アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 火の国バンド(奥村和彦、西尾健一、藤山英一郎)@八代バロンズ倶楽部 | main | 八代ジャズバーファーストでライブしました >>

松橋ジャズ研究部11月合同練習

平成28年11月3日
この日はほぼ全員メンバーが集まっての練習となりました。
産休中のアルトさんも顔出しのみですが参加。
どうしても忙しい方1人のぞいて全員という久しぶりの賑やかな練習。

文化の日ということで仕事も休みだったので夕方ジャズブルースの基本をノートにまとめてみんなの分をコピーしました。
ブルースとは、という話からマイナーペンタトニック一発の話。
ブルーノートとブルーススケール。
そしていわゆる西洋音楽的な考え方によるコード進行の分析。
代表的なFブルースの曲やセッションでの流れなどを文章でまとめました。

アルトのキーを元にざーっと書いてたらBb用のキーを思いっきり間違えてました(笑)
GのブルースになるのにAブルースで書いちゃいました。
C用のキーもBbをBで書いちゃってたりと間違いだらけの説明書でした。

まぁほとんど参考書など見ずにツラツラと書いてますので昔理論講座を書いていた頃からすると知識がだいぶ定着してきてるんですね。
こういう致命的な勘違いもやっちゃうわけですが・・。

せっかくみんな揃ったので1時間ぐらいを講義形式でブルースについて行いました。
やっぱり理論は難しいんでしょうね。
簡単にしたつもりですがみなさんの頭の上には?マークがポワッポワっと・・・(*^^;

理論よりも結論としてはカタチから入れということでコピーしまくりましょうという感じで締めました(笑)

そのあとは実際にブルースでセッション。

来年に向けて演奏曲をしぼってより深い理解をしてライブが出来るようにしていこうということなりました。
今みなさんにやってみたい曲を募っているところです。
後日独断と偏見で5,6曲に絞ってそれを来年の課題曲としてカタチを作って行こうと思います。

メンバーも吹奏楽のベテラントランぺッターが新たに加わり管が充実してきました。
プチビッグバンド的なアレンジも行けるかもしれないので頑張ってやっていきたいと思います。

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする