アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3連休 | main | 食奏うえのさんでのディナー演奏 >>

ツーファイブフレーズを12キーで練習するためのシート作り

アドリブ上達のためにはフレーズをエニーキーでやることが大事とはよく言われます。

なかなか楽器自体がうまくならないとスムーズに全部のキーでサクサク吹くのも大変。

一つのフレーズを移調するのだって我々社会人はなかなか時間がないし、頭でサクッと移調できるほどの技術はまだ備わってない。

 

まず最低限メジャー、マイナー12キーのスケールをきちんと吹けないといけないかなとは思います。

もちろん譜面とか見ないで、ですよ。

これでいろんなスケールはかなり網羅できるので最重要。

マイナースケールは3つの違いをキチンと理解しておきましょう。

ハーモニックマイナーとメロディックマイナー(オルタードスケールの理解に役立つ!ジャズではこのスケール大事です)。

ナチュラルマイナーはメジャーのひっくり返し。

 

でも12スケールをドレミ・・・でやってもフレーズでやっても全部のキーでやるのと同じといえば同じ。

フレーズを利用して12キー練習すればアドリブ練習とスケール練習が同時にできるとも考えられます。

なのでスケール練習の応用編としてツーファイブのフレーズなどを12キーでやるのが楽しいです。

あくまで応用編なので先に述べたメジャー、マイナーをマスターしたのが前提です。

 

もちろん頭で移調できる人はそれでいいでしょう。

まぁそれができる人はこんな記事読まないでしょう。

手書きで自力で移調できる時間がある人はとても頭の体操にもなっていいでしょう。

でも僕たち社会人には時間がない!

 

なので僕は遠慮なくパソコンを活用しています。

フリーの譜面作成ソフトMuse Scoreを使っています。

慣れるまでは手こずりましたが、入力法の理解と12キーへの移調のルーチンができてきたので最近はサクサク作れるようになりました。

 

僕はCから半音ずつ下降していってます。

コードもあらかじめ入れておけば一緒に移調されます。

B,Bb,A,Ab,G,F#,F,E,Eb,D,Db(C#にすることもあります)

なので拾ったフレーズも一旦ツーファイブならDm7-G7に移調してから同じフレーズを半音ずつ下降させていきます。

 

入力したDm7-G7などのフレーズを隣の小節にコピペして選択したらメニューの音符から移調を選びます。

ダイアログの一番上の「調で」から移調したいキー(この場合はBメジャー)を選んでOKするだけ。

最初にコピーしたDm7G7のフレーズを再び次の小節にコピペしたら同じ要領で次はBbに移調。

こんな感じで繰り返すと一周します。

 

ダブルフラットやダブルシャープがつくと見辛いのでそこは読みやすく訂正。

また音域も吹きやすいように上げ下げして練習シートを作っていきます。

 

あとはセブンスのところがオルタードスケールだとかコンディミだとかb9から始まるとかフレーズの構造を確認します。

それがわかるようなタイトルをつけたりします。

 

1小節の短いツーファイブフレーズなども作っておくと結構使えます。

ちなみにフレーズは雑誌やジャズのエチュードなどから頂きます。

もちろん耳コピしたかっこいいフレーズでもなんでもOKでしょう。

 

当然作って満足ではなくシートを使って練習しないとですね。

そしていろんな曲でその部分を抜き出して使ってみたりするとイメージが曲のコード進行と結びつきやすいかなと思います。

 

いっぱいやってるとだんだん相対音感も備わってくるので、簡単なフレーズは頭で移調できるようになったりもします。

オルタードスケールを使ったフレーズはこんな雰囲気になるんだなとか、フレーズの個性も理解できるようになります。

なんでも頭と体と同時に使ってやってると、いつか結びついて来るもんだなと思います。

だらだらとできる範囲で適当にカラオケなんかに合わせて吹くよりは、

こういった練習をコツコツ積み重ねたほうがアドリブ上達への近道だと思います。

 

半音ずつ下げる方法もありますが、四度進行で移調して行くのもアリですね。

C-F-Bb-Eb-Ab-Db-F#-B-E-A-D-G

この順番。

 

リズムチェンジ(I Got RhythmとかOleoとかの循環)や他にもいろんな曲のサビ部分でよく使われる進行です。

もちろんセブンスはツーファイブに分解して考えてよいです。

 

もし良かった練習の参考にしてみてください。

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする