アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2015年あけましておめでとうございます | main | 2015年の1月の音楽活動まとめ >>

ダイアトニックコードの理論おさらい

有言実行ということで不定期でアドリブの考え方の基本を考えてみたいと思います。
前回入り口的話をしましたがさっそく具体的な理論の話を書いてみます。

今はとっても便利な時代になってiREAL Proなどのアプリで
そのコードに使える基本的なスケール(アヴェイラブルノートスケール)まで
表示してくれたりするので勉強する手間もなくわかっちゃったりします。
でもなんでそのスケールが使えるのかをわかんないといつまでも自力では
アヴェイラブルノートスケールがわかんないということになります。

まぁアヴェイラブルノートスケールがわかったところで
ジャズのフレーズにできないといけないのですがそれはそれ。

では何が手がかりになるのかと言うと
コード進行をある程度でも理解することとなります。
「うわちゃー」とここで思った方もいらっしゃるかもしれません。
ですがコードの役割をある程度わからないと行き当たりばったりでは昔の僕みたい〜(苦笑)

そこで大事になってくるのがコードの役割の仕分けです。
昔書いている理論講座でトニック、ドミナント、サブドミナント、サブドミナントマイナーという役割。
そしてダイアトニックコードとノン・ダイアトニックコード。
そのコード進行で何が行われてるかのドラマを理解することで
その曲がもっているドラマの流れにそって自分のシナリオを乗っけていけるというわけです。
 
で、一番基本になるのがダイアトニックコードです。

Cメジャーの曲であれば、
ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ
この音だけで作られた3和音や4和音。
CM7( I )  ド・ミ・ソ・シ    トニック
Dm7( II )  レ・ファ・ラ・ド   サブドミナント
Em7( III )  ミ・ソ・シ・レ    トニック
FM7( IV )   ファ・ラ・ド・ミ   サブドミナント
G7( V )   ソ・シ・レ・ファ   ドミナント
Am7( VI )  ラ・ド・ミ・ソ    トニック
Bm7b5( VII ) シ・レ・ファ・ラ   ドミナント
(M7はメジャーセブンス、m7b5はマイナーセブンスフラットファイブ)

Cメジャーの曲の中に頻出するコードです。
Cメジャーという調性の中で機能する一番基本的であり重要なコードたちです。
トニックやサブドミナントなどの区別や意味は過去の記事を探して調べてくださいね。

まぁコードだけみたらわからんと思ってもこうやって並べてみると、
ダイアトニックコードは実はそのキーのスケールだけで構成されています。
なのでこれがFメジャーだったらルートをCからFに変えてやればよいのです。
FM7,Gm7,Am7,BM7,C7,Dm7,Em7b5
同じ形になります。


今二つのキーでダイアトニックコードを並べてみましたが、
どちらにもDm7が出てきますね。
ところがこのDm7もCメジャーの時とFメジャーの時では役割が違います。
CメジャーでのDm7はサブドミナントです。
よく耳にするツーファイブのツーです。
この場合ここのスケールはCメジャースケールをDから始めてできるDドリアンスケールとなります。
なぜかは過去の記事に書いてあると思います。

Fメジャーの時のDm7はVIm7にあたるのでトニックとなります。
なのでFメジャースケールをレから始めたスケール、つまりDエオリアンスケールとなります。
エオリアンスケールなんて聞くとなんじゃそりゃって思うかもしれませんが、
ダイアトニックスケールの6番目の音から始めるとそうなるんです。


キーが異なると同じコードでもそこに使えるスケールは変わってくるということ。
そしてダイアトニックコードはどれもダイアトニックスケールでできていて、
コードのルートからそのキーのスケールを吹けばアヴェイラブルノートスケールになるということです。

ちなみにスケールの名前はCメジャーで現すと、
CM7( I )  Cイオニアンスケール(ドレミファソラシ)
Dm7( II )  Dドリアンスケール(レミファソラシド)
Em7( III )  Eフリジアンスケール(ミファソラシドレ)
FM7( IV )  Fリディアンスケール(ファソラシドレミ)
G7( V )   Gミクソリディアンスケール (ソラシドレミファ)
Am7( VI )  Aエオリアンスケール(ラシドレミファソ)
Bm7b5( VII ) Bロクリアンスケール(シドレミファソラ)

なのでダイアトニックスケールの時は実はなんも考えなくても
その曲のキーを使えばなんとかなるということです。
同じことを過去にもかいてるかもしれませんけどおさらいということで。
マイナースケールは3種類あるのでそれぞれ考えるとちょっとややこしいので、
とりあえずここはメジャースケールのみお話しします。
もちろんマイナーキーでもダイアトニックコードが出来上がりますが、
マイナースケールの種類によって出来上がるコードが当然変わります。
マイナーキーも平行調のメジャースケールとして考えるというのもひとつの手かと思います。



ですが、ここまで書いてなんですが、
ジャズの曲でダイアトニックコードだけで書いてある曲はほとんどないかも。
つまりそのキーのスケール以外の音を使ったコードがたくさん出現します。
それらを総じてノン・ダイアトニックコードと言います。

これらのコードが曲にたくさんのドラマを生み出して展開を拡げているのです。
軽い抑揚を持たせる程度のものから転調までいろいろ。
なのでダイアトニックコードがわかった上で、
今度はノン・ダイアトニックコードを理解しないといけません。
つまり曲のコード進行を理解する上でポイントになるのが
それらのノンダイアトニックコードであり、そいつが何の機能をしているかで、
そのコードに対応するスケールを使い分けます。
基本的にダイアトニックスケール以外のスケールになります。
これはまた今後のお話ということで今回はこの辺で!
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする