アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サキソフォビア九州ツアー2017@酔ing行ってきました | main |

リードの寿命と当たりはずれ(最近の僕の場合)

サックス奏者のみならずリード楽器奏者の大きな悩みの一つがリード。

天然ものゆえのいわゆる当たりはずれが存在します。

原材料の葦の問題もあるのか年々当たりが少なくなっている!

 

さらに使っていると次第にへたってきていつか寿命を迎える・・

 

あー儚いですね。

 

ついでに種類も硬さもいっぱいありすぎて、どれが自分に合ってるのか見つかるのに時間がかかる!

金もかかる。

しかも初心者のうちは合ってるのかどうかもよくわからない!

 

好きな人はハマりますが(泥沼に?)めんどくさがりの人は挫折の原因になったりして(笑)

 

 

皆さんそれぞれリードへのアプローチは様々だと思います。

僕の最近のリードとの関わりについて書いてみます。

 

僕が始めたころはまだインターネットも発展してなくて情報がありません。

ジャズ研出身なわけでもなく周りに詳しい人がいませんでした。

当面バンドーレン青箱2半を使っておりました。

 

当時はかなりの抵抗感で吹きにくく感じたものです。

なので吹きにくい=はずれ

ということで判断していたように思います。

 

でも今となって思うのははずれじゃなくて自分がヘタクソなだけだったのでは?

という気持ちです。

 

今青箱吹けばだいたいどのリードも吹きにくいってことはないです。

ただ個体ごとの吹奏感の違いとか音色の違いという個性はわかります。

この子は鳴りたがる、この子は若干腰が重い、などなど。

 

その中に自分の好みの鳴りと音色があれば当たり!

ちょっとイメージと違って本番には使わないかなというのを一応のはずれと僕はするようにしています。

でも基本完全なはずれとは思ってないので練習用として使います。

1箱の10枚全部。

 

もったいないからというのもありますが、基本納得できないほど音色が悪いものは滅多にないです。

まれにどうしようもなく響かないのがありますが、さすがにそれはストレス溜まるので一思いにボキッと折っちゃいますけど。

 

銘柄はいろいろ使ってきましたが今はずっとRICO Jazz Selectで落ち着いています。

リコというか今はダダリオですかね。

 

使ってるマウスピースがダーク系なのでリードは若干のフォローが入るようファイルドカット。

硬さは少しずつ上げていき3Hでもう3年くらいになります。

ちなみに多田誠司師匠と同じ(^^

 

一度に3枚ほどおろして吹き比べ。

結構ケチです(^^;

基本僕はほぼリードは濡らしたり下準備はしません。

ペロってくらい。

 

うらにマジックでその子の個性を自分にわかる程度に簡単に書いてます。

すごく気に入ったらもったいないのでライブ用。

あとは明るめ、ダーク、抵抗感あり、楽などなど。

 

1回で10分程度吹いて判断しますが、2回目以降に印象が変わることもあります。

 

自分の好みはやや抵抗感が強いもの。

多少こなれたときの音の張りやボリュームがいいように思います。

 

 

では寿命はどうか?

これはもう僕の感覚では相当短いです。

休日に数時間ハマって練習に使ったらほぼ終わりです。

ライブにはもう使えない感じ。

練習用。

 

それと一回ライブで使ったリードもあとは練習用になります。

 

これは人それぞれなんでしょうけど、コシが明らかに弱くなってきてるように感じます。

小さい音で吹いた時の安定感が悪くなります。

大きい音は張りがなくなります。

自分の部屋くらいでは変わりなくても会場などではハッキリわかります。

あくまで僕の感覚ですけどね。

 

以前は結構粘ってたんですよ。

多分まだ自分の音が定まってなかったのかな。

 

練習ではけっこう粘って使うので(じゃないとお金がいくらあっても足りない!)

ピーピーと変に反ってきたりしてリードミスするようになったらさすがに折りますけど。

出番が少なければ月3〜5枚くらいでセコセコ消費する感じですかね。

 

あくまで僕のイメージですがバンドーレンは硬質で明るいイメージ。

リコの方がジャズっぽい気が勝手にしています。

 

長々書いたわりに何の参考にもならない話なんですが、まぁ僕はこんな感じということです。

こんな人もいるんだって程度に読んでもらえるといいです。

 

ある程度銘柄を決めたらじっくり付き合いながら、吹き易すぎず、吹き難すぎないところの厚さを見つけていくといいのではと思います。

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする