アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017年最初の松橋ジャズ研究部合同練習 | main | 2017年明けてからの近況報告 >>

理屈が先か?形が先か?という苦悩

大人のジャズ研を友人と立ち上げて4月で丸2年。

メンバーも安定しています。

 

ただこの2年でどれだけ成果が上がったかと考えると・・・

 

結局は個人の練習量によるわけでレッスンではないので頼り切られてしまうのも困るのですが、

やっぱり顧問的な立場である以上ある程度アドリブのコツやジャズのエッセンスを伝えていかないといけません。

これが本当に難しい。

 

もともとジャズをやっていたピアノの女性、ベーシスト、ドラマー以外はみんなジャズ初心者。

楽器初心者もいます。

レベルはバラバラ。

 

もうめちゃくちゃ難しい。

決してネガティブな意味ではなくて。

 

どうやっていい感じのアドリブができるようになってもらおうかなと考えるわけです。

だいたい自分がどうやってたどり着いたかを思い出しても思い出せない!

 

結局コピーや理論の勉強をトータルで積み重ねていった結果なんですが。

自信を持って色々言えるようになったのはここ2年くらいじゃないかな。

まだ音楽理論に関しては非常に足りないことがいっぱいありますし、技術なんて全然自慢にもならない程度。

 

そんな感じだから上手に伝えることができないのかもしれません。

いつも曲についてはコード進行の解説から入ります。

そしてスケールを設定。

 

でも結局アドリブをそれだけわかったところでやってもらっても全然よくならない。

 

先日今年2回目の松橋ジャズ研究部をしました。

初心者の部としている日なのですが、結局内容は音楽鑑賞がメインでした。

課題曲の巨匠の演奏などを聴いてもらったり。

 

結構みんな聴いてないんですよね。

チャーリーパーカーは聴いてない。

キャノンボールアダレイとマイルスの枯れ葉も聴いてない!

 

これではいくら理屈が分かってもブルースはできない。

枯れ葉はまだ他にも演奏はあるでしょうけどジャズスタンダードになるきっかけとなった名演。

 

 

もう好きとか嫌いじゃなくこの時代をいっぱい聴いていっぱい体に染み込ませてください!

 

 

そういう話でその日は締めくくった感じです。

 

理屈が分かってもジャズの言葉を知らないと喋れないんですよね。

あいうえおを知っても言葉を知らないと。

 

なので今後は具体的なフレーズの見本なんかをエニーキーで用意して掴んでもらうようにしようかなと。

ただ普通自分でやるんですけどね。

僕も時間がないのでどこまでやれるかはわかりませんが。

 

形で覚えて後ほど理論的に落とし込む。

 

この流れの繰り返しで深まっていくのかな。

わかんないけど。

 

なんとか課題曲にあげたものは今年中にある程度形にして人前でやりたいですけどね!

みなさん忙しいのにちゃんと集まってくれるので、なんとか応えたいと思います。

それが自分のためにもなるからですね!

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

アドリブを人に教えるのってどえらく難しいですね!
僕が前についていた森師匠や今ついている椿田師匠は本当に大変だなとしみじみ思います。

コードやスケールがわかってもアドリブできるわけではないし、コピーばっかりやっていてもできるようにはなりません。
フレーズを覚える事は大切だけど、フレーズだけではアドリブはできません。
メロディーを崩す事も大切だけどそれだけでもダメ。

Woody Allen は「顔さえ出せば80%は成功したも同然だ」と言った事があるそうですが、結局はそういうことかも。
10年ほど前に初めてジャムセッションに参加した時の心臓バクバクは未だに忘れられません。

結局どれだけアドリブが上達するかは本人次第なんですね〜 ^^
指導者はヒントを与えることしかできないのではないでしょうか?
ビオラブーケ | 2017/01/28 9:08 PM
まさにそうだと思います。
なので様々な練習の方法を模索しながらヒントを与えていっているところです。
ジャズ研はあくまでジャズ研のはずですが、みんなレッスンと勘違いしてるのではないかと最近思うようになってしまいました。

結局個人が色々試さないとのびないですからね〜。
資料作りとかも結構やっていますが、皆さん待ってるだけのような気がしてきています・・・。

自らが求めてくればいくらでも答えるのですが、こちらからの指導を待ってるだけというのはちょっと趣旨に反するのではと葛藤してしまいます。

そのうちそんな話も皆さんに正直にしようと思ってますけどね。
タダでなんでも習おうという考えだけはやめてほしいかな。

そんな感じでジャズ研の活動自体も見直さないといけない時期にきてるのかなと思っています。
ホントに教えるって難しいですね!
まぁ自分に返ってくるものも大きいので頑張ってますけどね。
マン | 2017/01/28 9:40 PM
コメントする