アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 石井彰、金澤英明デュオ2018九州ツアー行ってきました | main | 松橋ジャズ研究部2018年新年会! >>

大口純一郎、林栄一クインテット@酔ing行ってきました

平成30年1月21日(日)熊本酔ing

すごい組み合わせ!

 

大口純一郎(Pf)、林栄一(As)、米木康志(B)、楠本卓司(Dr)

 

これは聴かねば!

 

ドラムの楠本さんは九州はかなり久しぶりとのこと。

他の3名の大御所は実は先月にもお会いしています(^^

ちなみに大口さんと米木さんは2月にも、林さんは3月にも熊本にいらっしゃいます。

 

林栄一さんは僕にとってサックスの神様みたいな人。

世界一クラスのすごい音と世界観だと思っています。

 

先月も一緒に演奏させて頂きましたが、この日も開口一番「楽器持ってきた?」って聴いてくれました。

なんかえらく可愛がってもらってありがたいです。

 

ライブはもう素晴らしすぎてやっぱり僕には表現できないです。

きちんとフォームの中にありながらもそこの林さんらしさも加わって深いサウンド。

楠本さんのドラムがまたとても気持ちがいいです。

安心感に包まれる米木さんの安定した暖かいベース。

そしていつも以上に攻める大口さんのピアノ。

もうワクワクが止まりませんでした。

 

そしてセカンドセットの一発目は僕もシットイン。

林さんが横にいると緊張するというよりはパワーをもらえる感じでとても頑張れます。

3コーラスくらい8バース、4バースでバトル(試合になってませんが)もさせて頂きました。

いやー圧倒的にすごいです。

でもいい経験をまた一つ積ませていただきました。

今年初のシットイン。

 

後半戦ますますサウンドは深みを増して終了。

もう放心状態になるくらいの素晴らしさでした。

日本のジャズの歴史を作って来られた大先輩方の熟成されたジャズの魅力が詰まっていました。

 

これを聴かなくて何を聴くの?

という感じです。

終了後も楽しく皆さんと談話していい夜となりました。

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする