラーは。

ただし音程は確かに非常に難しいですね!
これがソプラノかぁ・・・と感心してしまいました。
一音くらい簡単にずれますね。
気を抜くと。

マークシックスと同様ストラップをかけるところもないので完全手持ちです。
腕立て伏せ始めなきゃです(苦笑)。


ですが、前述の通り音色はとても素敵です。
あとは僕が楽器に馴染んでくればもっとよさがわかってくるかな。
とにかくずっと持ってると腕が筋肉痛&手首が腱鞘炎になりそうだ!


ジャズのアンブシュアだとかなり音程が下がりやすいので、
もうちょいマウスピース深くささないとダメかなぁなど、まだいろいろ試行錯誤中。
全然扱い自体も慣れてないです。


キーバランスも悪くはなさそうですが、
僕の持ち方が安定しないからか、どうなのか若干漏れてるような、ひっくりかえるような?
一度バランス調整はしてもらった方がいいのかもしれません。


アルトは夜でもe-SAXで練習できますが、ソプラノはせいぜい夜9時くらいまでなので、
けっきょく仕事の昼休みに練習しています。
以前もこの時間の有効活用でフルートをやったりしました。
ただあまりの暑さにさすがにエアコン入れさせてもらってます(^^;;


いろんな吹き慣れた曲もキーがけっきょく変わることになるので、
新鮮で楽しいです。
アナザーユーがF(アルトだとC)だったり、FブルースがG(アルトだとD)だったり。
フロントFキーでの操作に最近慣れてたので、
それがないS-6ではパームキーでやらなきゃいけないので、そこもまだ全然安定しないです。
とにかく難しいですね。


まったく違う楽器を始めたつもりで練習しているところです。
慣れてきたらいつかデビューしたいと思います!

またマウスピースなどセッティングが決まったら報告します!
サックス及び音楽関連グッズ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする