アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 藤山ET英一郎セッションwith西尾健一3days in 熊本 | main | 演奏のお仕事2件! >>

楽器のスケール練習について

楽器はなんであれジャンルはなんであれスケール練習って大事です。
でもやっぱり最初は指もよく動かないのにましてそれがメロディーではなくドレミ・・では楽しくない!
そう思ってなかなかスケール練習が進まない方は多いのではないでしょうか?

かくいう僕もサックス始めて最初のうちにしばらくクラシックの先生にスケール練習をさせられていましたが、必要性がわからず途中で投げ出したものでした(苦笑)
「させられていた」という言葉もポイントです。
今では応用編ではありますが積極的に行っています。

楽器を始めてすぐはとにかく曲が吹けるようになりたいとか思います。
音階練習なんてしなくてもそのうちうまくなればできるようになるさ!
そうやって月日が流れていきますが一向にうまくなりません。

一生懸命譜面を追いかけやっとメロディーを吹けるようになる。
でも例えば#が4個ついてる曲(Eメジャー)とかはやらないわけです。
♭が5個とかとんでもないわけです。
CメジャーとかFメジャー、Gメジャーとかの曲で手一杯!

アドリブ?
そんなの感覚でなんとかなるでしょ!

いーえ、なりませんよね!
せいぜいそれらしく吹けるのは枯れ葉くらいでしょ!


・・これ全部過去の僕の話です(苦笑)

楽器がうまくなるためにはやっぱりスケール(音階)練習が必要不可欠なのです。
ではなんでそんなに面白くないのにみんな必要と言うのでしょうか。
そんなことしなくてもうまくなる方法はあるんだろうか?
スケール練習を行うメリットはたくさんあります。

まず読譜力がつくこと。
当然全部のキーのメジャーやマイナーのスケールを練習するのですから#や♭が何個つこうが吹かざるを得ません。
サックスの場合#や♭が増えるほどサイドキーの組み合わせが複雑になるため運指が難しくなります。
そしてすぐに嫌になるんですよね、練習が・・。
でも根気よく継続することでやっぱり指が自然と覚えてくるようになります。
僕はそんなに正確でもなくスピードも全然いまだに遅いですが、それでも12キーはメジャーもマイナーも譜面見ずに吹けます。
過去の記事ではこんなことは書いてなかったですよね?

つまり積み重ねでちゃんと覚えて出来るようになってくるということですね!


そしていろんなキーの曲への対応力が備わってきます。

これは例えばやり慣れた曲でも女性ボーカルに合わせて演奏することになった時など役立ちます。
いきなりやり慣れないキーでリクエストされることもあるからです。
イパネマの娘をDでとか言われたらかなりショッキングですよ。
アルトサックスではBメジャー(#5個ですが#6このF#よりも僕はやりにくい)ですしあのBメロの複雑なコードチェンジ。
辞退したくなること間違いなしです(笑)

が、やっぱりスケール練習で慣れておくことでまぁどうしても逃げられない時はなんとかなるもんです。


ジャズでアドリブをしたいと思っている人にとってはマストな練習

感覚でもなんとかアドリブできたような気になる曲はありますよ。
しかし大半の曲はそのキーの音だけ使っていればどーにかなるというものではありません。
All The Things You Are
という曲をご存知ですか?

これを感覚だけでまったくコードの知識なくバッチリ(コピーじゃなくて、ですよ)アドリブを自由にできればそれはそれはたいしたものです。
聴いてる人も納得できるレベル、という範囲で。

めまぐるしく転調していく曲なのでそこにあるコードや変わったキーなどに対応していかないとなかなかうまく音がハマらないはずです。
そこにスケールの知識があるとコードと直結します。
アルトだと♭一つの曲ですがFメジャーからはじまってAメジャーが出てきてCメジャーが出てきてEメジャーが出てきてC#メジャーが出てきて・・・みたいな感じでしょ?
適当にアドリブ吹いてあたる確率はかなり低いと思われます。
コードのセオリーももちろん知ってた方がいいのですがそれはまた別の話。

もちろんコードもテンションなどが加わると複雑化しますが、基本はメジャーコードとマイナーコード。
スケールがわかればそこからテンションのところをずらすとかの工夫だけでだいたい使える音がサクッと出てきます。
もちろんかなり練習の時から意識しないとすぐには、というわけにはいきませんけど。

アドリブの勉強をするとミクソリディアンスケールやドリアンスケールなどいろんなスケールが出てきます。
これは大変だとわからないうちは思うんです。
僕も気が遠くなりそうでした。


でも実は理屈を知ってしまえば結局メジャースケールが軸になるんですね。
スタート地点を変えるだけで他のスケールが出来上がる。
とりあえず3番目の音を半音下げるとマイナースケール(この場合メロディックマイナー)になるとか。
2番目の音からスタートすると実はそれがドリアンスケールだったとか。


なのでスケールを自在に吹けるようになることはつまりうまくなるための一番の近道なんですね。
曲の練習などもやらないときっと飽きてしまうのでもちろんオッケーなのですが、とりあえず半年から一年くらい無我夢中でスケールに取り組んでみてください。

きっと違う世界が見えてきます。
難しそうな曲もわりとちょっとの練習でいけるようになります。
アドリブをしたい人もより曲に乗っかったアドリブに近づけるようになります。

練習する時にだいじなことは単に譜面を追っかけることだけに集中しないということです。
自分が今吹いているのは何のキーか。
そして分散和音となる1,3,5,7などのポジションを意識するなど指の動きの練習だけじゃなくスケールを体に覚えさせることを意識してください。

それだけでコードへの対応力、譜面への対応力がまったく変わってくるはずですよ。
なかなか根気がいりますがちょっとストイックにやってみましょう。
ハマるとスケール練習が苦にならないばかりかやらなきゃって気がより湧いてくると思います。
ぜひお試しください!
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

お久しぶりです!(^^)/
スケールの大切さは僕も日々ますます痛感実感しまくりです!
最近大切にしているのは12キーのミクソリディアンとHP5です。
西洋音楽の一番のポイントはドミナントですね〜♪
メジャーとマイナーの2種類のドミナントを司るスケールを12キーでマスターする事はどえらく実践的です!
特にC♯、G♯、F♯等の難しいキーでやる事が大切ですね〜
しかしスケール練習しいるときはそれなりにできてもアドリブ本番になると指がもつれる事度々です…
(><)
居眠りしていても指が自然に動くくらいにしとかないとですね〜
ビオラブーケ | 2016/04/03 4:32 PM
ホントにお久しぶりです!
僕は一応全部のキーのスケールは覚えてて吹けるんですが、それを正確に速く吹くってのが大変というか、ある程度のところで満足してたところなんです。
結局テクニックの向上ということですねー。
速く吹く練習をしています。

もちろんフレーズを正しいアーティキュレーションでコピーするのも重要ですし、つぶさないと行けない項目は山ほどありますね(^^;
練習は理詰めで本番は気合いでやってます。

気長に頑張ります!
楽しんで頑張ってください!
マン | 2016/04/03 8:08 PM
「スケールやフレーズが吹けるという事と、それをアドリブ中に活用できるという事は別の事だ」とよく師匠に指摘されます。
基礎練習も大切だけど、それをアドリブに活かす練習もまた必要ですね〜^^
「練習は理詰めで本番は気合い」とは全くその通りですね!(^O^)
ビオラブーケ | 2016/04/03 10:16 PM
スケール練習はあくまで楽器のテクニック向上が目的。
アドリブに活かすためのフレーズの練習とは別物ですよね。
コードトーンだけを使ってハッピーな演奏ができれば最高なわけでスケールはそこからの枝葉です。
アドリブの練習では使う音を限定して、いかにその中でかっこよく歌えるかということをやるようにしています。
なのでアルペジオも大事ですねー。
先は長い!
頑張りましょう!
マン | 2016/04/06 9:28 PM
コメントする