アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小島のり子九州一人旅ツアー2018@酔ing行ってきました | main | 奥村和彦、安東昇、松崎佳代子トリオ@寿限無 >>

板橋文夫ソロライブ@おくら行ってきました

平成30年5月31日熊本Jazz Inn おくら

 

僕にとってのジャズ人生の父とも言える偉大なピアニスト板橋文夫さんのソロ。

いつもバンドが多いのでソロは相当久しぶりです。

 

ちょっと会場から離れたホテルだったので心配で連絡しましたが大丈夫とのこと。

今から会場に行くんだよと言われてたのですが、その後食事を済ませておくらに行ったらまだ来てませんでした(笑)

やっぱり迎えに行けばよかった(^^;

 

そしてソロピアノが始まりました。

 

うーん、やっぱり板さんのピアノ素晴らしすぎです!

言葉ではうまく言えません。

 

全身全霊で汗だくになってピアノと格闘しています。

 

これが時に激しくも時に繊細で、息を飲む美しさ、そして優しさが描かれていきます。

ただの怪獣じゃないんです!

ファーストセット終わった時すでに泣きそうなくらいに感動してました。

 

そして休憩中に呼び出し。

「これやるから!」

とオリジナル譜を渡され鼻歌で説明。

 

無茶振りはいつもですが、これが僕を鍛えさせてくれるのです。

なんとありがたいことでしょうね!

 

セカンドセット始まっても板橋さんの勢いは止まらず!

ついに一本ピアノの弦がぁ・・・

 

聴く分には最高ですがマスターはハラハラ。

もう何度目でしょうね(^^;

 

それでも最後まで手を休めることなく板橋さんは引き続けます。

1ステージ1時間超え〜。

そしてアンコールで板さんオリジナル"ダンシングマダム2018"を共演。

この日久留米から連行された昔の板さんの教え子の男性もパーカッションで参加!

3人で大暴れしました。

 

その後も板さん止まらずFor Youを弾き始めました。

 

大好きな曲なので僕もサビから乱入。

最高の気分でした。

 

で、結局我々を退場させて(笑)、さらにGoodbyeをソロで弾いて終了。

ものすごい長丁場のライブでした。

 

こんな素晴らしいピアニストそうはいないですよ。

心からピアノが好きなんだという愛を感じます。

ピアノも命がけでしょうけど(^^;

 

今年11月にはまた僕の主催で板橋文夫さんのクインテットライブを開催します。

どうなることやら!

 

絶対に生で聴いて欲しいピアニストです。

機会があれば是非足をお運びください!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする