アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 松橋ジャズ研究部来年の目標 | main | 奥村和彦トリオツアー2016冬始まりました >>

サックスを吹いていて一番嬉しい褒め言葉とは?

サックスを始めたのが26歳の時。
ダラダラと適当に趣味の範囲でやっていた音楽はいつの間にか生活の中に大きく入り込んでいました。
今44歳。
もう18年になりました。

しかし本当にサックス、そしてジャズと向き合ったのはここ8年くらい。
まさしくこのブログを始めた頃です。

時代はSNS全盛でブログはすっかり減りましたね。
サックス系のブログをされていたかたも多くの人が更新が止まったままです。
僕はなんとか書き繋いでいますけどね。
僕が歩んできた記録として。

未だにブログのサブタイトルは「脱素人をめざして頑張っています」です。
ブログを始めた頃の僕、というかここ3年くらい前の僕なんて全然そんな感じでした。
最近活動が多くなってプロミュージシャンと共演したりジャズ研の顧問をしたりとサブタイトルがおかしいというご指摘もいただきましたが、僕のスタンスはあくまでアマチュアミュージシャン。
今でも自分がうまいと思ったことはカケラもありません。
もちろん成長は感じていますが。

よくプロもアマもジャズはあんまり垣根がないという話を聞くこともあります。
が、やっぱり音楽にすべてをかけているプロミュージシャンと安定した仕事しながらのアマチュアを同じ土俵で比べたら失礼です。
僕はあくまでアマチュアとして上を目指しています。

そんな僕ですが最近ようやく褒めてもらえる機会も増えてきました。
調子に乗るつもりはないですがやっぱりうれしいですよね。

師匠にも最近やたら褒められますが、悪いところは全部見抜かれてるので逆に怖いですね〜。

とにかく褒められて一番嬉しい言葉はなんでしょう?

僕は音色を褒めてもらうのが一番嬉しいです。

だってサックスなんてそれがすべてだもん。

どんなにすごいテクニックで超絶なフレーズを繰り出しても音色が悪ければ・・・

僕はクラシックを学んだわけでもなく吹奏楽部の経験も大学のジャズ研もない。
社会人になってからな譜面も読めない状態でなんとなく始めたサックス。
圧倒的に技術では多くの人にまったく太刀打ちできません。
だったらこの僕がジャズサックスを演奏するのに必要なこととは何か?

やっぱり一番が音色だと思うんです。
そしてリズム。
そしてジャズ愛。
そして少しの音楽理論。

もちろん技術向上のための基礎練習はしていますよ。
でもすごい人には到底時間的にも才能的にも追いつけない。

ただし音色は別です。
それは道具がどうこうではない。
練習時間がどうこうでもない。
自分の中の好きな音色イメージがどれだけあるかだと思うんです。

イメージがしっかりしていればあまり道具は関係なくなる。
もちろん道具の善し悪しもありますが。

その点僕はたいていの一般の人には負けないくらい素晴らしいミュージシャンのライブを相当な数聴いています。
生音でたくさん聴いているから、好きな音色、好みではない音色もハッキリ頭の中にあります。
言葉で表現できることではないけど。
身体が知ってる感じ。

それが近年次第に明確になってきて自分の音色に自信がどんどんついています。
とにかく音色にはこだわりたいですよね。
ちなみにセッティングはもう3年以上変わっていません。

そしてついに先日熊本の老舗ジャズ喫茶おくらのマスターから
「最近すごく音がよくなったね。前と全然違うよ」
って言ってもらえたんです。
あの耳の肥えたマスターから!

もう舞い上がっちゃいますよ。

あー続けててよかったなと思いました。
最高の気分です。

誰の音でもない僕の音。
それは決して誰かに似ている音でもなければお手本となる音ではないかもしれない。

そして技術がない分をジャズ愛でカバーする僕の身から出てくる表現。
「あの人みたい」ではなく「このプレイはマンさんだね」と言ってもらえるようなプレイヤーになりたいなと思ってます。

「うまい」じゃなく「いい」とか「面白い」サックス吹きをめざしてさらに高みを目指したいと思います!
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

本当に最近サックス系のブログ仲間がどんどん減っていくのは寂しい限りですね!
僕もマイペースですが続けていく所存ですのでよろしくです〜♪
ジャズをかじり始めて10年経ち、やっとセッションが楽しくなってきたところです。
褒められて嬉しいのは、何と言っても「良い音ですね」
と言われた時ですね。
数えるくらいしかありませんが・・(笑)
ビオラブーケ | 2016/12/15 6:20 PM
ビオラブーケさんも長いですよね〜。
いつかお会いできたら楽しいでしょうね!
これからも楽しくお互い頑張りましょう!
マン | 2016/12/15 8:22 PM
コメントする